ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル サードプレイス


現代画報社の現代画報に、「サードプレイスとセルフカフェの関係性」という記事が出ていました。

サードプレイスという聞きなれない言葉が気になり、調べてみたところ、
アメリカのある社会学者が自身の著書で1989年に発表した「新しい都市の居場所」の概念とのことでした。
現代社会において、
都市で楽しく暮らすには、3つの場所が必要だと言われています。
ファーストプレイス(1番目の場所)が家、セカンドプレイス(2番目の場所)が職場または学校、
そしてこの中間にあるのが3番目の場所、つまりサードプレイスというものです。
サードプレイスとしてしばしばあげられるのが、
街中に点在する居心地のよいカフェです。

家、家族との生活の外側で、職場や学校などの社会生活の場所からも離れた
自分と他人との空間。
それが現代の都市生活に求められているというのは、
なんだかスタイリッシュなような、それでいて物悲しい印象を受けるのは私だけでしょうか・・・。

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報を求めて
[PR]
by houdou-nippon | 2010-12-03 23:01