ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道通信社 避難所地下水からヒ素

宮城県気仙沼市の地下水から、基準値を超える有害物質のヒ素が検出されました。



「飲んでも直ちに健康に影響はない」



しかし飲み水としては使わないようにと、住民に注意を呼び掛けている。

意味不明ですね・・・



震災があった日に、現在は廃鉱となっている市南部の大谷鉱山で土砂崩れが起き、

そして周辺で液状化現象が発生したことが原因かといわれていますが、土砂崩れと

今回のヒ素は直接関係はないと市は説明。

鉱山を管理している金属会社は、流出した土砂を5月末までに取り除くそうです。 


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報
[PR]
by houdou-nippon | 2011-04-27 09:51