ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道ニッポン 特別支援教育

報道ニッポン」で取り上げられていた記事があります。
それは「特別支援教育」です。

この「特別支援教育」とは、障害のある子供たちが自立し、
社会に参加するための必要な力を培うために、子供一人一人の
教育的ニーズを把握し、その可能性を最大限に伸ばし、生活や
学習上の困難を改善するため、また克服するために適切な指導、
必要な支援を行うものである・・・と文部科学省が揚げた理念
だそうです。

これは、以前から特殊教育の対象であった障害のある子供たちだけで
なく、発達障害のある子供たちを含めた特別な支援を必要とする幼児・
児童・生徒が在籍する学校に実施されるそうです。

実は私の周りには、障害をある子供を育てている知人が何人かいます。
どの知人も、子供の進路、将来を心配しています。
「小学校に入学させても大丈夫かな」「幼稚園に入園させて他の子供たち
についていけるだろうか」言葉では書ききれないくらいたくさんの心配があります。
順番でいくと、親が先に死んでしまうでしょう。そうなった時に「この子は
どうやって生活をしていくんだろう」という心配があります。

地元の小学校へ入学させた場合、障害を理由に「いじめ」に合わないか・・・
という心配もあるんです。
今の世の中、ちょっとしたことでも「いじめ」につながってしまうと思いませんか。
「こいつ、態度がデカいから無視しよう」「うっとうしいから」などという、子供が
それぞれ持っている「個性」をいじめられてしまうんです。
そして「差別」という言葉がこの世の中にはあります。
障害を理由に「差別」を受けないか・・・という心配。

「小学校へ入学させたい」「幼稚園へ入園させたい」と思っている親というのは
自分の子供が持っている可能性を引き出してやりたい、子供の持っているものを
伸ばしてやりたいという希望を抱いています。自分の子供の同じ年齢の地元の子供と
同じ時間を学校で過ごせば、良い刺激が受けられるかもしれない。とも思っているんです。

私は「いじめ」そして「差別」。これを絶対に許しません。
「障害をもっている子供」と言いますが、これもその子が持っている「個性」なんです。
「障害をもっている子供」「障害がない子供」どちらも同じこの世に生まれた子供。
どの親も自分の子供が一番かわいいし、一番大事なんです。

この世に生まれた子供には、必ず幸せが待っています・・・
この世に生まれた子供には、素敵な事が待っています・・・
この世に生まれた子供には、すばらしい未来が待っています・・・
[PR]
by houdou-nippon | 2009-09-18 23:37