ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道ニッポンと取材 味覚障害

「味がわからない」「何も食べていないのに苦い味がする」「食べ物や飲み物が本来と違った味がす
る」・・・などの異常を感じた事はありますでしょうか。
これらは「味覚障害」といわれているようです。
こういった状況について、ある耳鼻咽喉科医師の話をもとに、新聞に載っていました。
自分の体に異常を感じた場合、やはり頼るのは医療です。国際通信社から発行されている雑誌には
様々な内容で医療に関する記事が紹介されています。

味を感じるセンサーは、舌にある「味蕾(みらい)」と呼ばれる小さな器官です。年をとるにつれて味
蕾の機能は低下しますが、味覚障害で目立つのは、それに亜鉛の不足が重なったケースなのだそうです。
もともと日本人の食事は亜鉛が不足気味といわれているようです。偏った食生活や血圧を下げる薬、
抗生物質、制がん剤などの薬剤で亜鉛欠乏が起きやすいのです。
味覚障害の患者の8割近くが50歳以上というデータもあります。一方で、偏食や無理なダイエットな
どで味覚障害になる若者もいるそうです。

治療は、亜鉛を含む薬を飲む事や、カキや海草、玄米など亜鉛が多い食品をとることなのだそうです。
ただし、回復には時間がかかります。
このほか、嗅覚障害や糖尿病などの体の病気、うつ病など心因性の病気で起きる味覚障害もあるそうです。
味覚障害は直接命には関わらないそうですが、「味気ない」生活を送らないためにも、日頃からバランス
のとれた食生活をとることが大事なのだそうです。今の時代、食べ物が豊富になっています。
どうしても偏った食生活になりがちだと思うのですが、一度自分の食生活がどんなものなのかを見直して、
美味しいものを「美味しい」と思いながら食べたいものですね。


国際通信社
国際ジャーナルの取材・・
報道ニッポン | 報道通信社 | 薬物汚染について考える
現代画報 紀行
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々
国際ジャーナルとの出会い
opem-press.org | 報道ニッポン | 報道通信社

国際通信社 報道通信社 現代画報社
国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
発行部数が3万部以上です。今、評判の雑誌って?
タレントが取材します。インタビュアーって誰?
振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
大阪 東京 名古屋 取材費 刑法 取材 商法 民法 掲載料 無料
[PR]
by houdou-nippon | 2010-01-26 11:51