ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2009年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

報道ニッポンの8月号では、地域特集として沖縄が取り合えげられていました。沖縄といえば、美しく澄んだクリアブルーの海と、ハイビスカス、シーサーにチャンプルーを思い浮かべてしまいますが、それ以外にも魅力はたっぷりあるようです。沖縄の那覇をちょっと離れれば、のどかな田舎が広がる沖縄。スローライフという言葉が当てはまるような、自然と人が仲良く共存している暮らしぶりには、せわしない都会に住んでいる人の心を優しく癒してくれるのではないでしょうか?また子連れで旅行といった旅行先にも、海外のように時差ぼけはないし、空港では免税店の化粧品が買えるのでママもうれしいショッピングが楽しめますよね。また、沖縄の夏はイベントが各地で目白押しです!グアムやサイパンといった、近場の海外も魅力的ですが、やはり日本国内の沖縄はレンタカーをするにも、子供たちの海デビューにもぴったりかなと思います。元気な沖縄のお年寄りたちの秘密は、豚肉をよく食べることだとも言いますよね!沖縄で夏休みを過ごしたら、夏バテなんて吹き飛んでしまいそう、そんな期待が持てちゃいそうな旅行先が、沖縄です!
[PR]
by houdou-nippon | 2009-09-04 01:00
衆議院選挙の話題、新型インフルエンザの話題が多いのが最近の新聞のような気がします。

そんな中、このような記事を見つけました。
岩手県一戸町のある駅の駅長犬として人気を集めたマロンという犬が亡くなったそうです。
気管支炎とのことで、9歳だったとのことです。
ヨークシャーテリアのオスだったそうです。

飼い主の女性が、マロンちゃんが生後1ヶ月の頃から駅に連れてくるようになったそうで、
それがきっかけで駅利用者のアイドルとなったんだそうです。人気に目をつけた鉄道会社側が
昨年の6月、「名誉駅長」にと決められたそうです。

駅長になってからのマロンちゃんは、制服に制帽で改札口にちょこんと立っていたそうで、
この姿はテレビでも紹介されたそうです。テレビの影響からか、連日多くの人が駅を訪れる
ようになったそうです。「マロンちゃんグッズ」も販売され、グッズももちろん人気があった
ために、経営面でも一役かったそうです。

以前、月刊グラビア情報誌「現代画報」に「アニマルセラピー」という言葉が載っていたように
記憶しています。
動物というのは、人の心を癒す不思議なチカラをもっているように思います。
動物は、純粋な心、純粋な目をしているように私は思います。
きっと、このマロンちゃんは駅を利用する人の心を癒してきたのではないでしょうか。
改札に座っているだけでも、マロンちゃんに会って温かい気持ちになった方、ひょっとしたら
多いかもしれませんね。

マロンちゃんの飼い主は「多くの人にかわいがられ、普通の犬の何倍も幸せだったはず」との
話をされていました。
犬の一生は人間よりも限られているかもしれませんが、その一生が幸せであれば言うことは
ありませんよね。
人間の一生が幸せであるように・・・これも大切ですが、その人間との関わり方で動物というのは
幸せなのかどうか、決まるのでは・・・と思っています。
[PR]
by houdou-nippon | 2009-09-03 00:41

報道ニッポン|スタート

8月29日、30日と「24時間テレビ」が放送されました。
今年のテーマは「スタート」だったとのことで、様々な方が「自分がスタートしたいこと」を
紹介していました。

また、生まれつき障害を持っている人、病気と闘っている人、人生を歩んでいる途中で障害をもった
という人、様々な人がチャレンジする姿も放送されていました。

まだ小さな子供が難病と戦っている姿、本当に頑張っていました。こちらが勇気をもらいました。
ある女の子は、ある病気と闘っています。病院での生活を余儀なくされているのですが、その女の子
は決して弱音を吐かないのです。いつも笑顔で他の入院中の子供たち、病院関係者までもを笑顔に
もっていく強い女の子です。
女の子のお母さんは「病気の体でつらい?」ということを本人に聞いたそうです。
すると、女の子は「病気じゃなきゃ自分じゃない。自分は大丈夫」と笑顔で答えたそうです。
本当に芯の強い女の子だと思いました。

また、聴覚障害の学校の生徒たちが「影絵」に挑戦していました。動物の影絵だったのですが、
とても素敵な、まるで生きている動物かのような感動する影絵でした。

視覚障害の女の子が、津軽海峡を渡りました。恥ずかしながら、私は水が怖くて泳げないので、海を
泳ぐなんてめっそうもない・・・と思っているのですが、その女の子は頑張って泳ぎきったのです。
自分が持っている「水が怖い」という考えが、とても恥ずかしく思いました。

書ききれないくらいの「チャレンジ」が24時間の間に紹介されていました。
どの人たちもチャレンジを達成した時の表情は、とても素敵な表情をしていました。
私は毎年この「24時間テレビ」を見て、いつも勇気と元気をもらうんです。「私も頑張らないと」
「私もやってみよう」という気持ちに不思議となるんです。とても、素晴らしい番組だと思っています。

テーマは「スタート」でした。みなさんが「スタート」したいことは何でしょうか。
私のスタートは、うちの子供がまだひらがなが書けないので子供が自分の名前を書けるように、一緒に
「名前を自分で書く」というのをスタートしてみようと思います。
[PR]
by houdou-nippon | 2009-09-02 00:42

報道ニッポン|四国 

 先日仕事の関係で初めてお会いした人が四国の出身者でした
。四国のどこかといえば、香川県なのですが、なんで、こんな
書き方をするかというと、その人に「香川県出身なんですか、
ということは四国ですね。」と言ったら、「四国以外に思い浮
かぶことないんですか?」と突っ込まれてしまいまして・・・

 報道ニッポンという雑誌で、香川県の高松が紹介されていま
した。高松といえば、港近くに観光名所が集まっているみたい
で、雑誌にも港近辺の場所が載っていました。
 四国と言えば、県が4つある。香川県、徳島県、愛媛県、高
知県。仕事の関係やプライベートの旅行で、全国を飛び回る機
会が多い私なんですが、四国の中でこの香川県にだけ行ったこ
とがないんです。徳島県には鳴門を見に、愛媛にはみかんを食
べに、高知県には胡麻を食べに行ったことがあるのですが、香
川は未だ・・・。香川には讃岐うどんがあるではないか!と言
われればその通りなのですし、高知県の胡麻ってそれほど有名
かと言われれば、そうでもない気がしますが・・・。
 これまでは、機会がなかったということで、許して頂きたい
なと。高速料金が下がった今こそ、少し遠出にはなりますが、
ドライブでもして香川県の侵入に成功したいなと考える今日こ
の頃でございます。
[PR]
by houdou-nippon | 2009-09-01 23:59