ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2011年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

国際通信社 月刊 火の力

分譲マンションに移り住んで5年、冬の暖房は床暖房一本やりだったのですが、今年は石油ストーブが大活躍しています。しかもとても小さいんです、このストーブ。どう見ても6畳ぐらいしか暖められないようなサイズです。それが、リビングダイニングに台所と6畳間、合わせて20畳近い空間をポカポカにしてくれてます。すごいぞストーブくん!というか、今更ながらマンションの気密性に驚きました。こんな小さいストーブでも暖まっちゃうなんて。おかげですっかり床暖房を入れなくなりました。去年まで「やっぱり床暖よね~」と言ってたのがウソのよう。
でも昨日、灯油を買いに行くタイミングを誤って、ストーブが使えなかったので、床暖房にしたら・・・寒いんですよ!何か薄ら寒いの。妙にスースーする。冷え性の私だけでなく、家族みんなが寒いと言います。何で~?一瞬故障したのかと思いましたが、リビング隣の床暖が入っていない6畳間の床と比較すると暖かいので、ちゃんと熱は伝わっているようです。これって、私たちが石油ストーブの暖かさを覚えてしまったからなんでしょうか?火の力、火の力をまとった風の力。すごいな~。そりゃ人間に火を与えたプロメテウスは神々に罰せられるわけですわ。
それにしても乾燥する!やかんが乗せられるストーブなら、保湿プラス煮物とか作れて調子いいんだけどな~。達磨ストーブとか憧れる。。でも子どもがまだ小さいから無理です。赤ちゃんだからっていうんじゃなくて、暴れるから。。ウチのストーブは振動を察知して自動消火するんですが、一日に何度自動消火するか分かりません。。火事の多い時期です。火の用心火の用心!





国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン | 報道通信社 | 働くということについて
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-05 23:26
小学5年生徒中学2年生を対象とした、全国体力調査の結果が公表されましたね。



結果は、昨年と特に大きな変わりがないようです。



調査結果で中学生の女子は体育の時間以外、ほどんど運動をしていないという事。

部活などをしている子どももいますから、



運動をしている子どもと、していない子どもの差が激しいのかな



と、中学生の子どもを持つ私としては感じました。



全国体力調査の1位は、昨年同様に福井県。

体力同様、各都道府県の順位にも、先年に比べ大きな年同はないようです。



福井県・・・



そういえば、学力の1位の県ですよね。



学力とスポーツは、比例するのでしょうか・・・



色んな意見はあると思いますが、私はある程度は比例するのでは?

と考えています。



適度なスポーツを行うことによって、規則正しい生活を得ることができる。

それは、体が疲れるから休息を求める、だから夜更かしができない。

限られた時間での勉強となるから、集中力が必要となる。

スポーツを行うことで、自身の集中力を高める力を養う力を作れるのでは?



過度の運動は、少しケースが違うと思いますし

集中力についても、スポーツではなければ養えない

ということはありませんし、

限られた時間を勉強に充てることができなければ、

それもまた、意味はないでしょう・・・



スポーツは、センス・能力・直観力、そしてリズムだと・・・

それを、勉勉強に置き換えるのであれば、なんでしょうね(笑)

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社 高齢者を襲う事件(詐欺、火災、地震)
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-04 23:04
以前、雑誌「国際ジャーナル」では子供に関する記事が紹介されていたように記憶しています。
雑誌「現代画報」でも、子供に関する記事が様々な内容で紹介されていたように思います。

5~17歳を対象とした文部科学省の学校保健統計調査で、肥満の子供の割合がすべての年齢で前年度
から減少したことがわかったのだそうです。
全年齢での減少は、1977年度の調査開始以来初めての結果だったようです。
肥満は減少、やせ気味の子が増える傾向にあり、同省は「規則正しい食生活の浸透やスタイルを気に
する子供の増加が原因ではないか」とみています。

今年4~6月、抽出で70万人を調査したそうです。肥満は標準より2割以上体重の重い児童・生徒で、
前回唯一増加していた10歳が今年度は前年度より0.85ポイント減って9.54パーセントとなり、全年齢
が減少という結果になったようです。

