ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2011年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

季節はすっかり冬です。寒い日が続きます。国際通信社から発行されている雑誌には「健康」に
関する記事が様々な内容で載っていますが、「健康」に関して言えば今の時期は風邪をひきやすく体調を
崩しやすい時期かと思います。予防をしっかりして毎日元気に過ごしたいものです。

さて、その寒い冬を快適に乗り切るために「湯たんぽ」を利用する人が増えているようなのです。
最近では、男性の「冷え性」も増えているようで人気を集めている用品のひとつだと思います。
この「湯たんぽ」による「低温やけど」が増えていると、先日のテレビ情報番組で放送されていました。
特に、高齢者にはリスクが高いとのことなのです。

この低温やけどは、温かくて心地よいと感じる程度でも、皮膚の同じ部分が長い時間触れていると
起きるのが特徴だそうです。
ある皮膚科医師は「低温やけどは、じわじわと皮膚の深い組織にまでダメージを受ける。それでいて
あまり痛みを感じないために、本人は気付かない」と話していました。
この13年間で報告された低温やけどの事故は77件なのだそうです。出荷個数が増加している湯たんぽ
が最多の26件です。
湯たんぽを皮膚から離したつもりでも朝になって接していることもあって、やけどを起こしやすいの
だそうです。

この低温やけどは、治療に時間がかかると言われています。やけどの面積は広くないものでも、ダメ
ージを受けた組織を切り取るなどの治療が必要なためだそうです。特に、高齢者は治りも遅いようで
す。予防のためには、商品の注意書きをよく読むことが必要ですが、家族が使い方をよく観察する
必要があるようです。寒い夜に心地よく眠れるように、周りの注意が大事ですね。




大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-30 23:44
国際ジャーナル



「“個店力”がモノを言う

   コンビニ戦争は第二ピリオドへ」




私の記憶では・・・



初めて目にしたコンビニはセブンイレブン。

朝7時から夜11時まで営業しているという事と、年中無休が大変ありがたいコンビニでした。

昔は、商店街は遅くても8時には閉まるし、年始なんて7日にならないとお店が開かないのが普通でしたからね。



それから、私の住む街の商店街には至る所にコンビニがオープンし、そして24時間営業に・・・



現在、コンビニでは最低限の品は何でも揃う。

そして365日24時間、いつでも営業。

生活は便利になりましたが、この不況なご時世にコンビニで

原価で買い物をする人は、少なくなってきているのではないでしょうか。



私もたまにコンビニを利用しますが、購入するのは弁当が中心。

しかし、取り立てて美味しいと感じる弁当はないと思います。



いくら、無添加をうたっていても、所詮工場のライン作業で作られる弁当に温かみはなし。

ライン作業での弁当作りが、どのようなものか知ってますか?

指揮者が時間を気にしながら、大声を張り上げ、ラインについた人はひたすら任された料理を盛り付ける。

工場なんて、そんなもんだとは思いながらも派遣で行った時、かなりショックでした。




365に24時間営業でのコンビニが、今後生き残るために展開していく部分は・・・




手作りにこだわる!



これしかないのではないでしょうか(笑)

私としては、コンビニと弁当屋さんが合体したら最高だな♪って思います!

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年9月号のご案内 | 国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-30 01:52
最近の日本では、貧困という言葉が現実的な言葉になってきているのではないか
と思います。国際ジャーナルの経済記事でも、日本社会における格差の話題がで
てきますが、いままでは総中流社会と呼ばれた日本は、一体どのようになってい
くのでしょうか。これから、政府の経済対策が急速に進み、国民の誰もが最低限
の暮らしをできるようになっていくのでしょうか。現実は厳しいかもしれませ
ん。最近でも、生活保護申請者が急増しているのは、全国的な動向であると報道
するマスコミもあります。政府の公的な発表では、失業率は改善しているようで
すが、実際のところは違うのかもしれません。完全失業者数は89万人の増加が
あり、倒産や人員整理などの、いわゆる「勤め先都合」による失業は55万人増
というデータもあるそうです。雇用の確保と、経済動向の改善というテーマが、こ
れからの政府にとっては重要な課題になってきているのではないかと感じます。
早急な対応を望みたいところです。







大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社の報道ニッポンの民法商法を読む
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-29 23:51
ある新聞にはここ数日間、連続で「かゆみの治療」というタイトルで記事が載っています。
様々な病からくる体のかゆみ・・・かなり辛いものです。

ある日の新聞で「アトピー性皮膚炎」にかゆみに関する記事が載っていました。
アトピー性皮膚炎で悩む人は多いと思います。自分の子供がアトピーからくるかゆみや湿疹で辛い
日々を送っている人も多いでしょう。

