ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

トップフォーラムの絆と シルバー人材センター

私の子供が通園する幼稚園では、地域の人たちとの交流が多い幼稚園です。

幼稚園の近くにある交番を見学に行ったり、地元の小学校や中学校の生徒が数人幼稚園に来て
園児たちと一緒に過ごしたり、障害者施設の人々と一緒に花の種まきをしたりしています。

その中でも12月には「もちつき大会」が行われました。そして、夏ごろには私の住んでいる地域で
有名な大根を植えたのです。その時に活躍されたのが「シルバー人材センター」の人々なのです。
以前、雑誌「現代画報」には「シルバー人材センター」の特集が紹介されていたように思います。

シルバー人材センターから来られた人から見ると、園児たちは「孫」のような感じでしょうか。
とても親切に優しくおもちのつき方や作り方、そして大根を植えるときの注意事項などを説明して
くれたようです。

ここ近年よく耳にする「シルバー人材センター」ですが、定年退職者などの高年齢者に、そのライ
フスタイルに合わせた「臨時的かつ短気的またはその他の軽易な就業」を提供するとともに、ボラ
ンティア活動をはじめとする様々な社会参加を通じて、高年齢者の健康で生きがいのある生活の実
現と地域社会の福祉の向上と、活性化に貢献しているのだそうです。

今まで企業で働いてきて定年退職になっても、まだまだ体は元気で仕事ができる状態である人々が
登録されているのでしょうか。
以前は、シルバー人材センターから保育士の資格を持っている数名の方が地域の保育園で子供たち
と一緒に遊んだり、お世話をした・・・というのを聞いたことがあります。
私の子供が通園する幼稚園でも、大根を植える時にはおそらく農業を得意とする人が来られたので
しょう。平均寿命が延びている日本です。元気な人はたくさんおられます。家に閉じこもるのでは
なく、もっと地域で活躍して頂いて、いつまでも元気で過ごして頂きたいと思います。





現代画報社 ビジネスの英断 今、なぜ中東戦争なのか?
そして遠くは大阪にある美容 大阪のクリニックではマグネット式のインプラントなどを用意しているようです。
先日久しく会っていない友人の事を思い出し近況を聞こうと連絡を取ってみました。
普段からしょうが湯に溶いて利用したり、お料理の隠し味に使ったりしているそうです。
私の印象にいまだに残っているのは、国際通信社 歴史の雑誌の情報でした。
友人が、インプラントを受けに行ったついでに時間が出来たので、会う事になりました。
評判の月刊誌『報道ニッポン 雑誌』は、創刊以来、企業経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
家電の店舗で働きだした友人は、元々は職安等を利用して求人を探していたそうですが、知人に今の仕事を紹介され興味を持ったそうです。
そのトップフォーラム 電話で知り合いの企業が紹介されており、便利だと感じました。
友人の会社が、現代画報社 月刊に取材記事が取り上げられることになりました。今から掲載記事が楽しみです。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-12-27 12:20