ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道通信社 食物を育てる人を育てる

食糧自給率40%を下る、食の安全への不安・・・日本の農業が肯定的に報じられることは滅多に有りませんよね。その一方で、グルメ番組やお取り寄せ情報が消費者のニーズに合わせて垂れ流されてます。どうもここに温度差があるような気がします。農作物から食卓への距離が遠い。物流ではなく、精神的なという意味の生産者と消費者との間の距離です。食の安全や美味しいものを求めているのに、それを作っている人のことは見えてこない。じゃがいもはスーパーマーケットで作られているわけじゃないってことを、私たち消費者は本当の意味で理解できていないんじゃないかと思うのです。
以前、報道ニッポンで農業再生の道について特集を組んでいましたが、やはり再生させるために一番必要なのは「教育」なのでしょう。農業の担い手を育てないことには、農作物も育てられないわけです。至極真っ当な考え方です。ただ、とても難しい。子どもたちに将来の職業と
して農業を薦められない、そもそも農家の親が「これでは食えない」と子どもを都会へ送り出さなければならない、現実。けれど、そんな現実から目を逸らさずに、行政が本気で取り組んでくれるのを指をくわえて待っているだけではダメだ、と若い農業者たちが立ち上がって、新しい取り組みがあちこちで始まっています。就農して間もない農家を助けるマーケティングやネットワークづくり、農家コミュニティサイトの運営、農家の所得向上と安定を図るための販路開拓、農業体験ツアーの斡旋、都心レストラン・カフェへのプレゼンなどなど、今までの閉ざされた農業ではなく、明るく開かれた農業を目指して活動が行なわれているように思います。
やっぱり何においても「人」、「教育」なんだよなあと再認識させられますね。新政権がどこまで民間の取り組みに応えられるか、注目したいです。

報道通信社
リフォーム
[PR]
by houdou-nippon | 2009-11-04 23:08