アトピー性皮膚炎に処方される薬の中に「ステロイド薬」というものがあります。
ある大学の皮膚科教授が、ステロイド薬を使って塗り方を実演したそうです。対象は、アトピー性
皮膚炎の患者、またその家族です。
「こぶし大の広さには、薬は米粒1個くらい。ちょんちょんと皮膚にのせてちょっと延ばす」と説明
しました。また「間違った例」として、ゴシゴシと擦り込むように塗って見せると、覚えがあるのか
患者や家族からは「あっ」という笑い声が上がりました。

アトピー性皮膚炎は、アレルギーなどが原因で強いかゆみを伴う炎症が起きます。治療の基本はステ
ロイドの塗り薬ですが「塗っているのに良くならない」と訴える患者も多いといいます。

皮膚科教授の話によると、そういった患者では、皮膚の炎症が治まっていないのに自己判断で治療を
中止したり、薬の塗り方に問題があったりする例が多いそうです。ゴシゴシ擦り込むと薄くなり、十
分な量の薬が行き渡らないそうです。

ステロイドと聞くと「怖い」と思う人が多いと聞きます。信頼できる皮膚科、アレルギー科を見つけ、
初回の診療では、薬の説明や塗り方の説明に時間をかけてもらうのが一番いいと思います。国際通信
社から発行されている雑誌にも様々な内容で「医療」に関する記事が載っていますが、まずは心から
信頼できる医師を見つける事が大切かもしれません。



国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社books | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-28 23:34
日本モーターショーは、景気の悪化を印象付ける様な内容だったの
ですが、インドで開催されたモーターショーは、その反対に、インドの今の勢い
を象徴するものになったと報道されています。国際ジャーナルなどのマスコミで
も、インドなどの新興国の動向については、様々な話題が報道されています。イ
ンドの大手自動車メーカーの首脳は、今回のモーターショーについて、非常に自
信を深める結果だったようです。そのあたりをこれからも探ってもらいたいとこ
ろです。今回のインドのモーターショーには世界の主要メーカーのすべてが出品
しています。世界的に有名なのはアメリカのデトロイトモーターショーですが、
今後は、デリーのモーターショーがトップになるかもしれません。まさにインド
市場が、世界の中心となってくる日も近いのかもしれませんね。現地の主催者に
よると、ニューデリーのモーターショーは1986年に始まり、1996年以降
は隔年開催になっています。前回2008年のモーターショーではインドの自動
車メーカーであるタタが、日本円にして20万円台という超低価格車「ナノ」を
発表した事が、世界的にも注目されました。この「ナノ」が、世界の自動車メー
カーに大きなインパクトを与えることになったと言えるでしょう。







現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年3月号のご案内 | 国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-27 22:28
これからの日本経済を支える新しい商品として期待さ れているのは、一つに電
気自動車があると思います。ガソリンを使わないという点では、環境面からもい
いイメージがある電気自動車ですが、まだ 課題も残っています。その課題とし
て挙げられるのは、なんといっても車両価格の高さではないかと思います。最近
発表された日産リーフで約 376万円しますが、補助金を利用しても300万
円という価格になり、200万円弱まで値下がりしてきたハイブリッドカーと比
べてもまだそう とうに高い価格になります。これからの電気自動車の普及につ
いては、国際ジャーナルでも分析を行って欲しいと思います。特に価格面での対
策を 知りたいと思います。電気自動車ですが1回の充電で約200キロメート
ル走行できるまでになっています。しかし、充電に必要な急速充電設備は 全国
でまだ約150カ所しかありません。これは利用者にとって不便な環境です。高
速道路のサービスエリアや大型商業施設の駐車場などでの整備 が必要になって
くると思います。こうした問題を克服すれば、電気自動車の使い勝手の需要は伸
びると思います。これからの時代は電気自動車が主 力になるのも、充分に可能
性があると感じます。





