ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

月刊誌 報道通信社 現代画報 日本の食品輸出のリスクを考える

日本の食品の対中輸出について、これからどうなるでしょうか。今行われている
制限や措置を緩和する用意があると、中国サイドでは発言がでていま す。日本
の農産物などへの輸入規制を、今後は緩和される見通しが立っています。中国に
対しては、大規模な商談会なども予定されていますから、日本 の被災地の商品
をそこで売り込んではどうでしょうか。日本政府も最大限に協力して、これから
は中国への輸出拡大を図ってほしいところです。





国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
現代画報社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-31 12:16