ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際通信社 就職活動の時期

日本製薬工業協会は12月15日に、大学新卒者の採用活動で、現在は大学3年生の
秋から開く会社が多い会社説明会を、2~3月の春期休暇の時期まで遅らせることを
求める会長声明を出したそうです。これは、新聞記事に載っていました。

2013年春入社の採用活動から適用の方針で、加盟68社に周知徹底をするという
ことです。
採用活動の時期を巡っては、10月に日本貿易会が13年春入社の新卒者を対象に4年
生の夏以降へ遅らせる方針を表明していたようです。

生命では、学生の勉強への影響を最小化するためとしていて、春期休暇であれば比較的
時間に余裕があるとしているようです。面接など採用に結びつく本格的な採用活動の時期
については、日本経済団体連合会の論理憲章に基づいて、4月以降に始めることを
改めて求めたのです。

新卒採用を手に入れるため、学生は早くから就職活動を始めていると聞いたことが
あります。私の近所に住む短大生も1年の頃から情報を集めていたようです。
自分の進みたい道があったようで、その道に進むための情報収集にはかなり時間を
使ったようです。
今の日本の状況と、私が就職活動をしていた頃の状況とはかなり異なるのですが、
私は焦らず、時期を早めることなく活動していました。それでも私の活動中は
「厳しい」と言われていたのですが、今は、やはり「不景気」などの影響が学生にも
出ているため、かなり厳しいようですね。つらそうな表情を浮かべ、リクルートスー
ツを着た学生を何度も見かけたことがあります。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル 世界のアイデア商品
[PR]
by houdou-nippon | 2010-12-21 23:10