ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

ザヒューマンで読む心のふるさと ホッとしたいときは

疲れているとき、甘いものを食べるといいですよね。甘いものと一口に言っても色々あります。我が家のおやつ消費率でいくと、私がケーキをよく焼くので圧倒的に洋菓子が多いです。ケーキと言っても材料混ぜて焼きっぱなしのパウンドケーキ。これが簡単、リーズナブルで良い。バターなんて滅多に使わなくても、サラダ油で充分ふわふわになります。ココアパウダーや板チョコを少し入れたり、レモンをちょっとしぼったり、使いかけのにんじんをすりおろして加えたり、バリエーションはいくらでもあるし、腹持ちも良い(これは育ち盛りの男子が居る家庭では最重要項目と言っても過言ではない!)。
でも、時々、あんこが食べたくなるんだな。餅が恋しくなるんだな。手作りするなら一番手っ取り早いのが切り餅。次に簡単なのが白玉だんご。
でもでも、やっぱり職人の技を極めた上生菓子が、無性に食べたくなる時があります。あの上品な甘みに溺れたくなるのです。あー でも何だったっけ、この甘みの素は。何ていう砂糖を使ってるんだっけ~?と唸っていたら、国際通信社のwebサイト異業種ネットで「和三盆糖」の記事が載ってるじゃないですか。甘みの正体が和三盆だったこと思い出して「これこれ!これだよ、そうそう思い出した!」と膝を打ちまくり。和三盆は丁寧かつ繊細な手業で大切に大切に
作られた砂糖です。「研ぎ」と呼ばれる精製の技術は機械では成し得ない、熟練の職人の神業なのです。およそ200年の間、受け継がれてきた伝統の技で生み出された和三盆は、日本が誇る食文化の一つですね。ホッとしたいときは、やっぱり和菓子とお茶。明日あたり買いに行こう~っと。





友人宅にお邪魔する事になり、アロマの有名なお店のお土産を持参して行きました。
そこから報道通信社 雑誌の月刊誌についての話になりました。
家族が多い方には通勤や通学に便利な、大阪賃貸マンションの様な物件や、医療施設や公共施設が近くにあり、大きなスーパーなども近くにある賃貸等も人気があるそうです。
実に仕事熱心な知人にはいつも感心させられますが、今回はその合間を縫って久しぶりに自宅に招待されました。
関西の大学に通われていた友人は、夏季休暇を利用して自動車教習所の合宿免許を利用する事に決めたということです。
これは男性よりもむしろ女性に多いように思えますが、よく雑誌やインターネットのホームページの宣伝などで、これから異業種交流会 大阪で名刺交換と言ったテーマのものを見かけます。
喫茶店には他にも外壁塗装 宝塚について詳しく書かれている雑誌も見かけました。
身体の外だけでは無く、内側からも気を遣いシミやそばかすが出来ないようにしている事に驚きました。
最近、お友達と北海道ツアーに行かれたそうで、S9100BKで風景や食べ物の写真を撮ってきたそうです。
美を追求する男性のサービスは年々あらゆる方法で確立されており、エロイーク マットシャンパーニュ ナチュラルが雑誌に掲載されていました。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-12-30 13:56