ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

現代画報社 取材 子ども手当ての施行に思う事

最近よく話題になっているのが、鳩山政権の看板政策といわれている子ども手当
法ではないでしょうか。国際ジャーナルでも、この政策については議論があった
と思います。この法律は2010年3月26日に成立して、4月1日から施行が開
始されました。この法律によって、これからの子育てはどうなっていくのでしょ
うか。少子化は本当に改善されるのでしょうか。子ども手当法の施行によって、
中学生までの子ども1人に対して月額1万3000円が支給されることになりま
す。手当の支払いは6月、10月、2月の年3回です。ちなみに初回の支給は今
年6月から開始されます。このことにより、民主党は昨年夏の総選挙で公約にし
た子ども手当を、ほぼ実現させたことになりました。これは賛否あるとは思いま
すが、一つの成果ではないかと思います。どうでしょうか。この法律について
は、本来の半額である月額1万3000円の手当を支給するための「暫定法」と
いうことのようです。満額は月額2万6000円です。2011年度までに、民
主党政権はそのための法案を準備する必要があります。ですから、これからも財
源についての議論は進んでいくと感じます。これからの子ども手当ての行方には
注目したいと思います。





経済情報誌 報道ニッポン 2008年10月号のご案内 | 報道通信社 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
[PR]
by houdou-nippon | 2010-05-03 22:57