ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道通信社 意識の問題

はしかの予防接種率が低迷しているそうです。新型インフルエンザの大流行が一番の理由として挙げられます。インフルエンザの予防接種2回行なわなければならず、さらに季節型も打つとなると、冬の間にははしかの予防接種が入り込む隙間がないということになります。インフルエンザに罹りたくなくて病院に行かないという人もいますよね。我が家も病院が一番うつりやすいからと思って、寒い間はちょっと熱が出たぐらいでは病院に行きませんでした(結局新型インフルにはなっちゃったけど・・)。
でも、新型インフルエンザが落ち着いてきたから、そろそろ予防接種を受ける人が増えてきても良さそうなものですが。摂取率は全国で60%を切るほどで、国が掲げる95%には程遠い状態です。特に首都圏の摂取率が低いんですよね。子供が多いから率も下がるのは仕方ないけれど、どうにも国の取り組みが甘いかもしれません。ここら辺の話は国際通信社の雑誌で取り上げて欲しいです。医療体制の整備はやはり地方自治体だけに任せきりでは苦しいでしょう。
しかし、無料で受けられるにも拘らず、受けないのは親にも大きな責任があると思います。就学前の麻疹風疹混合ワクチンの接種はもちろん、3期(13歳まで)、4期(18歳まで)となると、子供との距離ができてしまっている家庭では難しいかもしれませんが、なんと言っても移りますからね、はしか。ウチは別にやらなくても・・という意識を変えないことには、はしか撲滅は机上の空論になってしまいます。



報道ニッポン インターネットで得する―詐欺にご注意 取材しました 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報 商法 発行部数は約3万部 民法 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 取材です 国際ジャーナル 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 名古屋 取材します 現代画報は現代画報社から出版されています 刑法 取材 東京 タレントがインタビュアーになり取材します 報道ニッポン 掲載料 国際通信社グループ 評判の雑誌って? 大阪
[PR]
by houdou-nippon | 2010-03-18 12:05