ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

最近読んだ報道ニッポンの記事の中で、賃貸トラブルに関する記事については、
ちょっと興味を惹かれました。東京都においては、全500万世帯中、約4割の
200万世帯が、民間の賃貸住宅に住んでいるそうです。東京都では、全国から
人が集まってきますから、賃貸住宅の市場としては、もっとも大きな市場である
と言えるでしょう。賃貸住宅を借りるにあたっては、いろいろと注意するところ
もあります。東京であれば、どんなエリアに住むかがまずは一番のポイントにな
るのではないでしょうか。東京は電車による交通網が整備されていますから、職
場の所在地へのアクセスが便利なところに住むのが良いと思われます。一方で、
住んでいる地域の利便性や住環境もポイントになります。もちろん、家賃もエリ
アによって変わりますから重要です。賃貸住宅を借りる際には、契約の内容にも
注意する必要があります。借りる時はあまり問題になりませんが、借りた住宅か
ら出る際には、契約の内容が問題となるケースがあります。特に、敷金・礼金の
取り扱いや、原状回復する上での修繕費用の負担などについては、トラブルの原
因となるケースが多くなっています。これについては東京都などでもトラブル防
止のガイドブックを出していますので、そのような情報も参考にすべきでしょう。


報道ニッポン
報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2009-10-31 00:59
このところストレスが溜まり気味です。自分の時間が取れてないわけじゃないんですが、他の事で疲れちゃって、空いた時間を睡眠に充ててしまったり、うっかりネサフで迷子になったり。。いや、こんな事もできずに働いている人の方が断然多いと思います!お前何様だ!と言われても仕方ない、申し訳ない気持ちにもなるのですが、せめて「もっとガッツリ上手に時間を使えたらいいのに~」と泣きが入ってしまいます。ああ 時は金なり・・時間だけは神様が平等に与えてくれたものだっていつも身に沁みて感じるわ。
久しぶりに旅行とか行きたい・・自分で選んだとこに行きたい。どうしても子どもが居ると子ども中心のセレクトになるので、渋いとこや遊び場がないところには行けません。中坊とかになったら絶対一緒に旅行なんかできないんだから、今のうちだけだよ~付いてくるの。とは大きい子が居るママ友の弁ですが、きっとその通りでしょう。自分が中学生の時を振り返れば、連休夏冬春休みは部活か受験勉強で明け暮れて、それが無ければ友達と遊びに行ってましたから。とはいえ、少しでも親も楽しめるところに行ったってバチは当たらないじゃないか!と思います。
瀬戸内しまなみ海道、報道ニッポンで特集してますけど、写真だけ見てもすっごくきれい~!四国や山陽は旅行らしい旅行したことないから、一度行ってみたいんです。尾道と今治、両方楽しめるなんていいなあ~。高速料金が安くなりましたから、行きやすいですよね。しまなみ海道のホームページを見たら、ますます行きたくなってきた!潮流体験とか、しまなみグリーンツーリズムは体験型ツアーで、みかん狩り、魚の捌き方体験や遊魚船体験など農魚村の体験が64種類もあるんですって。子どもができるのもあるし、何より面白そうです。いいなあ 頑張ってるなあ。心が荒らんでいる今、美しいものを見て癒されたいです。

報道ニッポン
報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2009-10-27 23:45
雑誌「報道ニッポン」には「医療と福祉」をテーマにした特集が紹介されていたと記憶しています。

体調不良を感じたり子供が熱を出した場合、すぐに向かうのは「病院」です。かかりつけの病院を
持っている方、普段ほとんど病院に行かないのでかかりつけの病院を持っていないという方、様々
だと思います。
我が家の場合は、子供がまだ小さいために急に熱が出てしまうことが少なくありません。
その為にかかりつけの病院を持っているのです。その病院にした理由は、家からの距離が短く、熱
を出した子供につらい思いをさせないためです。

