ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル お節料理には欠かせない・・・

お節料理には欠かせない棒ダラの初セリが11月9日の朝に、大阪市の中央
卸売市場であり、仲買人の威勢の良いかけ声が響いたそうです。
この様子は、テレビのニュース番組でも放送されていました。

棒ダラは昨年の冬から今春にかけて北海道沖で水揚げされたマダラを天日干し
したものです。調理に手間がかかることなどから入荷量は減少傾向だそうですが、
今年は昨年並みの約8トンが並んだそうです。

この日の午前9時、鐘の音を合図に競りが始まったものの、不況のあおりで取引額
は昨年と比べて約1割減の1キロ3500~5800円にとどまって、完売も
しなかったようです。

市場関係者は「厳しい時季だからこそ伝統の味を楽しんで英気を養ってほしい」と
訴えていました。

ここのところ、お節料理を作るという家庭が減ってきているのではないでしょうか。
テレビや新聞からの情報では百貨店やスーパーなどで注文販売されるお節料理を
注文する人の様子が取り上げられていました。
インタビューでは「作る時間がない」「作るのが面倒くさい」「作っても誰も食べない」
などという声がありました。
確かにお節料理というのは、何日も残ってしまうのでだんだん飽きてくる・・・という
感じがします。みなさんは、どうされるでしょうか。


国際ジャーナルから学んだ
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
[PR]
by houdou-nippon | 2010-11-13 15:34