ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道ニッポンの取材 新東電社長にが決定、そして赤字1・5兆

東京電力の清水正孝社長が原発事故の責任を取り辞任後、後任には

築舘勝利常任監査役が充たるようです。



2011年3月期連結決算では、東日本大震災による福島第一原子力

発電所の事故などで、税引き後利益が東電として過去最大となる、

1・5兆円規模の赤字となることがわかりました。



巨額の赤字となった決算、資産売却などのリストラ策を20日の午後に

発表するようですが、まだ国民が納得できる、十分なリストラとはいえ

ません。

それにまだ保養所を手放していなかったのですか・・・対応が遅すぎます。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-22 12:05