先日、子供が熱はありませんでしたが、咳がとにかくひどいために病院へ向かいました。待合室
で20分ほど待っていたかと思うのですが、その20分間で2~3人ほどでしょうか。30代ほどの男性と
幼稚園くらいの子供さんが、病院に入るなり受付で「インフルエンザと診断されて1週間ほど経った
のでもう一度診断して頂きたくて」と言うのです。私はびっくりしたのと、大変申し訳ないのですが
病院から外に出ました。距離を置きたかったのです。完治したのかもしれませんが、気持ちとして
複雑な状態になりました。
また、私の子供と同じ幼稚園に通園している子供さんの兄弟が「日曜日から熱が続いていて下がら
ない」といって病院に入ってきました。もうこうなったら申し訳ないのですが受付に伝えて、病院
の外で待ちました。

10月には新型インフルエンザがピークに達するであろうとテレビで報道されています。
いよいよ10月に入り、行事や外出にはふさわしい季節になりました。が、そんな時にピークに達する
のは非常に悔しいというか、憎いというか、複雑な気持ちです。
もっと早い時期から新型インフルエンザの予防接種を受けたかったのと、もっと早い時期から接種
できるように準備をして頂きたかった・・・と政府に伝えたい気持ちです。


報道ニッポン報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2009-10-24 23:07
今年のパリーグは、日本ハムが優勝、2位楽天、3位ソフトバンクという結果で
終了しました。それぞれ本拠地が札幌、宮城、福岡という地方の球団です。最近
報道ニッポンなどのマスコミにおいて、道州制や、地方分権のテーマが盛んに
語られています。このパリーグの結果は、その様なトレンドを象徴しているので
はないかと思います。少し前まで、野球といえば巨人でした。関西では阪神で
しょうか。巨人がなぜ人気があったのかというと、全国的にテレビ中継している
唯一の球団だったということが、その理由としてあると思います。実力のパリー
グ、人気のセリーグという言われ方をした事もあります。しかし、地方にフラン
チャイズを移した球団は、地元の熱狂的なファンから支持されます。地方の人に
とっては、テレビの巨人よりも、地元でリアルにプレイが見れる球団を応援した
い、そんな気持ちが芽生えたのだと思います。日本ハムもソフトバンクも、観客
動員数はセパ合わせても上位です。お客さんが多く入れば選手も頑張り、選手が
頑張って強くなると、ますますファンが増えるという好循環になっているので
しょう。パリーグの場合、インターネットで全試合を見ることができるのも、今
を象徴しているのではないかと思います。


報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2009-10-22 23:46

報道通信社 Jリーグ

報道通信社から発行されている月刊誌「報道ニッポン」の9月
の表紙を飾るのは中村俊輔。表紙の中にも「夢を叶えた日本の
ファンタジスタ」とあるように、今や、日本全国はおろか海外
でもその名を知られる、サッカーのスーパースターであります
。(スーパースターだなんて表現が古くて申し訳ありません。

 中村俊輔といえば、元はJリーグ横浜マリノスで活躍してい
た選手です。そんなことは誰もが忘れていると思いますが、な
ぜ、ここで昔の話を急にし始めたかというと、みなさん、最近
Jリーグがどうなっているか知っていますか?「Jリーグ」と
いう言葉さえもみなさん、忘れられているのではないでしょう
か?最近は、海外で活躍している選手のニュースはよくテレビ
で取り上げられているものの、国内のチームの状況はほとんど
ニュースになっていないような気がします。僕の印象だけで話
しているので間違っていたらすいません。「何言ってんだ、ス
ゲー盛り上がってんだぞ!」というサポーターの方のお叱りが
あるかもしれません。あらかじめ謝っておきます、すいません

 野球も人気が落ちてきて、それでもテレビ中継の視聴率低迷
が伝えられて危機感があるように思えます。サッカーはここ数
年で新しいチームが加わったり、それに伴いリーグから外れる
チームがあったりと思いますが、今、全てのチームを挙げろと
いわれてもなかなか出来ない状態です。がんばれ!日本のサッ
カー。ちなみに僕は高校時代サッカー部でした。


報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2009-10-20 00:50

報道通信社 ランニング

雑誌「報道ニッポン」には「美容と健康」をテーマにした特集が紹介されています。

「美容」は女性にとってと重大なテーマであると私は思っています。年齢がいくつになっても若く
見られたい、実年齢よりは若い肌年齢でありたい、そのためには様々な努力をされているかと思い
ます。

