ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2010年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

厚生労働省が11月8日に、インフルエンザワクチンの副作用が疑われる今季初の
死亡例の報告があったと発表したそうです。新聞記事に載っていました。

心臓病や気管支ぜんそくを治療中の山形県内の80歳代女性が、接種後に抗生物質
を服用して、アレルギー性のショックを起こして死亡したということなのです。
この女性は10年前から毎年ワクチンを接種していたそうで、同種の抗生物質も
時々服用していたといいます。が、ショックを起こしたのは初めてだということなのです。

今季のワクチンはテレビや新聞でも報道されているかと思うのですが、新型と季節型の
A香港型、B型の3種混合で、すでに約2500万人分を出荷しているそうです。
これまでの副作用報告は162人で、このうち重い副作用は今回を含めて20人出ている
ということなのです。

時季の新型ワクチンは約2100万人に接種されていて、133人が亡くなっている
そうです。医師が「接種と因果関係がある」と報告したのは3人ですが、いずれも後で
否定されているということです。

インフルエンザワクチンの接種を「受けよう」「受けない」と意見は様々だと思います。
以前には雑誌「現代画報」でも「インフルエンザワクチン」に関する記事が載っていたよ
うに思います。副作用の話を耳にすると、怖くなって受けるのをやめようと思う人もいる
ことでしょう。みなさんは接種されますか?


現代プレス | 現代画報 国際ジャーナル 報道ニッポン
[PR]
by houdou-nippon | 2010-11-18 23:59
現代画報社の現代画報に、『ITボケ』に関する記事が出ていました。

技術革新が進み、便利なコンピュータ、インターネット、携帯電話などの普及により
脳は情報を受け取るばかりで、それをかみ砕いて出力するという作業を
行う機会がどんどん減ってきています。
それにより、脳に血流の増加がなく、活性化されません。
ITボケでよくある症状は、
電話で受けた注文を、電話をきった途端に忘れてしまったり、
前に観たレンタルビデオを何度も借りてしまったり、
前の食事が思い出せない、
など、日常でよくありそうな『うっかり』『ど忘れ』の類の内容だそうですが、
これらが頻繁に起こるようだと注意が必要だということです。

ITボケ防止には、
あたりませですが、脳を活性化させること、
つまり、創造的な作業をおこなうこと。
例えば、家事を進んで行ったり、人と話したり、歌を歌ったり、絵を描いたり、といったことだそうです。

便利な技術、ツールを使用しつつも、
日々の生活を丁寧に、能動的に、めんどくさがらずに一つ一つ行うことが、
脳のバランスを保つ為に重要だということでしょうか・・・。

現代画報との出会い
[PR]
by houdou-nippon | 2010-11-17 23:58
雑誌「報道ニッポン」には美容、健康をテーマにした特集が紹介されていたように記憶しています。

「美容」といえば女性が日頃から基礎化粧品プラスマッサージやシートを使ったり、お手入れを
念入りすることで実年齢より若く見られるよう努力したり、肌をいつまでも美しく保ったりすると
いうイメージがあるかと思うのです。

近頃は、女性だけではなく男性専用の化粧品も数多く販売されているようです。
毎日洗顔料を使って洗顔をされる男性は多いかと思うのですが、洗顔料だけでは終らないようです。

最近メディアでも取り上げられる機会が増え、メーカーも本腰を入れ始めているようなのです。
地域によっては男性向けの化粧を教えるイベントも開催されているようで、普段の会話には出てこ
なくても「かっこいい」と言われる男性は肌の手入れも努力しているのだそうです。

どのようなものが世間で販売されているのか見てみると、洗顔フォームはもちろんのこと、
化粧水、乳液、クリームは当たり前で、パックや美容液なども販売されているのです。女性の
基礎化粧品でもよく店頭で見られるような種類なのではないでしょうか。

そしてこれからの季節、気温が下がり風が冷たくなってくると肌が乾燥してきます。乾燥対策の
商品も販売されているようです。
洗顔フォームも「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」というように自分の肌にあったタイプが
選べるようになっています。
また、女性化粧品では最近よく聞く「コエンザイム」。このコエンザイム配合のクリームが男性
化粧品でも販売されているのです。

芸能人ではない一般の男性もこれからは「洗顔後はしっかり肌のお手入れを」という習慣が必要なの
かもしれませんね。



報道ニッポンの誓い 報道通信社
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
[PR]
by houdou-nippon | 2010-11-16 22:41
どうしてお化け屋敷が怖いのか・・・


