ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際通信社 タイタニック号

1912年に北大西洋で沈没して海底に今でも眠っている「タイタニック号」。
映画にもなり、大きな話題を呼んだのを記憶しています。
このタイタニック号の船体が、新種のバクテリアによる崩壊の危機に直面している
ということが、カナダの微生物学者の研究で確認されたそうなのです。
もし、このまま放置すれば、残骸は近い将来に食い尽くされてしまうという状況に
あるようなのです。

微生物専門誌の12月号に発表された論文によると、バクテリアは約20年前に
海底の残骸から垂れ下がるつらら状のさび部分から採取されたそうです。
当初は発見したカナダにある大学の研究者などのイニシャルから「BH1T」と
呼ばれたそうなのですが、その後「ハロモナス・タイタニカ」と名づけられたそうです。

研究者らによると、このバクテリアは金属を食べて破壊する性質があるようなのです。
1995年当時、タイタニックの余命は30年前後と予想されていたそうですが、実際には
これをはるかにしのぐペースで破壊が進んでいるということです。

このような記事を目にすると、有名な歴史の物が消え去ってしまうのでは・・・という
寂しい気持ちになりました。タイタニック号の話は、私が学生の頃に英語の授業で学習
しました。とても大きな事故だったのでは・・・というのが私の感想です。
いずれは消え去ってしまうものだったのかもしれませんが、それがまさか早いペースで・・・
と聞くと、残念でなりません。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルから発展して
[PR]
by houdou-nippon | 2010-12-19 15:17