ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2010年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

阿久根市の市長の言動は報道を見る限りのでは、裁判所の判決にも従わず、また、議会にも出席もしないなど、その言動は市長にふさわしくない印象を受ける。しかし、阿久根市民の民意は意外にも市長側にあるようである。理由は、市長が市長派の議員を増やすために市長不信任案を反市長派が出すように仕向けたが、反市長派は提出をしなかった。そのため、意表をついて、市長派議員が市長の不信任案を議会に提出したという。当然、反市長派は不信任案を否決したという。漫画の世界のような政治がこの市議会で行われている。この事実は、反市長派は負けると判断して、任期満了までの時間稼ぎをしていることを示しているのである。また、市長のブログを見ると、この市長の主張には共感する部分が多々ある。
法律は守って欲しいが、司法が決して正しいとは言えないことも事実であり、この市長が私利私欲のために新聞報道に見られるような行動をしている訳でもないことが理解できる。この市長のとっている手段は正しくないかもしれないが、目的は正しいと考えてもよいのではと思われる。かつては新聞報道だけから判断して図らずも批判していたが、考え直している次第です。手段は別にして、この市長の目的には少なくとも共感できるので、今後の動向を見守りたい。司法もそうだが、新聞も決して正しいことを報道しているわけではないことを理解しておくことも必要です。
---以下、朝日新聞引用要約
鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が庁舎内の張り紙をはがした元係長の男性を懲戒免職処分にした問題で、免職処分を取り消す鹿児島地裁の判決が出てから初の給料日だった21日、市は元係長に給料を支払わなかった。 また、給与の不払いだけでなく、竹原市長は元係長の復職も認めていない。



報道ニッポンで取材されました wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
[PR]
by houdou-nippon | 2010-04-29 10:20
マーケティング会社社長、藤田志穂さんが企画し、人気ブロガーでギャルママモ
デルの板橋瑠美さんと、ギャルモデルの今泉宏美さんの3人ではじめられた「ノギ
ャル」プロジェクト。

秋田県は大潟村で稲作に取り組んだ結果、見事収穫を迎え、「シブヤ米」として
堂々販売に至っています。

その中でも、1.9合のお米が、ナイスバディな女性のシルエットをかたどったペッ
トボトルに入っている「ライスボディ」がお洒落です。お米を食べて、健康的な
ナイスボディを目指そう、というコンセプト、さすが、「イケてる農業」が目標
のことはありますね。

この「シブヤ米」HPからインターネット通販でも手に入ります。しっかりとビ
ジネスとして成功していてお見事です。

「日本の農業は生き返るか?若者を魅了する農業を目指せ!」という記事が現代
画報の記事にもありました。

自給率の低さや、農業従事者の少なさに危惧を覚えているのは何も年配者だけで
はなさそう。若者の中にもこんなにファイトのある人がたくさんいるんですね。
しかも「魅力ある農業」を目指そうという気概、頼もしい限りではありませんか


藤田志穂さんは「ギャル農業」という著書も書いておられます。、お米は健康食
品としても日本人に欠かせないもの。おおいにギャルたちにアピールしていただ
きたいものですね。



経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内 | 国際通信社 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
[PR]
by houdou-nippon | 2010-04-28 00:23

国際通信社 琵琶湖の桜

2010年4月の「現代画報」の表紙は滋賀県、奥琵琶湖の満開の桜。爛漫と咲
き誇る桜が湖面を縁取っています。

SHOTOR TRAVEL (ショトル・トラベル)の 「日本列島桜旅」(宮嶋康彦著)は文字
通り、沖縄のヒカンザクラにはじまり、日本列島を縦断し、北海道まで桜の名所
を著者が撮った写真集です。

この本に紹介されているのは桜の木の数の多さを誇る場所ばかりではありません
。岡山県の「醍醐桜」のように山の頂に咲く桜の孤高の美しさ、奈良の「又兵衛
桜」のように里桜として地元に愛されている桜なども紹介されています。確かこ
の2か所は、NHKの大河ドラマにも使われたと記憶しています。

