ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道通信社 観光立国を目指す日本の方向性

今の日本では、製造業に代わる新しい産業の育成が商店となっています。国際
ジャーナルでも、その点についてよく解説されているのではないかと思います。
一つの候補となっている産業は観光です。観光による立国を目指して、日本では
「観光庁」の誕生が望まれています。これからの日本の観光はどうなっていくの
でしょうか。最近では、台湾や中国からの観光客に人気が高いスポットとして、
北海道があります。北海道のツアーは、1990年代後半から年間を通した旅行
目的地となっているのが最近の特色です。北海道はまた、アジア各地やオースト
ラリア人にも人気があります。そのほかにも、これまで欧米系観光客向けと考え
られていた、木曽路の妻籠などもありますが、こちらも中国人観光客の間では人
気を増加させていると聞きました。北海道は日本でも人気の観光スポットです。
ほかにも、欧米の観光客をターゲットとして進められてきた京都・町家の改修保
存・再生プロジェクトについてですが、いざ蓋を開けてみれば観光客の7割を日
本人が占めていたという話も聞きました。これはどういう意味をもっているので
しょうか。外国人が面白いと思う観光地は、日本人にとっても、人気の高い場所
であると言えるでしょう。





国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
[PR]
by houdou-nippon | 2010-04-21 00:21