ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道ニッポンと取材 出会いない出会い系サイト 利用料詐取容疑の11人逮捕

出会い系サイトにはサクラがいるのは常識になっているようです。この逮捕されたサイトは利用料搾取を徹底するために少しシステムを変更したのがいけなかったのでしょうか? 記事ではそこの理由が曖昧で突っ込み切れておらず中途半端です。このような詐欺に徹した出会い系サイトもあれば、多少のサクラが暗躍するサイトもあります。そして、このようなサイト等で実際に結婚にまで至ったケースも話に聞いたり、実際に自分の周囲にいたりすることを考えると、新聞の使命としてはもう少し、切り口を変えた記事の書き方が望まれます。出会い系サイトは犯罪の温床にもなっているので、良くこんなところで出会って結婚しようと思う気になるのか信じられないと思う人は古い人間なのでしょう。人を見る目があれば、危険な目にも合わずに出会いを楽しめるのかも知れません。そして、それを若者は楽しんでいるかもしれません。古い世代は全くついていけない世界です。その昔は、家出した女性が騙されて転落していったなどと女性の被害者が多かったような気がしますが、最近は、中年女連続殺人疑惑などをはじめ、男性が被害者になるような事件が増えているのは何故でし・・腓Δ・・・・・⑬・ぢ以下、朝日新聞引用要約
インターネットの出会い系サイトに会員登録させて利用料をだまし取ったとして、出会い系サイト会社経営の星憲之容疑者(33)ら11人を詐欺の疑いで逮捕。星容疑者らは出会い系サイトを開き、女性のサクラが「すてきな出会いが見つかる」などと偽って、男性会員3人からサイト利用料計56万8千円をだまし取った疑い。被害者は、「ミクシィ」「モバゲータウン」など大手SNSに登録お男性。運営会社側の誘導役が交際を持ちかけ、「私はチャットもやっているのよ」と出会い系サイトに誘っていた。サイトへの会員登録は無料だが、サクラの女性とメールを送受信するたびに男性側が1件380~480円の利用料を払う仕組み。当初は会員同士のメールのやりとりができた。しかし、07年7月ごろにサクラとしかやりとりできない仕組みに変更したという。


現代画報 紀行
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々
国際ジャーナルとの出会い
opem-press.org | 報道ニッポン | 報道通信社
現代画報との戦い
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年5月号のご案内
あゆみの取材で・・報道通信社

国際通信社 報道通信社 現代画報社
国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
発行部数が3万部以上です。今、評判の雑誌って?
タレントが取材します。インタビュアーって誰?
振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
大阪 東京 名古屋 取材費 刑法 取材 商法 民法 掲載料 無料
[PR]
by houdou-nippon | 2010-01-17 00:56