人が恐怖を感じた時の、自身の反応や変化などについてや、

人間が恐怖として感じる、多くの怪奇現象について、物理学、化学、生物学などの

先端科学で解き明かしくそうです。



例えば、ポルターガイスト。

科学の世界では、「共振」というのもが関わっているのではないかとされていて、

「共振」の震動が大きくなっていくと、最後にはワイングラスが割れてしまうという

実験結果を出し、それがポルターガイストの症状と似ている。



ポルターガイスト現象にラップ音、人魂、幽体離脱などの現象についての、

科学的な実験の場合を知ることができます。



また、モニターでお化け屋敷の中を歩く人の姿を見ることができ、

ボタンを押すことで、お化け屋敷の中の操作ができ、人を驚かすことができる。

間違っても、人を脅かすことがメインではないのはたしかです(汗)





経済情報誌 国際ジャーナル 2008年9月号のご案内 | 国際通信社
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
[PR]
by houdou-nippon | 2010-11-15 22:42
お節料理には欠かせない棒ダラの初セリが11月9日の朝に、大阪市の中央
卸売市場であり、仲買人の威勢の良いかけ声が響いたそうです。
この様子は、テレビのニュース番組でも放送されていました。

棒ダラは昨年の冬から今春にかけて北海道沖で水揚げされたマダラを天日干し
したものです。調理に手間がかかることなどから入荷量は減少傾向だそうですが、
今年は昨年並みの約8トンが並んだそうです。

この日の午前9時、鐘の音を合図に競りが始まったものの、不況のあおりで取引額
は昨年と比べて約1割減の1キロ3500~5800円にとどまって、完売も
しなかったようです。

市場関係者は「厳しい時季だからこそ伝統の味を楽しんで英気を養ってほしい」と
訴えていました。

ここのところ、お節料理を作るという家庭が減ってきているのではないでしょうか。
テレビや新聞からの情報では百貨店やスーパーなどで注文販売されるお節料理を
注文する人の様子が取り上げられていました。
インタビューでは「作る時間がない」「作るのが面倒くさい」「作っても誰も食べない」
などという声がありました。
確かにお節料理というのは、何日も残ってしまうのでだんだん飽きてくる・・・という
感じがします。みなさんは、どうされるでしょうか。


国際ジャーナルから学んだ
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
[PR]
by houdou-nippon | 2010-11-13 15:34
日銀は11月8日に、11月の金融経済月報を公表しました。
景気の現状について「緩やかに回復しつつあるものの、改善の動きに一服感が
みられる」として、「改善の動きが弱まっている」とした10月よりも慎重な
判断を示したのです。
このような話を聞くと、気分が滅入ってしまうのは私だけでしょうか。

世界経済の減速や円高で輸出や生産にブレーキがかかっているというのが理由
にあげられているそうです。日銀は10月の月報で、2009年初来、初めて
景気判断を前月よりも引き下げていますが、2か月連続で判断を下方修正した
形となります。

先行きについては「景気改善テンポの鈍化した状況がしばらく続く」として、
10月の「景気は改善の動きが一時的に弱まるものの」と比べて慎重な見方と
しました。ただ、その後「緩やかな回復経路に復していく」との見方は変えて
いないのです。

今、国を相手に大変な状況であるということは新聞やテレビを通じて耳にして
います。が、やはりこの国のこの状況を何とかしていただきたいというのが
私の本音なのです。国際通信社から発行されている雑誌にも「不景気」に関する
記事が載っていたように思いますが、この状況を何とかしていただかないと
生活が「普通」にならないのです。決して贅沢をしたいというわけではありません。
ただ普通の生活がしたいのですが・・・。
なかなか対策を考えていただけていないようで残念です。


point.xrea.cc
[PR]
by houdou-nippon | 2010-11-13 13:23
これからの日本においては、地方の自立がとても必要な事になると思います。簡単に自立といいますが、そこには、中央政府からの補助金に頼らない、経済的な強さも必要となります。その中で、観光事業というのは、これからの地方の自立を考える上で重要な経済的テーマではないかと思います。国際通信社国際ジャーナルなどにも、よく地方の話題がでています。観光の記事もよく見かけることがあります。これからの日本の観光事業については、単に風光明媚な土地をたずねて、その地域の名産品を買っていくという事だけでは、大きなビジネスとしては発展していかないかもしれません。その中でおもしろい取り組みとして、函館市の「イカール星人」というPRビデオがあります。これは、函館市を紹介するプロモーションビデオですが、函館市の名産である「イカ」を宇宙人として、SFドラマ仕立てにした内容になっています。函館でイカを食べ過ぎていることに起こったイカール星人が函館を侵略しようとしますが、それに対して、函館のタワーロボットや、ゴリョウカクという宇宙船が立ち上がるという内容です。いままでのお堅いイメージのあるPRとは一風変わった内容ですが、様々なマスコミで取り上げられるなど、その効果は大きかった様です。これからは公共機関においてもアイデアの時代といえるのではないかと思いました。

