ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2010年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧



今の日本の経済環境においては、どんなビジネスを行 うにしても、インター
ネットの知識はとても重要だと思います。専門的な知識が必要なわけではありま
せんが、最低限のインターネット用語などの 知識はあると便利な知識です。こ
れはどのように身につけるかというろ、本やセミナーで勉強したり、詳しい人に
話を聞いてみるといいかもしれま せん。国際ジャーナルでも、インターネット
とビジネスの関係については、わかりやすい記事を書いて欲しいところですね。
また、経営、経済など について幅広く勉強する事も、これからはビジネスパー
ソンにとって大事な事ではないでしょうか。今の複雑なビジネス環境でうまく仕
事をしてい くには、インターネットのほかにも広い知識が必要です。ですか
ら、時間を作って経営や経済に関連する各分野について、本などを読んでみると
い いかもしれませんね。ビジネスパーソンとしては、様々な知識が必要となり
ます。それらの知識を活用して、前向きに仕事をしたいところですね。 与えら
れた仕事をこなすだけでは、これからの社会ではやっていけないかもしれませ
ん。インターネットで情報収集してみると、そのような知識の 勉強方法も見つ
かるかもしれません。





国際ジャーナルで取材されました
[PR]
by houdou-nippon | 2010-09-30 23:00


最近の外交に関する話題として問題になっているの が、中国との漁船衝突事件
に関する対応です、この事件では船長が釈放されるという結果になっています。
その後も中国外務省から日本に対して 「強烈な抗議」が表明されています。中
国は日本に対して、謝罪と賠償を求めていますが、これはどのような考えなので
しょうか。国際ジャーナル でも、この事件に対する日本のとるべき姿を分析し
て欲しいところです。正直なところ、中国の言っていることは筋違いの主張では
ないかと思いま す。これからの日中関係のあり方について、悪影響がないか心
配するところですね。菅首相はどのように考えているのでしょうか。記者会見で
は 「船長釈放は国内法に基づき粛々と判断した結果」とマスコミに語っていま
す。ですから、この釈放に関する政治介入はなかったとの立場を表明し ていま
す。これは本当なんでしょうか。今回の釈放は、日中関係全般への影響を考慮し
た菅政権としての政治判断だったという報道もあります。菅 首相は、この件に
ついて、国民に対する明確な説明を行うべきではないかと思います。いずれにし
ても、これからの外交において、中国との関係は とても重要なものですから、
今後も注目したいところです。





dragon.bex.jp
[PR]
by houdou-nippon | 2010-09-28 22:51
9月22日、太平洋高気圧に日本列島が覆われたそうです。
千葉県や山梨県、大分県などの各県で最高気温が35度以上となる猛暑日
が相次いだのです。
9月も下旬になり、いよいよ過ごしやすい季節がやってくるだろう・・・と
期待していたのですが、とんでもない話で「猛暑」と呼ばれる地域がかなり
あったようです。残念ながら過ごしづらい日になってしまったようです。

気象庁によると、千葉県茂原市で36.7度、山梨県大月市でも36.1度
に達したほか、大分県杵築市では9月の観測史上最高の35.6度を記録した
のですから驚きです。

この日のテレビの情報番組を見ていると、運動会が延期になったり各地域で
毎年この時期に行われる秋のイベントなどが、すべて延期になってしまった
などと、かなり影響が大きいようです。
確かにこの暑さの中でイベントや運動会を行っては、まだまだ熱中症になる
人が多く出てしまうかもしれません。
イベントや運動会というのは多くの人が楽しむものだと思います。

今年は本当に厳しい暑さが続き、かなりつらい思いをした人が多いでしょう。
私もそのうちの1人ですが、今年は「秋が来ないですぐに冬が来る」という
状態になってしまうかもしれませんね。


報道ニッポンで楽しむ
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
[PR]
by houdou-nippon | 2010-09-26 00:11
今月14日にパリ、ベルサイユ宮殿で村上隆氏の展覧会が開催され、フランス国内外で賛否両論ありましたね。国際ジャーナル9月号の巻頭特集「日本の“幼稚力”は世界を変えるか──変容する可能性」では、村上隆氏の提唱した幼稚さをキーワードに日本の可能性を掘り下げていましたが、これは展覧会を見越して書かれた記事なのかもしれません。正直、村上氏の作品は趣味ではない(彼の作品を知らずに毛嫌いしているわけではないです←ここ重要)ので、ベルサイユ宮殿の中にどーんとフィギュアを置かれたら、「自分はこれを見に来たんじゃない!」と怒るでしょう。ルーブル美術館のあの透明のピラミッドが建てられたときも思ったことです。現代美術やアヴァンギャルドを否定はしませんし、モノによっては大好きだけど、なんでベルサイユyやルーブルがそのステージとして選ばれるのかが、イマイチ納得できない。そりゃあ、ベルサイユ宮殿というルイ14世の酔狂が詰め込まれた御殿に、社会のモンスターという展示テーマは合っているんでしょうがね。今の世の中、ベルサイユ宮殿と自分の作品を画面上で合成しようと思えば素人でもカンタンに出来ちゃ・・Δ錣韻任垢・蕁△海Δ靴橡槓、鮹屬韻襦△靴・盍枋垢・討鵑納存修垢襪辰討いΔ里呂垢瓦い海箸任后H消爾淵◆璽謄・好箸任禄侏茲覆ぁ・任癲▲茵璽蹈奪僂諒弧世論・呂鯆謬擇畦鎮佞気魴銈辰討④燭隼廚辰討い燭里任垢・△修譴呂發Ω鼎い鵑任靴腓Δ・・・・・・・
cars.ebb.jp
[PR]
by houdou-nippon | 2010-09-24 22:58

