ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 これからの日本のエネルギー政策について考える



石油に代わる新しいエネルギー資源の開発は、資源を 持たない日本にとっては
大きなテーマです。最近は太陽光発電による電力供給の話題が増えています。太
陽光や風力など自然エネルギーでつくった 電気の全量を電力会社が買い取る新
制度が特に注目を浴びています。これは政府してはどのように推進していくのか
気になるところです。国際 ジャーナルの紙面でも、新しいエネルギーの将来に
ついてはもっと情報を出してもらいたいところです。新しいエネルギーにとっ
て、コストが問題 となりますから、新しいエネルギー産業を育てる仕組み作り
が重要です。温暖化ガスの大幅削減など環境問題への関心も高まってきています
から、 今はいい時期なのかもしれません。太陽光発電については、電力会社が
買取してくれる制度があります。風力やバイオ発電などもバランスよく発展 で
きるような政策も必要なのかもしれませんね。経済的な原則として、大規模に発
電すればコストが安くなるので、企業としては利益が見込めます から、太陽光
発電会社がもっと育つような政策があれば、太陽光発電の普及は加速していくの
かもしれません。これから日本としてどのようなエネ ルギー政策をとっていく
のか注目したいところです。




経済情報誌 報道ニッポン 2009年5月号のご案内
[PR]
by houdou-nippon | 2010-08-11 23:26