ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 最悪の件数が発表

ある新聞の一面に「児童虐待」に関する記事が載っていました。
以前には、雑誌「現代画報」にも載っていたように記憶しているのですが、
本当にこれは大きな問題です。

全国の警察が6月までの今年上半期に摘発した18歳未満への児童虐待は、
前年の同時期と比べて24件増えた181件で、被害児童も23人増えた
187人となり、いずれも統計を取り始めた2000年以降最多となった
ことが8月5日に警察庁のまとめでわかったということなのです。
これは非常に悲しいことであると思います。

つい最近では大阪市で幼い子供2人が親の身勝手な行動で命を落としたという
ニュースが大きく報道されています。このニュースを聞くたびに耳をふさぎたく
なるくらいに悲しい思いがします。
親という立場でありながら、どうして自分の命よりも大切なはずの子供の命を
奪うことができるのでしょうか。私には全く理解できないことです。

近所づきあいが少なくなったり、何かあっても相談できる人がいない・・・とい
う孤独などから起きている場合もあるのではないかと思います。
また、子供を出産した以上は自分は「親」なのです。子供を守るべき親なのです。
そのことをきちんと頭に入れるべきなのです。自分の立場を考えるべきなのですが、
なかなか考えない人が親になってしまうようで、非常につらいことです。


opem-press.org | 国際ジャーナル | 国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2010-08-06 22:39