月刊誌「国際ジャーナル」の9月号に東京都杉並区に事務所を
構える弁護士さんの記事が紹介されていました。独立する前は
別の弁護士事務所にいたらしく、そのような人を居候弁護士、
略してイソ弁というらしいです。その方の、イソ弁時代のエピ
ソードも紹介されていて、日頃弁護士さんと接する機会のない
私にとっては、興味深い記事でした。
 弁護士さんと接する機会がない私は、当然裁判というものに
関しても人生で一度もお世話になったことがありません。日々
平平凡凡と生活している私にとっては関係のない世界だと思っ
ていましたが、そうも言っていられない世の中になってきたよ
うで・・・。そう「裁判員制度」のことです。もうすでに裁判
員に指名されている人もいるので、確率は低いにせよ、自ら望
まなくても裁判に関わる機会ができたということになります。
今は珍しいので、そんな知らせがもし家に届いたら、それは大
騒ぎ間違いなし!マスコミなどにも取り上げられることにでも
なったら、一躍日本中のテレビや新聞に顔がでることになるか
もしれません。まあ、自分自身が出していいですよと言わない
限りはそうはならないと思いますが。そのうちこの制度もすっ
かり定着して知らせが届いても、それほどの騒ぎに自分自身が
感じなくなるのかもしれません。どうなりますか。




ハッピージャーナル | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
[PR]
by houdou-nippon | 2010-09-23 22:12
私の家では毎週生協を利用しています。
生協では食品だけでなく、日用品や書籍、文具、玩具、そして生協オリジナルの化粧品も
販売されています。

生協の配達担当の方に聞くと、生協の化粧品は「安全」をモットーにしているのだそうです。
食品を扱う頻度のほうが高い生協は、食品にももちろん「安全かつ新鮮」を第一にしているの
だそうですが、これを化粧品にも・・・ということになったそうです。
「安全」ということは、無添加で肌が敏感な方でも安心して使用できる化粧品を開発しているとの
ことでした。

先日も生協で注文した商品が届き、次回注文分の商品カタログを見ていました。化粧品コーナーの
箇所に「乳液使っていますか?」という文字に私は目がついたのです。
以前、ある化粧品の口コミサイトを見ていたところ「乳液は嫌いなので」「暑いから乳液はつけて
いない」などの口コミをよく見つけました。
乾燥を感じる季節にはやはり対策として乳液やクリームなどを使用する方が多いようですが、夏の
暑い時期になると「重く感じる」という理由から乳液やクリームをお手入れから外す方が少なく
ないようなのです。

化粧水で与えた潤いは、時間が経つと蒸発して乾燥してしまうのだそうです。肌の水分が蒸発する
というのが、実はシミ、シワなどの原因になるのだそうです。乳液というのは、化粧水が与えた
潤いを保つ大事な役割があるのだそうです。化粧水でしっかり保湿ができるような成分が入った
商品も販売されているかと思いますが、やはり化粧水の後は乳液を使って保湿をさらに補うように
しなければならないようです。

季節に関係なく、肌には水分が必要です。肌トラブルを防ぐためにも、化粧水の後は乳液を使用
するのが一番いいのです。そして、その後はクリームでさらに水分を保護したほうがよい・・・と
化粧品販売員から聞いたことがあります。

年中、肌をいたわってやる事が必要なのだそうです。



月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年9月号のご案内 | 現代画報社
[PR]
by houdou-nippon | 2010-09-19 23:43
大塚愛さんといえば、今年の6月下旬に結婚したばかりの新婚ホヤホヤというニュースをご覧になった方もいらっしゃるかと思います。そんな大塚愛さんが、9月11日に横浜にある赤レンガパークで入籍をしてから初めてとなるワンマンライブを行ったそうなのですが、そこでまたファンがびっくりするニュースを発表したそうです。というのは、大塚愛さん、「9月9日、私の誕生日は旦那さんと過ごす誕生日になった。でも、実は3人で過ごしました」とみなさんに報告したのだとか!現在大塚愛さんは妊娠3か月だそうで、このことを涙しながらファンに話し、来年の4月に出産予定となっていて、今後の予定は不明で、ライブでは会えなくなるかもしれないけれど、体に負担のかからない仕事はしたいと話しているそうですよ。ちなみに大塚愛さんは、9月9日に28歳になられたのだそう。旦那さんはRIP SLYMEのSUさんということも有名ですよね~!ということは、赤ちゃんは音楽の才能に恵まれて産まれてくるのかな?ちなみに、大塚さんのお母さんは体が生まれつき弱く、命がけで自分を産んでくれ、一人っ子だけれど愛情を持って育ててくれた、今があるのは信頼して見守ってくれたお父さんお母さんのおかげと、ご両親に感謝のラブレターとして語りかけたそう。感動的なライブになったようですね~!

