ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際通信社 月刊 学力と大力は比例?

小学5年生徒中学2年生を対象とした、全国体力調査の結果が公表されましたね。



結果は、昨年と特に大きな変わりがないようです。



調査結果で中学生の女子は体育の時間以外、ほどんど運動をしていないという事。

部活などをしている子どももいますから、



運動をしている子どもと、していない子どもの差が激しいのかな



と、中学生の子どもを持つ私としては感じました。



全国体力調査の1位は、昨年同様に福井県。

体力同様、各都道府県の順位にも、先年に比べ大きな年同はないようです。



福井県・・・



そういえば、学力の1位の県ですよね。



学力とスポーツは、比例するのでしょうか・・・



色んな意見はあると思いますが、私はある程度は比例するのでは?

と考えています。



適度なスポーツを行うことによって、規則正しい生活を得ることができる。

それは、体が疲れるから休息を求める、だから夜更かしができない。

限られた時間での勉強となるから、集中力が必要となる。

スポーツを行うことで、自身の集中力を高める力を養う力を作れるのでは?



過度の運動は、少しケースが違うと思いますし

集中力についても、スポーツではなければ養えない

ということはありませんし、

限られた時間を勉強に充てることができなければ、

それもまた、意味はないでしょう・・・



スポーツは、センス・能力・直観力、そしてリズムだと・・・

それを、勉勉強に置き換えるのであれば、なんでしょうね(笑)

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社 高齢者を襲う事件(詐欺、火災、地震)
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-04 23:04