ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際通信社・月刊誌 語学学校のビルが倒壊

2月22日、ニュージーランド南東クラスイトチャーチ市で地震がおきました。
日に日に詳しい状況が分かってきているように思うのですが、日本人の多数も
被害に遭っているようです。特に、テレビで報道されているのが語学学校での
被害です。やはり日本人の安否が非常に気になるところです。
そして2月24日に、この語学学校が入居するビル倒壊現場の捜索で、これまで
計47人の遺体を発見したと発表されたのです。
非常につらいですね。「震災」に関しては、以前に雑誌「現代画報」にも載っていた
ように思うのですが、天災はあっという間に人の命を奪い、人の人生を変えてしまう
のです。本当に恐ろしいものだと感じています。
現在、行方不明だと報道されている人たちが無事に救助されることを祈っています。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-03-01 12:24