ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

現代画報社 取材 任意後見人

以前、雑誌「現代画報」で「高齢」に関する記事が取り上げられていました。今はまだ、
高齢と呼ぶには早いという人も自分が認知症になったら・・・と思うことはないでしょうか。
また、高齢になると認知症に・・・というのではなく、若年でも認知症になる人がいるとい
うことを、先日テレビを見て知りました。

最近、この認知症などで判断能力が衰えた時のために、あらかじめ備えをしておきたいと
いう相談が増えているようなのです。身寄りがないために、晩年の生活に不安を抱いている
人や、子供には頼りたくないので自分で決めておきたい、という人もいるということです。

このような人たちには、「任意後見制度」の利用を勧めているのだそうです。判断能力が衰
えたときに援助してくれる「任意後見人」と、受ける援助の内容を自分で決めておく制度の
ことなのです。家庭裁判所が選ぶ「任意後見監督人」が、任意後見人を監督することになっ
ているので、安心できるというものです。

この任意後見人は本人の依頼にしたがって、介護サービスの利用や病院入院の契約、費用の
支払いなどをするほか、定期的に銀行からお金をおろして生活費を届けたりもします。大事
なことは、やはり信頼できる人を選ぶということです。信頼に足る候補者が見つからない場
合は、弁護士会や司法書士会などに相談するとよいということです。

自分が「高齢」と呼ばれる年齢になっても元気で過ごしたいものですが、どのようになるか
わかりません。やはり、「まだ考えるには早い」と思っているのではなく頭のどこかに置い
ておく必要があるかもしれません。人間はいずれ「高齢」になる生き物なのですから・・。


ジャーナルライフ 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki
[PR]
by houdou-nippon | 2010-05-01 01:45