ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際通信社 月刊 これからはインドが世界の中心となる?

日本モーターショーは、景気の悪化を印象付ける様な内容だったの
ですが、インドで開催されたモーターショーは、その反対に、インドの今の勢い
を象徴するものになったと報道されています。国際ジャーナルなどのマスコミで
も、インドなどの新興国の動向については、様々な話題が報道されています。イ
ンドの大手自動車メーカーの首脳は、今回のモーターショーについて、非常に自
信を深める結果だったようです。そのあたりをこれからも探ってもらいたいとこ
ろです。今回のインドのモーターショーには世界の主要メーカーのすべてが出品
しています。世界的に有名なのはアメリカのデトロイトモーターショーですが、
今後は、デリーのモーターショーがトップになるかもしれません。まさにインド
市場が、世界の中心となってくる日も近いのかもしれませんね。現地の主催者に
よると、ニューデリーのモーターショーは1986年に始まり、1996年以降
は隔年開催になっています。前回2008年のモーターショーではインドの自動
車メーカーであるタタが、日本円にして20万円台という超低価格車「ナノ」を
発表した事が、世界的にも注目されました。この「ナノ」が、世界の自動車メー
カーに大きなインパクトを与えることになったと言えるでしょう。







現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年3月号のご案内 | 国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-27 22:28