ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

月刊 ザ・ヒューマンの取材 女性駅長が少ない現実

今では様々な職業で女性が活躍しているのではないかと思います。
過去では考えられなかったような職業でも今では当たり前のように女性が活躍
している・・・これは素敵なことだと思います。
中でも通勤や行楽などで利用する電車で、女性の運転士や車掌を見かけることは
珍しくないのではないでしょうか。

先日の新聞に載っていたのですが、女性が駅長になった・・・というのは数少ない
ということが載っていました。ちなみにJRでは現在、全国で4人だけなのだそう
です。なぜ、女性駅長は少ないのでしょうか・・・。

例えばJRの場合で記事が載っていたのですが、民営化後の1999年に施行された
改正労働基準法で、女性の時間外・休日労働や深夜勤務に関する規制が撤廃されました。

JRでは女性用宿泊設備などを備えるなどした結果、運転士や車掌などの現場でも
多くの女性が活躍できるようになったといいます。
が、駅長となると話は別のようで記事内には様々な理由が書かれていましたが、簡単に

言うと「民営化後に採用した女性社員が駅長になれる年齢に達しなかったため」という

理由をJRは説明しています。

残念ながら様々な職業の場で女性が活躍するこの世の中で「駅長」というポストには
なかなか就けないようですが、今後は女性がどんどん前に出て活躍して頂きたいですね。

子供たちの憧れの的にもなるのではないでしょうか。




また、現在歯の治療をなさっているそうで、治療期間が短期間で済ませられる、歯科医院に通っているようだ、とも仰っていました。
エステといえば、娘さんが整形手術の相談をしてきたことがあったそうです。
毎日が充実しているという知人と近くに国際ジャーナル 企業の雑誌がある喫茶店で待ち合わせをしました。
異業種ネットは様々な方が利用するサイトだったそうで、幅広い地域の物件情報や自営業者向けの企業まで掲載されていたのだそうです。
説明が分かり易いことは勿論なのですが、この現代画報社 衣装種ネットにいつも驚かされます。
介護に興味のある親友は報道ニッポン 医療を購読したという、勉強熱心な姿勢が表れる内容の会話をしました。
サービスのしっかりしたを企業を探したいと言って、数多くの企業を雑誌で調べて情報を集めていました。
これ以外にも報道ニッポン 医療と福祉として紹介されていたのはある医療現場の話ですが、これからの老人医療にも安心できるような記事でした。
話を聞いてみると国際通信社 歴史を中心に扱う情報誌に掲載されていた情報を元に旅行した所、見事に旅行を楽しむこと事が出来たそうです。
大阪ということもあり、現代画報社 ビジネスものの雑誌もありましたが、値段が安いだけでなく内容の充実ぶりに驚いたものです。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-09-26 12:04