ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

国際ジャーナルの取材 話題の映画「アバター」、「タイタニック」を抜く

ジェームズ・キャメロン監督の3D映画「アバター」は、世界の興行収入が18億5
500万ドルを突破して、

同じキャメロン監督の「タイタニック」の18億4290万ドルを抜いて世界記録を
更新しましたね。



それも、「タイタニック」が1年かけて出した興行収入を、「アバター」は39日間
で更新してしまったのから、また凄いですよね!



「アバター」は地球から約5光年離れた衛星パンドラで展開されるストーリーを映画
にしたものです。



公開前からの話題の「アバター」の3D映像は、素晴らしいそうですね~



「アバター」の人気の秘密を、専門家から見ると・・・



・更なる奥域に広がりが出た「アバター」の3Dは表現方法が新しくなり、これから
の映画変えていくものになる要素がある。

・景気低迷のあおりを受けて、消費者はお金をかけずに楽しみたいという気持ちに
なっていて、

近くで気軽にお金をあまりかけずに楽しめる映画館に足を運ぶようになったのでは?

・「アバター」は上映時間が長いので、同じ料金であれば、少しでも上映時間の長い
映画を見たい!

景気低迷時ならでは見方もあるようです(笑)



もちろん、私も見てみたい映画。

でも、見たい映画が沢山あって・・・(汗)

「アバター」は長期間公開する気がしますので、時期を外して見に行こうと計画して
います♪



それは、そうと・・・



台湾のに住む42歳の男性が、「アバター」を見ている最中に気分が悪くなり、病院
に運ばれましたが死亡したそうです。

亡くなった男性は高血圧の持病があったということ。



最新技術の3D映像と死因の因果関係は分かっていませんが・・・



当日の気温は15度前後で、台湾としては寒かった。

また専門家が「3D映画を見るのは、ジェットコースターに乗るのと同じくらい強い
刺激がある」とコメントし、

「高血圧の人は、血管が破裂を注意しなくてはならないので、あまりに興奮するよう
な活動は控えた方がよい。」と、

台湾の地元報道陣は報じているそうです。


経済情報誌 国際ジャーナル 2009年3月号のご案内 | 国際通信社
ponyo.cute.bz
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年10月号のご案内 | 現代画報社
realestate.ebb.jp
タレントがインタビュアーになり取材します 国際通信社 商法 取材 発行部数が3万部以上 国際通信社って 現代画報社 現代画報 名古屋 刑法 民法 今、評判の雑誌って? 掲載料 取材商法とは? 国際ジャーナル 東京 報道ニッポン 取材費 報道通信社 大阪 振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
[PR]
by houdou-nippon | 2010-01-29 22:58