ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道ニッポン|身につけるために

2011年から小学校5、6年生は英語が必修科目になるんですね~。知らなかった・・。英語教育の大切さは、それこそ戦後からずーっと叫ばれ続けていて、中学高校の6年間ビッチリ習うわけですが、学校の英語だけでは「喋る英語」はなかなか身につかない。むしろ「英語嫌い」を助長しているところもあるような・・・。習い始める年齢を早めれば、英語はもっと身近なものになるという考えで、小学校高学年からやらせようということなんですよね?だったら、高学年からなんて言わないで、一年生から始めてもいいような気がします。現在の月に1、2回のオリエンテーションのような授業ではなく、必須科目にしてしまうというのはダメなんだろうか。
日本語も儘ならないのに英語をやらせるのはどうか、という声もあるでしょうが、小さい子は意外と柔軟に対応するんですよね。
報道ニッポンで教育格差について特集してますが、問題はやはり教える側にあるでしょう。本気で語学を身につけさせようと思ったら、学校だけの学習じゃ足りないことは周知の事実です。だからどうしてもバイリンガルにしたい親は、インターナショナルスクールに入れちゃう。英語だけの環境を作るのが手っ取り早い方法なわけです。でもお金がかかる(苦笑)
子供の教育レベルは親の経済力に比例すると言いますよね。本当にお金だけかければ良いのでしょうか。学校に丸投げ、塾に入れておけば大丈夫、家庭教師をつけてる・・・って他人に任せすぎじゃない?子供を教育する場は家庭が基本だと思います。中学生に教えるなんて無理とか、そんなことないです。一緒に勉強すればいい。「お父さん、そんなことも知らないの?」と言われたって、「一度は習ったけど忘れちゃったから、また勉強しなおすよ。一緒にやろう」でいいんじゃないかと。英語なんて格好の題材ですよ。子供と一緒に字幕無しで映画を観たり、
単語を競争して覚えたり、日本語で喋ったら罰金とか。楽しそうじゃないですか。英語は勉強じゃなくて言葉だから、使わないと身につかないですよね。
[PR]
by houdou-nippon | 2009-08-03 23:21