ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

経済誌 日本の貿易とこれからの不確定要素

日本はこれまで貿易で経済を成長させてきましたが、今後はどうなっていくのか
気になるところです。リーダーズアイでも、日本の貿易について情報提 供して
ほしいところです。2012年1年間の貿易赤字の全体像ですが、輸出額は、前
の年に比べて2.7%減って2年連続の減少となり、63兆 7446億円と
なっています。その一方、輸入額は、3.8%増えて70兆6720億円と、3
年連続の増加になっています。そのため、輸出から輸入 を差し引いた去年の貿
易収支は、6兆9273億円の赤字となっています。これは2年連続の赤字とい
うことになります。この背景にはどんな理由があ るのでしょうか。輸入品目で
すが液化天然ガスが前の年に比べて25.4%増えています。また、原油も
7.3%増えています。この理由としては、東 日本大震災をきっかけとして、
原発が停止して、火力発電所向けに燃料としての需要が増加したことが要因であ
ると分析されています。また、中国から の輸入も増えています。一番大きく増
加したのがスマートフォンです。アップルを始めとして、スマートフォンやパソ
コンという情報機器は、中国が世 界の中心として生産しています。この傾向は
今後も続きそうです。
[PR]
by houdou-nippon | 2013-02-20 17:02