ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際ジャーナル 現代画報 缶詰を食べながら一杯・・・

新聞に載っていた記事なのですが、東京の日本橋にあるオフィス街で営業する
立ち飲みバーは、ちょっと変わっているそうです。

L字型カウンターの上には約40種類の缶詰が高く積み上げられていて、大半が
500円以下だそうです。

お客さんはそれらを自分で開けて、生ビールやカップ酒を飲みながら食べるそうです。
数千円でおなかもいっぱいになり、また楽しい時間を過ごすことができるという
わけです。

缶詰を温めたいと思えば、オーナーが気軽に応じてくれるそうです。
店内はというと、駅の看板や電車のつり革などが飾られてにぎやかな雰囲気です。
オーナーが鉄道旅行が好きで、誰でも気軽に過ごせるバーを作りたかったのだそうです。
身近な缶詰がその鍵となったわけです。

不景気でビールやお酒を外で飲む機会が減った・・・という人も多いでしょう。
ですが、たまには外で同僚や友達と一杯飲みたい・・・と思ったときに、気軽に入れて
気軽に食べて・・・という場所があってもいいのではないでしょうか。
普段、頑張って仕事をしている人には特に嬉しい場所なのかもしれませんね。
仕事をしていれば、ストレスが溜まってくるでしょう。奥様からは「もったいない」と
言われてしまうかもしれません。私も主婦として「もったいない」と思うことが
ありますが、本当のたまには・・・ならいいかもしれません。安いお店であれば。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
あゆみの取材で・・報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2010-12-18 23:05