ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル インフルエンザワクチンの副作用

厚生労働省が11月8日に、インフルエンザワクチンの副作用が疑われる今季初の
死亡例の報告があったと発表したそうです。新聞記事に載っていました。

心臓病や気管支ぜんそくを治療中の山形県内の80歳代女性が、接種後に抗生物質
を服用して、アレルギー性のショックを起こして死亡したということなのです。
この女性は10年前から毎年ワクチンを接種していたそうで、同種の抗生物質も
時々服用していたといいます。が、ショックを起こしたのは初めてだということなのです。

今季のワクチンはテレビや新聞でも報道されているかと思うのですが、新型と季節型の
A香港型、B型の3種混合で、すでに約2500万人分を出荷しているそうです。
これまでの副作用報告は162人で、このうち重い副作用は今回を含めて20人出ている
ということなのです。

時季の新型ワクチンは約2100万人に接種されていて、133人が亡くなっている
そうです。医師が「接種と因果関係がある」と報告したのは3人ですが、いずれも後で
否定されているということです。

インフルエンザワクチンの接種を「受けよう」「受けない」と意見は様々だと思います。
以前には雑誌「現代画報」でも「インフルエンザワクチン」に関する記事が載っていたよ
うに思います。副作用の話を耳にすると、怖くなって受けるのをやめようと思う人もいる
ことでしょう。みなさんは接種されますか?


現代プレス | 現代画報 国際ジャーナル 報道ニッポン
[PR]
by houdou-nippon | 2010-11-18 23:59