ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

電話で取材 国際ジャーナル アメリカの原子力政策と情報開示

福島の原発事故については、世界的にも衝撃を与えており、各国の原子力政策に
対する見直しも進んでいますが、アメリカの原子力規制委員会は、東京 電力福
島第一原子力発電所について、「状況が徐々に安定してきている」という判断を
発表しています。これによって、原発事故発生以降続けてきた 24時間の緊急
監視体制を解除することになりました。日本政府に対する、原発事故の情報開示
の動きもありましたが、当面は日本政府の発表がベース になるのでしょうか。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポンで取材されました
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-29 11:22