「健康」についても、自分の体が健康であるために様々なことをされている方が多いのではないで
しょうか。
私が住んでいる地域ではランニングをしている方をよく見かけます。20代くらいの方から50~60代
くらいの方までがランニングをしているのですが、その多くの方が音楽を聴きながらランニングを
しているのです。
「音楽を聴きながらランニング」というのは、一体どのような効果があるのでしょうか。
「単調な運動だから気晴らしに」などという意見もあるかと思うのですが、ある女性で常に音楽を
聴きながらランニングをされている方がある新聞のインタビューに答えていたのです。
それは、「音楽を聴きながらだと不思議と疲れない」というのです。
ランニング中は心拍数が増し、血液が慌しく体を巡るのだそうです。心拍をコントロールする脳は
足が宙に浮いて筋肉の緊張がゆるむ瞬間に、心臓を収縮されて血液を全身に送り出そうとするそう
です。足が着地して地面を蹴る瞬間は、脚などの筋肉が緊張して静脈が圧迫されるために、末端の
血液が心臓へ向かうそうです。
このタイミングが乱れると血液が末端まで届きにくくなり、筋肉疲労が増すのだそうです。そこで
音楽を使って走るリズムを一定に保つとこのタイミングが合いやすくなるのだそうです。

音楽というのは、人を幸せにしたり感動させたりと素敵なものだと思うのですが、人を落ち着かせた
り、人にチカラを与えるのも音楽の素晴らしいところなのでしょう。私はそう思いました。

報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2009-10-18 22:26
ちょっと前の話になりますが、2016年オリンピック開催地はリオデジャネイロに決まりましたね。メディアで取り上げられてた割には、日本人の関心はイマイチ薄かったような気がします。最後の最後、決定投票あたりでやっと「ああ そういえば・・」って感じだったような。。でも、落選して残念、というよりも、リオで良かったね!おめでとう!と素直に言えるから、これはこれで良いことだなと思います。南米では初めての開催だなんて聞くと余計に応援したくなります。いいじゃん トウキョウは。一回やってるんだし。でもロンドンは今度で3回目だけど。3回は多すぎだろ!と思いますね。オリンピックの父、クーベルタン男爵の母国フランスやギリシャを差し置いて史上初だそうです。
オリンピックってほんとにお金が動くんでしょうね。オリンピックに限らずスポーツには金銭的なことがいつもまとわりついてます。競技場、学校、スポーツ用品ブランド、広告・・・。億単位で経済を動かす力がありますよ。有名スポーツメーカーのロゴが入れば、それだけで短パン一枚がものすごいブーストアップしますから。このロゴ一個でいくら?!の世界です。有名選手の使用するモデル靴とか、びっくりする値段がつきますものね~。なんだろねアレは。
でも、自分が大好きな選手と同じモデルだと思うと、うっかり手が伸びてしまう。だからお金がまとわりついても、スポーツの世界はお金だけで動くんじゃないんですよね。感動があって初めてスポーツになるという。。そして、素晴らしい選手を育てるためにはお金が要るのもまた事実。ここら辺の仕組みは報道ニッポンの「再生日本」で、「再生日本スポーツ界」に置き換えてスポーツ界を経済で切り込んだら面白いかもと思います。
あー でも東京でバスケは見たかった。ドリームチームとスペインとドイツ!あとギリシャも。ユニフォームのレプリカ売ってくれたら買うよ~。ほら、こんな風にファンは盲目なのです。冬季オリンピックはどこかな~。モーグルとか大回転とか、Xゲームな冬季競技も面白いですよね。こちらも結果が楽しみです。