また、年齢別で減り幅が大きかったのは15歳で1.22ポイント減の10.32パーセント。10歳、11歳の0.76
ポイント減の9.69パーセントと続きました。

私の家の近所に小学校があるため、通学途中の生徒を見かけることが多いのですが、「肥満」に見える
ような生徒はほとんど見かけません。反対に「細すぎるのではないか」と他人の私が気になるほど
体型がスリムすぎる生徒をよく見かけます。
私の知人は、小学校6年生の女の子を育てています。晩ご飯のおかずを出すと、毎日「これは何カロリー
あるの?」「昨日も揚げ物で今日も揚げ物だったら間違いなく太るから今日は食べない」と言うようです。
ですが、決して気にするほどの体型ではなく、むしろ細いのです。
今の時代、小学生のころから「ダイエット」に燃える子供が多いのでしょうか・・・。





国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-03 23:25
 アメリカで自閉症の子供が増えているそうだ。何か母親に問題があったのであろうか。先天的であるから、母体の問題か、環境などの問題であろうか。
 昔学生のころボランティアをしていて、自閉症の子達と何度か遊んだことがある。他人とうまくコミュニケーションがとれない。目を見ることもしない。会話がかみあわない。何か気になるとひどく固執する。いろんな子がいた。みんな一様にコミュニケーションが取れないのが大変である。たくさん集まると団体行動なんて夢のまた夢だと思ってしまう。
 その母親たちとよく話をさせていただいた。「これでも大切なわが子なの。」とみなさん必ずおっしゃる。おなかを痛めて産んだ子はたとえ障害をもっていても大切な宝だと。私はまだ若かったから、そうは思えなかった。自分の子が・・・と思うと将来を悲観して、子供はいらないと思ってしまったくらいだ。しかし今は少し違う。やはり子供を欲しいと思うのだ。障害を持って産まれることもあるかもしれない。でも女として産まれたからには自分の子供をこの腕に抱きたい。
 将来は決して明るくない。子供だって、産まれて来たことを後悔してしまうような世の中かもしれない。それでも希望はどこかにあって、幸せは手に入れられるのだ。だから私たちは少しでもその子供たちの未来が明るくなるように努力しなければいけない。自然を大切にし、温暖化を少しでも食い止めていかなければならない。COP15で国同士が小競り合いをするのではなく、全世界で力を合わせて。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
opem-press.net | 現代画報 | 現代画報社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-02 19:51
報道ニッポン12月号に「問われる大学院の価値──学歴ロンダリングに見る大学院の凋落」という特集記事が載っているので、ちょっと気になってます。結果から言うと修士号を取れなかったのですが、私は大学院の科目等履修生として2年間大学院に通った経験があるのです。その時のことを思い出すと、正直言って、院生の学力にはかなりの格差がありました。ラテン語を操る人がいるかと思えば、第2外国語のテキストもまともに訳せない人もいて、レジュメの完成度とか研究テーマとかに至って、「腰掛けで来ている人」と「本気で博士号まで取りたい人」に完全に分かれていることが見て取れました。話していて面白いのはもちろん「本気で博士号まで取りたい人」で、この人種の頭の中ってどうなってるんだろうというぐらい、複雑で的確で引用が多かったように思います。一方で就職するのが面倒で「腰掛けで来ている人」は、研究テーマなんぞほとんど無くて、記事にあるような凋落という言葉がピッタリな感じでした。困ったことにこの手合いは上手く立ち回って修士を取り就職しちゃうんですがね。まあ 要するに昔からこの手の不届き者は居たわけです。問題は、こうい・・・夕錣・・┐討④燭箸いΔ海箸任靴腓ΑI垓靴世・藥妬・覆い里・發靴譴泙擦鵝3慘鬚世韻任榔曚┐蕕譴覆な匹發△襪隼廚い燭い任后・・・・・
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社books | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
[PR]
by houdou-nippon | 2011-01-01 11:34