また、お花見名所に多い江戸時代に改良されたソメイヨシノのほか、エドヒガン
やアズマヒガンなど、古来の桜の可憐な美しさを改めて知りました。

咲き誇る時期の桜だけではなく、北国の桜のように、深い雪の時期をじっと耐え
る桜の姿も紹介されています。

この中にも滋賀県の桜の名所として、海津大崎の桜が紹介されています。

雄大な琵琶湖のほとりの絢爛たる桜の競演、海津大崎では「お花見船」で湖上か
ら桜を楽しめるそうです。機会があったら訪れてみたいと思います。




今日見つけた報道通信社の報道ニッポンから発展して 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki
[PR]
by houdou-nippon | 2010-04-26 22:51
超微妙なニュースを見つけました!というのも、子供のお金を大人が横領というもの(笑)。なんでも、4月21日に兵庫県警が、落し物として届けられた小銭入れの中の現金を使ってしまったという、業務上横領の容疑で、西宮署甲陽園交番に勤務している巡査長で、神戸市北区在住の小松喬容疑者(27)を逮捕したのだとか。兵庫県警に寄れば、小松容疑者も容疑を認めているそうです。逮捕容疑となっているのは、4月2日の午後に、西宮市内の女性が落し物として西宮署甲陽園交番に届けた小銭入れの中から、約1500円ほどを着服したというもの。そして兵庫県警によると、小銭入れは西宮市内の小学1年生の男の子(6)が近所の女性宅の庭に落としてしまったものだったそうで、女性が4月2日に届けた際に、小松容疑者が対応していたとのこと。4月11日に、その小銭入れを探していた男の子が、父親とこの女性の家を訪問し、女性とともに交番へいったところ、残金が少ないことがわかって、小松容疑者の犯行が発覚したのだそうです。小銭入れで、ちょびっとしか入ってないから落とし主も見つからないだろうと判断してしまったのか、まさかバレルと思っていなかったのか、小松容疑者がどうして1500円ぽっちのお金で人生を棒に振ってしまったのかはわかりませんが、ショボイ犯罪で本当に人生台無しになりましたね~。

fashiondc.xrea.jp 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています wiki
[PR]
by houdou-nippon | 2010-04-25 00:46
健康ブーム。日本はいつでも年がら年中健康ブームにあります。長寿大国の秘密は、もしかしたら日本人の「健康的なもの」という言葉に弱いところにあるかもしれません。少々不味かろうが苦かろうが、「身体に良い」「良薬口に苦し」で取り入れちゃいますから。でもまあ以前のように「不味い!もう一杯!」の「ああ それだけ不味いってことは身体に良いのね」という心理を突いたCMは姿を消して、最近では「飲みやすい」「これなら続けられる」なんて緩い感想にグラッと来て、みんな買うんですけどね。
国際通信社のwebサイト異業種ネットに屋外型フィットネスについての記事が出てましたが、ジム通いではなく、近所をジョギングする方に人の流れが出てきているのは良いことだなと思います。これまでは、健康ブームが底辺に流れていても、こっそりジムに通って鍛える人の方がおしゃれだしご近所の手前恥ずかしくないという暗黙の空気がありましたが、近年のジョギングブームはおおっぴらな屋外フィットネスを「カッコイイ」に進化させました。スポーツ用品業界はこれでもかとスタイリッシュなシューズにウェアにキャップにウェストバックなどなどを売りまくってますよね。ウォーキング、ジョギングブームによる経済効果はバカにできないような気がします。
でも記事にもありますが、屋外でのフィットネスは地域交流や環境保全への取り組みを自発的にもたらす効果があるのではないでしょうか。マシンと向き合って走るより、自然の風を感じながら走る方が、やっぱりどう見ても健康的ですよね。



fashiondc.xrea.jp 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
[PR]
by houdou-nippon | 2010-04-24 00:24
びっくりしてしまったのが、「週刊ヤングジャンプ」のグラビアを最年少の12歳で飾っている美少女!彼女は、埼玉県の中学1年生で、小松美月ちゃんというそう。週刊ヤングジャンプの編集部に発掘された人と言えば、過去には広末涼子さんや綾瀬はるかさんなどのトップアイドル達ですが、今回の小松さんは宮沢りえさんのような王道をと期待している新人さんなのだそうです。1994年に最年少でグラビアを飾った松本莉緒さん以来の最年少記録となった小松さん、眉毛がチャームポイントと話し、メイクさんも眉毛はいじらないほうがいいというだけあって、きりっとした眉毛と目がキレイな美少女だそう。今のところ、テレビや映画、CDといった仕事に関することはまだ決まっておらず、しかも今回も知り合いからの紹介でカメラテストするだけのつもりで撮影したのが、出来上がった写真を見て「これはモノが違う」とうなられたそう。しかも現場で撮影したスタッフの間では、この子は化けるぞという声が出ていたそうで、担当者のかたいわく、たたずまいが他のこと違ったそう。将来は女優さんでも歌手でもなんでもできる人になれれば、夢は1日でも渋谷109の店員さんになることと語る小松さん、今後が楽しみですね!

opem-press.org | 報道ニッポン | 報道通信社 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています
[PR]
by houdou-nippon | 2010-04-23 07:09
大手家電量販店は4月21日、大手メーカーの3D対応テレビの発売を、予定より前倒しで
始めたのだそうです。

大手メーカーは発売日を4月23日としているそうですが、家電量販各社は商品を仕入れ済み
で消費者の関心も高いようです。このために「先行展示」という形で商品を陳列して、
販売も開始したというのです。
大手家電量販店の1店は4月21日に、東京にある本店などに体験コーナーを設置しました。

テレビや新聞でも取り上げられているこのテレビは、専用メガネをかけて3D映像を視聴でき
るプラズマテレビ2機種で、店頭の想定価格は54型が53万円前後、そして50型が43万円前後
だということです。いずれも専用メガネが1個つくそうです。

今回、紹介された大手メーカーの3Dテレビは、世界で始めて高精細なフルハイビジョン画質
に対応しているもので、右目と左目用の画像を1秒間に60コマがつ交互に再生する仕組みを
採用しているということです。

