ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

報道ニッポンと取材 幻の魚、リュウグウノツカイが捕獲される

「リュウグウノツカイ」



久しぶりに聞いた言葉に、すごく反応しました(笑)

私が、子どもの時、好きだった魚でしたから。

写真だったか、絵だったかは定かではないのですが、その姿と色、そして「リュウグ
ウノツカイ」という名前に一瞬で魅せられ・・・



「リュウグウノツカイ」は、深海に生息する幻の魚です。



その、「リュウグウノツカイ」が先日、長崎県の平戸沖で生きたままの状態で網にか
かり、地元の水族館に持ち込まれました。
体が傷つくなどして既に弱ってたリュウグウノツカイはおよそ30分泳いだ後死んで
しまいましたが、

体長3.8メートル、銀白色に赤紫色の背びれが特徴のリュウグウノツカイが泳ぐ姿
は、優雅で圧巻!

水族館の話では、「リュウグウノツカイ」が水槽で泳ぐのは国内初ではないかとの
事。

死んでしまった「リュウグウノツカイ」は、貴重な調査研究に活かされるそうです。



先日、長崎で生きたまま捕獲されて騒がれた「リュウグウノツカイ」



今度は、兵庫県香美町の香住漁港で27日早朝、2匹の「リュウグウノツカイ」が水
揚げされました。

水揚げというぐらいですから、すでに死んでしまっているのでしょうね。

セリでの購入者した方は、珍魚なので展示用にするそうです。

セリにかけられたのね。。



しかし・・・



外洋に生息、それも深海でめったに姿を見せることがない「リュウグウノツカイ」
が、二週に渡り網にかかるなんて、深海で何か異変が起こってない事を祈るばかりで
す。


現代画報との戦い
国際ジャーナル 国際通信社発刊
国際進のジャーナル
経済情報誌 報道ニッポン 2009年7月号のご案内
国際ジャーナルを発見
国際ジャーナル オンライン
国際ジャーナルに掲載

国際通信社 報道通信社 現代画報社
国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
発行部数が3万部以上です。今、評判の雑誌って?
タレントが取材します。インタビュアーって誰?
振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
大阪 東京 名古屋 取材費 刑法 取材 商法 民法 掲載料 無料
[PR]
by houdou-nippon | 2010-01-28 09:52