ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際ジャーナル 整理整頓

4月になったというのに寒い日がちょこちょこあって、未だにダウンコートが片付けられません。子供たちの新学期も始まったことだし、冬の間に溜まりに溜まったあれもこれもを一掃したい!服は置いといて、とりあえず子供のものを整理することにしました。出てくる出てくるプリントの山、山、山。壊れかかった製作物がまたタンマリと・・牛乳パックで作った鯉のぼりやハロウィンのお面、発泡スチロールで作った船(所々に針金やら竹ひごやらが突き刺さっていて妙に危険)などなど。子供の作るものってユニークで可愛いんだけど、どうにもこうにも収納不可能なものばかりです。兄弟二人分ともなると大きなダンボール箱2箱でも足りません。昨日とうとう
ゴミ袋(大)3つ分にして出しました。ああ スッキリした!でも、どうしても捨てれないものも結構あったのでダンボール1箱にまとめたんですけどね(根性無し)。
整理整頓術、国際通信社で紹介していたかもしれません。バックナンバーにないかな~。整理する姿勢というのは性格のせいだけでは誤魔化しが効かないような気がします。逆に言うと、方法論に沿って行動すれば何とかなるものの一つでしょう。例えば、物を溜め込まない。お菓子の箱は取っておかないで捨てる。どうしても残しておきたいものだけにする。これだけでスペースが確保されます。紙袋も10枚以上はストックしない。場所を決めてそのスペースからはみ出すようなら整理する。何もかも捨ててしまうのは無理でも、小さなルールで余計なものを増やさないようにすれば、自分のストレスも溜め込まないで済むかもしれませんね。



lovecall.cute.bz 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
[PR]
by houdou-nippon | 2010-04-13 01:24