ただ、3Dで見られる映画などのソフトや放送番組は一部にとどまっているようで、本格普及
にはソフトの充実も課題となりそうです。

つい最近液晶テレビが発売されて、多くの人が購入している姿を店で見かけているのですが、
3Dとは、またすごいものが発売されるのだなあ・・・と思うのが私の本音です。我が家の
テレビはまだ液晶ではないので、我が家では3Dのテレビよりもまずは現在販売されている
液晶テレビの購入が必要です・・・。


現代画報の通信日記 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki
[PR]
by houdou-nippon | 2010-04-22 19:50
かつてはタレントの梅宮アンナさんと交際し、一時は成功をしているタレントさんとして世間に認識されていたであろう、羽賀研二(48)さん。そんな羽賀さん、未公開株の譲渡をめぐって、3億7千万円の詐欺と恐喝未遂罪に問われ、現在は羽賀被告と呼ばれるまでに落ちてしまったタレントさんの一人ですが、私生活では嬉しいことが起きたようです。というのも、4月19日の午後5時15分に、第一子の娘さんが誕生したそうです。関係者の方によれば、奥さんの麻由さん(32)も娘さんも健康で元気だそう。これは、羽賀被告の今後の人生の、生きていく強さになるのではないでしょうか?!ちなみに羽賀被告、元もと自宅に家政婦としてきていた元会社員の麻由さんと結婚されたのは、2006年10月のこと。2006年12月にはハワイで挙式を挙げるくらい、順風満々の私生活のようだったのですけれどね。娘さんが誕生されたことで、親としての責任感で出て、父親・夫としての責任をしっかり果たすようになればよいですけれどね~?!きっと真由さんも、不安がぬぐいきれない妊娠期間を過ごされたでしょうに、けれど無事に出産し、健康な赤ちゃんが産まれて来て本当に良かったですね。

realestate.ebb.jp 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
[PR]
by houdou-nippon | 2010-04-22 00:13
今の日本では、製造業に代わる新しい産業の育成が商店となっています。国際
ジャーナルでも、その点についてよく解説されているのではないかと思います。
一つの候補となっている産業は観光です。観光による立国を目指して、日本では
「観光庁」の誕生が望まれています。これからの日本の観光はどうなっていくの
でしょうか。最近では、台湾や中国からの観光客に人気が高いスポットとして、
北海道があります。北海道のツアーは、1990年代後半から年間を通した旅行
目的地となっているのが最近の特色です。北海道はまた、アジア各地やオースト
ラリア人にも人気があります。そのほかにも、これまで欧米系観光客向けと考え
られていた、木曽路の妻籠などもありますが、こちらも中国人観光客の間では人
気を増加させていると聞きました。北海道は日本でも人気の観光スポットです。
ほかにも、欧米の観光客をターゲットとして進められてきた京都・町家の改修保
存・再生プロジェクトについてですが、いざ蓋を開けてみれば観光客の7割を日
本人が占めていたという話も聞きました。これはどういう意味をもっているので
しょうか。外国人が面白いと思う観光地は、日本人にとっても、人気の高い場所
であると言えるでしょう。





国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
[PR]
by houdou-nippon | 2010-04-21 00:21
主に母乳を介して乳児に感染し、九州に多い成人T細胞白血病のウイルス感染が、関東地方
では20年近くで1.5倍に増えるなど全国に広がっているということが、厚生労働省研究班
の調査で分かったのだそうです。これについては、先日の新聞で取り上げられていました。

妊婦の感染を調べる血液検査が徹底されていない実態も判明し、研究班は感染の根絶には
全国的な検査の徹底が必要との提言をまとめました。

この成人T細胞白血病は母乳や精液に含まれるウイルスで感染するのだそうです。生涯発症
率は約5パーセントと低いのですが、根治は困難だということです。感染していれば母乳を
やめて人工乳にするのが最も効果的とされるのです。

1991年の厚生省研究班の報告では、発症者は全国で700人と推定されていて、2050年前後に
はほぼ根絶するとみられていました。感染者も九州に集中していたことから、厚労省は検査
を妊婦健診に加えるかは自治体にゆだねていたそうです。検査費用は850円~1900円で、検査
を公費で負担しているのは長崎や鹿児島など一部の県だけだそうです。
ですが、ここ数年、成人T細胞白血病の使者は年間1100人前後で推移、発症者が増えているの
だそうです。

以前、雑誌「現代画報」で「育児」に関する記事が取り上げられていたように思うのですが、
子供を産んだ最、やはり母乳で育てたいと思う女性が多いと思います。この記事で、母乳で
育てることはいけないのか・・・というと、私はそうは思わないのですが、不安な気持ちに
なるでしょう。ぜひ、医療機関などに足を運んで調べてもらうというのが一番かもしれません。
我が子に愛情を注いで育てたいのですから・・・。


現代画報 広がる少子化問題 現代画報社 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
[PR]
by houdou-nippon | 2010-04-20 00:11