21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際通信社グループ 報道ニッポン 現代画報
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-25 22:45
チュートリアルファンの人はすでに耳に入っているニュースかもしれませんが、チュートリアルの徳井義実さんが映画に初主演するらしいです。どんな映画に主演するのかといえば、「莫逆家族―バクギャクファミーリア―」という映画だそうで、34歳の金髪のヤンキー役を演じることになったのだそう。映画のほうは、今年の11月に公開予定だそうですから、ファンの人は楽しみですよね。もともとチュートリアルの徳井さんといえば、「吉本男前ランキング」で2003年度からなんと3年連続で1位を獲得し、殿堂入りを果たした男前にはお墨付きのルックスですから、映画に主演で出演するのもなんとなく納得ですね。もともと2008年に公開された映画、「天国はまだ遠く」で、加藤ローサさんとダブル主演など、映画には出演されていたそうですが、長編映画での単独主演は初めてとなるのだそう。「莫逆家族」はもともと、原作の時点から田中さんが映像化を狙って執筆していたのだそうで、昔、関東一の暴走族のトップだった徳井さん演じる火野鉄が、愛するものを守るため、家族としている昔の仲間たちと30歳を超えて、またけんかをするというもののようです。ヤンキーものが好きな方には、たまらないのでは?映画の撮影は、1月22日からスタ^とするのだそうで、徳井さんはというと、なんと髪形を金髪のリーゼントにし、また役作りのために去年の12月から肉体改造を始めたのだそうで、首を太くするための加圧トレーニングや、プロテインを摂取したりしているのだそう。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
gourmet.gob.jp
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-24 23:54
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行く予定の方は、2月前に行っちゃったほうがいいようですよ~!というのも、USJが1月12日に、2月1日から入場料を改定して値上げすると発表したのだそうですから。USJの入場料は、2010年6月に値上げしたばかりなのですが、2年連続値上げとなるよう。といっても、100円の値上げですが。2月1日前までは、USJのスタジオ・パス1日券は、大人(12-64歳)6100円だったのを6200円に、そして65歳以上を5400円から5500円に変えるのだそうです。USJの運営はどうやら順調のようで、去年の3月には新大型アトラクション「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」をオープンさせていますが、今年の3月3日から2012年4月8日まで開業10周年のイベントを開催し、2012年の春には新しいエリアもオープン予定なのだとか。ただし、USJだけが値上げしまくっているのではなく、東京ディズニーランド、ディズニー・シーも4月23日からチケット料金が改定され、値上げするんだとか。すでに1デーパスポート、高いと思うのですが、大人は400円の値上げ、子供は200円の値上げとなるのだそう。ってことは、お父さん、お母さん、子供二人だと1200円の値上げとなるわけですね~。

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社.com | 報道ニッポン | 国際通信社グループ (国際ジャーナル 現代画報)
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-23 15:53
お正月に孫が祖父母宅を訪れる・・・というのは、よく聞く光景ですね。
家庭によっては、遠方に住んでいるということで長期休暇がなければなかなか
顔を見ることができないというところも多いでしょう。
お正月に祖父母と過ごすというのは、とても幸せな時間だと思うのですが、
新聞記事にとても残念で悲しいニュースが載っていました。

場所は北海道の札幌市です。1月4日に、お正月休みで函館市から遊びに来ていた
孫に包丁を投げつけたなどとして、札幌市に住む63歳の無職男性を暴行容疑で
現行犯逮捕したそうなのです。

包丁は柄の部分が中学1年の男子生徒の首近くに当たったそうです。恐ろしい話
だと思います。が、けがはなかったようで安心しました。
生徒が「じいちゃんが暴れている」と函館市の母親にメールをし、母親からの110番
通報で警察が男性の自宅を訪れて取り押さえたそうです。

警察の発表では、男性は4日の夜、自宅に遊びに来ていた男子生徒や小学2年の女の子
ら兄妹3人に向かって「うるさい」などと言って包丁やコップを投げつけたそうです。
男性はお酒に酔っていて、調べに対して「そんな事知らない」と容疑を否認している
ということです。
祖父母と過ごすお正月というのは、ひとつの思い出に残るものです。それがとても悲しく
つらいお正月になってしまったのは残念でなりません。
今回、被害に遭った兄妹の心は大丈夫でしょうか・・・。それが気になります。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社の報道ニッポンの編集者のサイト
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-23 12:34
新聞に載っていた記事なのですが、飲酒や喫煙など5つの指標を使って
中高年の男性が10年間に大腸がんを発祥する確率を簡単にはじき出す
方法を国立がん研究センターのチームが考案して、2010年の12月
下旬に発表したそうです。

1人ひとりの発症危険度を下げる努力目標として活用できそうだということ
です。

この大腸がんとの関連が指摘されている年齢、肥満、身体活動、飲酒、喫煙
の5項目で危険度に応じて点数を割り振ったのです。合計点数で10年間の
大腸がんの発症確率を導き出すというものです。
飲酒や喫煙を控えれば、個人の発症確率の低下が具体的にわかるようです。

対象年齢は40~69歳だということです。
例えば50歳の人は、肥満度、身体活動、飲酒、喫煙の4項目が最も危険が
低い場合、2点になって、発症確率は0.7パーセント、最も高い場合は7点
で3.3パーセントとなって、同じ年齢でも最大5倍前後の差がつくという
ことになるようです。

「健康」に関する記事が国際通信社から発行されている雑誌に様々な内容で
載っているように思いますが、自分の体がいつまでも健康でいられるために
簡単にテストできるのであれば、やってみたいですね。
対策があればその対策を行って、生活改善から始めることもできるのですから・・・。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
マッサージ 大阪
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-21 23:48