月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
[PR]
by houdou-nippon | 2010-09-18 11:08
HIPHOPファンの人はもうご存知かもしれませんが、アメリカ俳優のウィル・スミスさんの娘さん、ウィスロー・スミスさんが、9歳にしてJay-Zとレコード契約を結ばれたらしいですよ!ちなみにウィスローちゃんのファーストシングルとなる「Whip My Hair」は、すでにインターネット上で話題になっているのだとか。このことに関して、Jay-Zは9月9日にラジオ司会者であるライアン・シークレストさんとのインタビューに答え、「最初は9歳の子とは知らずにレコードを聞いたが、これは大ヒットになると感じた」と、ウィローちゃんにはスーパースターへの道が待っているとコメントしているのだとか。Jay-Zの太鼓判を貰えば、もう怖いものはないような気がしますよね。気になる方は、YOUTUBEで曲をチェックすることもできますが、なんだかちょっとだけリアーナに似ている気がしないでもない?!9歳というかなりの若さのウィローちゃん、周りの反応としては、音楽のキャリアをスタートするには早すぎるという声もあったようですが、Jay-Zは才能に恵まれている場合、若すぎるとかはないと言っているのだそう。ちなみに、ウィル・スミスさんの12歳の息子のジェイデンくんは、映画「ベスト・キッド」で主役をこなし、お父さんメロメロのようですが大活躍されていますよね。

国際通信社books | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
[PR]
by houdou-nippon | 2010-09-15 22:27
昨年まで、34年間連続でひったくり事件の発生が日本一多い大阪府で、
1~8月の発生件数が千葉県を4件下回り、全国一ではなくなったことが
わかったのだそうです。これは、新聞記事に載っていました。

あまり良い例えではないと思いますが、「ひったくりワースト1」が「大阪名物」
とまで言われていたのです。この汚名の返上に向けて、大阪府警は発生防止に全力
を挙げるということです。

大阪のひったくりは1976年からずっと全国最多でした。2008年は2位千葉県
と1325件差でしたが、昨年は2位神奈川県と696件差で、差は縮まってきてい
るということです。

繁華街や駐車場などに防犯カメラの設置が進んで、ひったくり常習犯の摘発を強化した
ことが奏功したと見ていて、現在では街頭での防犯PRを強化しているそうです。
全国で順位を決めるのではなくて、全国的に悪質な犯罪がなくなれば一番良いのでは
ないかと思います。犯罪によって人が傷つき、人の命が奪われ・・・とてもつらい
状況になってしまうのです。
以前、雑誌「現代画報」でも「不景気」に関する記事が載っていたのですが、不景気
が続くと、やはりこのような犯罪も増えていくような気がします。
民主党の菅首相が再選されました。ぜひ、この国を安心して生活ができる国にして
いただきたいと心から願っています。早急な対応をお願いしたいものです。


報道通信社・報道ニッポンで知るチーム・マイナス6%
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
[PR]
by houdou-nippon | 2010-09-14 22:35
現代画報」の編集部の方たちが書いているブログをたまたま
見ていた時に、とある人が運転免許の更新について書かれてい
ました。免許の更新には、苦い想い出というか、肝を冷やした
ことがありまして、それをふと思い出しました。
 それは初めての免許更新でした。よく周りの人が、初回だか
らとか、優良だからとか、講習が長いとか、何曜日が込んでる
だとか、免許の更新に関していろんなことを話題にしているの
はよく耳にしていました。普通は自分の家にはがきが来るので
、それを持って警察署なり免許センターなりに行くわけです。
しかし、免許更新の日が近づいても私の元にははがきが届かな
かったのです。私が、引越しをしたにもかかわらず、免許の住
所変更をしていなかったのが原因です。そして、いつの間には
誕生日の一ヶ月後というのが過ぎてしまい・・・。それに気づ
いたのが、偶然そのとき生命保険に加入の種類を作成している
ときに、保険会社の人から免許証の提示を求められたときです
。「あれ?これ期限過ぎてますよ!」の一言に凍りつきした。
そのときは、猶予期間が半年間ぐらいあるらしく、何とか助か
りましたが、弱冠手続きが面倒くさくなってしまいました。
 みなさん、引越しをした際は、免許の住所変更をお忘れなく



現代画報との出会い
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
[PR]
by houdou-nippon | 2010-09-11 09:30