ハコダテ観光ガイド :: イカール星人オフィシャル
http://www.ika-r.com/



国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう
[PR]
by houdou-nippon | 2010-11-10 23:26
先日、ラジオで電子書籍について、専門家を交えてトークしていたのを何気なく聴いていたのですが、多くの出版業界人が戦々恐々としている現状を、一人のコメンテーターが「いや、本は生き残ります」ときっぱり断言していました。おお 心強い!「テレビが出てきたとき、ラジオは消えると思われた。でも生き残った。本も同じだと思います。メディアとしてジャンルが違うんだということです」というようなことを言ってました。そうそう 私もそう思います、賛成!と諸手を挙げて歓迎したい意見です。その方の名前とか経歴とかまでは分からなかったものの(後で調べる気力まではなかったのだ)、同じように考えている人が居て嬉しかったです。周りのママ友に電子書籍の話をしたところでスルーされちゃうしねえ。携帯があればとりあえず困らないという主婦が大半ですよ、世の中。ツイッター?面白いかもしれないけど、パソコン触らないしね~って感じだし。要するに生な情報は電子の世界で得るものではなく、奥さん同士でお茶やランチをしながら得るものなんですわ。報道ニッポン10月号で「電子書籍市場が秘める大きな可能性」という記事が載ってますが・・▲拭璽殴奪箸魯僖愁灰鸞膵イ④複苅安綯棒④箸カ盪・辰討觴磴せ劼箸いΦい・靴泙后M廚垢襪僕祥気箸笋覽い・△訖佑・覆函・世・蕁⊆造賄纏匳饑劼鬚修鵑覆剖欧・蕕覆・討發いい隼廚辰討泙后6β犬箸いκ・・任爾辧・・・・・・
報道ニッポンとの巡り合い
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
[PR]
by houdou-nippon | 2010-11-08 23:51
車を運転する人は多いと思いますが、道路を走っている時に目の前にたくさんの
荷物を積んでいるトラックが走っている・・・という場面をよく見かけないでしょうか。

走行中のトラック荷台などからの落下物は、渋滞につながるだけではなく、事故につながる
場合もあるのです。兵庫県警によると県内で、落下物が原因の事故が1日2件のペースで
発生しているそうです。
兵庫県警は「出発前や休憩時には、荷物がしっかり固定されているかを確認して」と注意を
呼びかけているということです。

9月下旬にテレビでも報道されたのですが、兵庫県加古川市の加古川バイパス下りを走って
いたバイクがいきなり転倒したのです。そこに後続のトラックや乗用車なども次々と追突して
バイクの男性を含む3人が負傷しました。一部の区間が5時間にわたって通行止めになったの
です。

この事故の原因は、路面約300メートルにわたって散乱していた100本近くの容器入り
マヨネーズでした。直前に走り去った車から落ちたと見られて、一部は中身がこぼれてしまい、
路面が滑りやすい状態だったということなのです。

私も経験があって、主人が運転する車の前に荷物をたくさん積んだトラックが走っていました。
何かの拍子に荷台からタイヤのホイールらしきものが落ちてきて我が家の車に接触したのです。
トラックは逃げるように走り去りました。荷物を積んでいるトラックや車は、十分な注意が
必要だと思います。荷物ひとつが道路に落ちたことによって、事故につながり最悪の事態になる
場合があるのですから・・・。


ペットジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
[PR]
by houdou-nippon | 2010-11-05 00:19
国際通信社国際ジャーナルの10月号に少し変わった
おもしろい企業が掲載されていました。「佐野国際特許事務所」という発明、
考案、意匠、商標の国内での権利取得業務、海外における発明商標
等の権利取得業務などを手掛ける会社らしいのです。簡単にい
うと、何かを発明して特許をとろうと思ったら、こちらの会社
に相談して手続きをお願いできるということだと思います。発
明品を目の当たりにして仕事ができるなんてなんかわくわくし
そうですよね。
世の中には発明家という職業がありまして、私の子どもの頃に
は発明家を夢見る少年のアニメを放送していて、よく見ていま
した。ちなみに私はいま29歳。小学生ぐらいの時だったと思
います。アニメの中に出てくる発明ですから、現実にはありえ
ないものばかりなのですが、発明家という職業に大変興味を持
ちました。もともと理科は得意でしたし。有名なのは海外では
エジソン、日本では平賀源内という人がいますが、最近テレビ
で取り上げられるような発明家といえば、なんかおかしなもの
を発明して、ちょっと変わった人という取り上げ方が多いよう
に思います。まあ、現代でも画期的なアイディアでスゴイ商品
を作り出して、大儲けしている人もいるのだろうと思います。
一生食べていけるようなすごい発明品思いつかないかな~。




国際ジャーナル|報道ニッポン|現代画報
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
[PR]
by houdou-nippon | 2010-11-01 23:01