報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2009-10-17 00:27
今後の日本の発展に向けて、どのような交通行政を行っていくべきかという点に
ついては、報道通信社報道ニッポンなどのマスコミ各誌でも話題になっているところです。
先日、前原誠司国土交通相が、羽田空港を24時間使用可能にして、日本におけ
るハブ空港として使っていきたいという趣旨の発言をしていますが、これは非常
にいい話ではないかと思います。日本における国際便の多くは、成田空港から発
着しています。成田空港は東京から電車で1時間ちょっとの距離があります。国
際便から国内便への乗り換えが不便な事など、旅行者にとってはあまり便利な環
境ではありません。その点、羽田空港に国際便が発着するようになると、羽田空
港から日本各地へ移動するにも非常に便利になります。観光などの新たな産業の
活性化につながる可能性があります。この問題には、「成田空港はどうなるの
か?」という反対意見も予想されますが、日本全体への波及効果を考えると、羽
田空港のハブ化という選択は、国民大多数の支持を得るのではないかと思いま
す。ただし、成田空港については、成田闘争などの様々な苦労の元に開港された
空港です。その点も充分に考慮に入れた上で、羽田空港のハブ化については推進
していってほしいと思います。

リフォーム
[PR]
by houdou-nippon | 2009-10-14 23:33
 「報道ニッポン」という月刊誌があり、有名人をゲストイン
タビューアーに迎え、さまざまなジャンルの企業家にインタビ
ューをし、その内容を掲載している。数多くの企業が掲載され
ており、会社を立ち上げた時のエピソードや会社を経営する上
での苦労話などいろいろ興味深い記事が掲載されています。
 「報道ニッポン」を発行している会社が報道通信社でありま
して、その報道通信社のブログが「臨機応変」。そのブログで
目にしたのが「寝てない」の文字。私思うのですが、なぜ出版
業界やテレビ業界や音楽業界の人は、「寝ない」で作業するこ
とが好きなのか、ということです。私の知り合いにこれ関係の
人がたくさんいるのですが、決して寝ないで仕事をしなければ
いけないほど仕事量はないはずなんです。(すいません、私の
周りの人がたまたまそうなだけかもしれませんので、そんなこ
とないよ!怒っておられる方本当にすいません。)きっと、前
々から予定をしっかり立てれば、前の日に切羽詰まりながらや
ることはないはずなんです。これら業界の人がよく使う言葉、
それが「けつあわせ」。仕事は締め切りの時間に合わせてやる
から、時間があるうちは進まないという理論らしいです。でも
締め切り前日徹夜しなきゃいけないのは「けつあわせ」できて
ないですから!

報道ニッポン
[PR]
by houdou-nippon | 2009-10-11 10:56
都会に住んでいて一番便利な乗り物、それは自転車です。街の中で一番邪魔な乗り物、それも自転車です。車の免許が無くても乗れる自転車は、主婦の買い物の足であります。毎日毎日乗り続けている身としては、自転車の素晴らしさを力説したいところですが、放置自転車、駐輪場の不足からくる違法駐輪という問題がどうしても付きまとうのも事実。駅前の混雑の中で子ども二人を前後に乗せて自転車を押して歩くとき、周りからの痛い視線を感じるたび、もっと堂々と自転車に乗れたらいいのにといつも思ってしまいます。東京の一部地域では、乗り捨てられるレンタサイクルがあるんですよ。乗り捨て、というと語弊があるかな。要するに、借りた駅に戻さなくても着いた駅に置いておけば良いということなんですが。放置自転車を再利用しているところもあるし、本気で取り組めば、いろんなアイデアが出てくるんだなって思います。それに最近はおしゃれ~な自転車が増えてますよね。一時的なブームで終わらず、定番になって欲しいところです。
最新号の報道ニッポンで自転車利用を薦めてくれていますね。そうそう、もっと呼びかけて欲しい~!CO2削減に貢献し、通勤ダイエットにも効きますよ。駅前に駐輪場をもっと作ってくれたら、違法駐輪も放置自転車も減りますよ。とはいえ、自転車利用者も求めるばかりじゃなくてマナーを守らないとね。歩道の真ん中をチリンチリン言わせながら走っちゃまずいし、スピードを出し過ぎると本当に危ない。先日近くの道路でおばあさんが自転車に轢かれて亡くなったんですよ、恐いよ~。あ でも一つ言わせてもらいたいです。自転車のかごにゴミ捨てていくやつ!かごはゴミ箱じゃないぞ!
報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2009-10-09 00:16