ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際通信社 月刊 子供がスリム

以前、雑誌「国際ジャーナル」では子供に関する記事が紹介されていたように記憶しています。
雑誌「現代画報」でも、子供に関する記事が様々な内容で紹介されていたように思います。

5~17歳を対象とした文部科学省の学校保健統計調査で、肥満の子供の割合がすべての年齢で前年度
から減少したことがわかったのだそうです。
全年齢での減少は、1977年度の調査開始以来初めての結果だったようです。
肥満は減少、やせ気味の子が増える傾向にあり、同省は「規則正しい食生活の浸透やスタイルを気に
する子供の増加が原因ではないか」とみています。

今年4~6月、抽出で70万人を調査したそうです。肥満は標準より2割以上体重の重い児童・生徒で、
前回唯一増加していた10歳が今年度は前年度より0.85ポイント減って9.54パーセントとなり、全年齢
が減少という結果になったようです。

また、年齢別で減り幅が大きかったのは15歳で1.22ポイント減の10.32パーセント。10歳、11歳の0.76
ポイント減の9.69パーセントと続きました。

私の家の近所に小学校があるため、通学途中の生徒を見かけることが多いのですが、「肥満」に見える
ような生徒はほとんど見かけません。反対に「細すぎるのではないか」と他人の私が気になるほど
体型がスリムすぎる生徒をよく見かけます。
私の知人は、小学校6年生の女の子を育てています。晩ご飯のおかずを出すと、毎日「これは何カロリー
あるの?」「昨日も揚げ物で今日も揚げ物だったら間違いなく太るから今日は食べない」と言うようです。
ですが、決して気にするほどの体型ではなく、むしろ細いのです。
今の時代、小学生のころから「ダイエット」に燃える子供が多いのでしょうか・・・。





国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-03 23:25