ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際通信社 月刊 アトピー薬の塗り方が重要

ある新聞にはここ数日間、連続で「かゆみの治療」というタイトルで記事が載っています。
様々な病からくる体のかゆみ・・・かなり辛いものです。

ある日の新聞で「アトピー性皮膚炎」にかゆみに関する記事が載っていました。
アトピー性皮膚炎で悩む人は多いと思います。自分の子供がアトピーからくるかゆみや湿疹で辛い
日々を送っている人も多いでしょう。

アトピー性皮膚炎に処方される薬の中に「ステロイド薬」というものがあります。
ある大学の皮膚科教授が、ステロイド薬を使って塗り方を実演したそうです。対象は、アトピー性
皮膚炎の患者、またその家族です。
「こぶし大の広さには、薬は米粒1個くらい。ちょんちょんと皮膚にのせてちょっと延ばす」と説明
しました。また「間違った例」として、ゴシゴシと擦り込むように塗って見せると、覚えがあるのか
患者や家族からは「あっ」という笑い声が上がりました。

アトピー性皮膚炎は、アレルギーなどが原因で強いかゆみを伴う炎症が起きます。治療の基本はステ
ロイドの塗り薬ですが「塗っているのに良くならない」と訴える患者も多いといいます。

皮膚科教授の話によると、そういった患者では、皮膚の炎症が治まっていないのに自己判断で治療を
中止したり、薬の塗り方に問題があったりする例が多いそうです。ゴシゴシ擦り込むと薄くなり、十
分な量の薬が行き渡らないそうです。

ステロイドと聞くと「怖い」と思う人が多いと聞きます。信頼できる皮膚科、アレルギー科を見つけ、
初回の診療では、薬の説明や塗り方の説明に時間をかけてもらうのが一番いいと思います。国際通信
社から発行されている雑誌にも様々な内容で「医療」に関する記事が載っていますが、まずは心から
信頼できる医師を見つける事が大切かもしれません。



国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社books | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-28 23:34