ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道ニッポンと取材 琵琶湖疎水

現代画報」2003年6月号は京都の南禅寺の境内にある琵琶湖疎水の「水路
閣」でした。

 この水路閣は、琵琶湖から水を引いてくる琵琶湖疎水の支線の一つです。明治
時代、産業振興のため水を供給するために作られました。まるでローマ時代の遺
跡のような堂々たる姿ですね。

 このレンガ造りの水路橋、南禅寺の境内中を通っています。南禅寺は名庭や三
門など重要文化財、国宝級の伽藍を構えている大古刹の禅寺です。

 日本の名刹の中に、ローマ風の建築という取り合わせ、面白いですね。

 京都を舞台にした推理小説では、何といっても山村美紗が有名です。この山村
作品、しょっちゅうサスペンスドラマとして、その死後もテレビに登場しますね


 この水路閣、山村作品はじめ、京都が舞台のサスペンスにはしじゅう登場して
いますので、写真を見ると、山村美紗を連想してしまう私です。

 この水路閣がある南禅寺の山門、歌舞伎『金門五山桐』では、大泥棒、石川五
右衛門が上り、「絶景かな」というあの名台詞を放った、ということになってい
ます。
 
 京都はお水がいいのでお豆腐がおいしい土地ですが、この南禅寺周辺にはこと
のほか湯豆腐屋さんが多いです。

 紅葉の美しい頃に、冷えた体を湯豆腐と熱燗で温める、なんて、いいですよね

 


現代画報の飛躍
国際ジャーナル 世界のアイデア商品
yopの国際通信社
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々
現代画報で読み解く
opem-press.org | 国際ジャーナル | 国際通信社
国際ジャーナルを見つけて

発行部数が3万部以上です。評判の雑誌による取材をうけませんか?
[PR]
by houdou-nippon | 2010-01-03 01:18