ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際ジャーナル 特集 87年ぶりに発見されたカエル

絶滅した恐れのある希少な両生類を探していた調査チームが、マレーシアのボルネオ島に生息する
ヒキガエル「サンバス・ストリート・トード」をなんと87年ぶりに発見したそうです。
この長い名前のサンバス・ストリート・トードというカエルは、鮮やかな色をした脚の細長い
カエルだそうで、1924年に見つかったのを最後に、野生の個体の目撃情報が途絶えていたという
のです。今回、調査団はサラワク州の山間部の森林でこのカエルを発見したそうです。
そして写真の撮影にも成功しました。新聞に載っていた写真を見ると、とてもカラフルな色をした
カエルでカエルと呼ぶには違うような気がしました。
今回、3匹も見つかったそうですが、今までどこで生息していたのでしょうか。
そしてどのように生き延びていたのか、不思議でなりません。


実家で太陽光発電 販売店をしている友人は、将来的にはオール電化も扱いたいそうです。
今、雑誌を講読しており、国際ジャーナル 特集に、様々な各界著名人のインタビュアーで経営者、ドクターとの取材の中から経営理念、将来への展望などが語られています。
ゴルフ以外にも多趣味な友人ですので、実は美容についても趣味で調べた詳しい話をしてくれたこともあります。
このデザインの内径は大きめで、消費者にも優しいと思いました。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事が掲載されています。
友人曰く宮崎 都城の物件は内装がとてもよく、特に女性にはありがたいキッチン設備が充実しているそうで、自然豊かな立地条件だそうです。
最近気になる美容関係の企業が報道ニッポン 美容と健康で紹介されていましたよ。
雑誌『国際通信社 国際ジャーナル』は、創刊以来、企業経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
以前から一戸建て住宅を希望していた友人ですが、不動産検索 大阪で検索されるサイトでとうとう住宅を見つけたようです。
同じ塗装の特長は 遮熱がほどこされた新しい発想の塗料による外壁塗装 大阪です。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-07-29 13:28