ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際通信社グループの現代画報の対談記事 地方分権を進めるためにはどんな考えが必要になるのか?

これまでの日本では、中央集権的な政策が主体となってきています。これについ
ては、地方分権という主張が古くから行われてきました。最近では大阪などの知
事による地方独自の動きがニュースになってきています。日本において地方分権
は進んでいくのでしょうか。これについては注目したいところですね。国際
ジャーナルや報道ニッポンでも、地方分権の動きについての特集を期待したいと
ころです。地方分権は自治体に権限と財源を移し、地域ごとの創意工夫を引き出
すのが目的となっています。福祉や街づくりの権限を市町村に移管するのも効果
が大きいかもしれません。一方、地方整備局や農政局など国の出先機関の見直し
については、まだまだ進んでいない点も多いのかもしれません。民主党政権が検
討課題に加えた、補助金の使い道についても、これからの議論が待たれるところ
です。地方で使える財源を考えることなしに、地方分権は実現しないと思いま
す。その一方で、地方においても独自の産業育成など、その責任は大きくなって
くると思います。地方にすむ住民にとっても、自らの政治的な判断が、そのまま
地方経済の成果に現れてくるというリスクもあります。これからの日本の地方分
権については、もっともっと勉強していきたいところですね。




経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内 | 国際通信社 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
[PR]
by houdou-nippon | 2010-06-30 23:53