ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2011年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

新聞に載っていた記事なのですが、大阪府内で電動式自転車のバッテリーの盗難が
相次いでいて、被害が増え始めた昨年の9月から今年の初めまでに75件に上る
ことが2月23日に分かったのだそうです。
盗まれたバッテリーはインターネットのオークションなどに出回っているとみられ
ていて、捜査関係者は「自転車を離れる間はできるだけ取り外して」と呼びかけて
いるそうです。
「ちょっとの間だけ」と自転車のそばを離れたその隙に盗む悪い人がいるものです
ね。電動自転車は安いものではありません。頑張ってお金を貯めて購入した人も
いることでしょう。それを簡単に盗んでオークションで売り、売れたお金を自分の
ものにしようと考える人の気持ちが全く理解できません。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル 世界のアイデア商品
[PR]
by houdou-nippon | 2011-02-28 22:52
テレビや新聞でも報道されていたのですが、農林水産省が2月18日に、
2020年までの世界の食料需給の見通しを公表したのです。
途上国・新興国の人口像と所得向上による食生活の変化で増え続ける
食料需要に増産が追いつかないということで、食料の不足傾向が強まる
と分析しています。お米、小麦など穀物の国際価格は2007~2009
年の比較で24~35パーセントも高くなると予測しています。
お米や小麦などは、私たちが生活する上で必ず食べるものなのではない
でしょうか。そういったものが高い値段で販売されるとなると、非常に
つらい話ですね。ニュースを耳にして気持ちが暗くなりました。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-02-28 11:58
北朝鮮を巡る動きが激しくなっていると思います。中東のデモを受けて、韓国軍
と北朝鮮関連団体は、中東の民主化デモの内容を伝えるビラを北朝鮮に 向けて
散布するというニュースがでています。韓国軍では、「世襲政権、独裁政権、長
期執権は滅びる」という内容のビラが北朝鮮に対して配布するこ とになってい
ます。中東の民主化デモなどの内容を伝える事によって、北朝鮮でも同様の動き
が発生するのでしょうか。これは気になるニュースです ね。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポンとの巡り合い
[PR]
by houdou-nippon | 2011-02-27 22:33
ある年代の方には、聞き覚えのある歌の歌詞、

雪が降るよ 止まずに昨日から 昨日から
約束を信じてた 約束を信じてた
 昨日の夢は・・・終わるよ

思い出された方もいらっしゃるでしょうか?
はるか遠い日のフォークソングです。

雪が降ると、なんとなく切なくて、色々な悲しい歌を
思い出したり、口ずさんだりしてしまいます。
純白な雪に埋もれたい、なんて考えた日も
ありましたっけ。

大人になったら、多少の悲しみも乗り越える術を
身に着けてしまいました。

で、今夜、東京は雪です。
センチメンタルな気分と平行して、明日の仕事のことなど
考えているのも現実ですね。

出勤時間にはやむのかな?
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポン コミュニケーション能力を養う/報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-02-25 23:06
以前、雑誌「国際ジャーナル」で「メタボリック」に関する記事が取り上げられていたように
思うのですが、先日の新聞記事で「メタボリックシンドローム」の適正な診断基準を検証して
いた厚生労働省研究班が2月9日に、診断の必須項目の腹囲の数値によって、心筋梗塞や脳梗塞
の発症の危険性を明確に判断できないとする大規模調査の結果をまとめたと、取り上げられて
いました。

現在の腹囲基準は男性85センチ以上、女性90センチ以上となっているようです。が、この基準
の科学的根拠を覆すもので、診断基準の見直しに影響しそうだということなのです。

そして、現在の診断基準は、腹囲に加えて血糖、脂質、血圧の3項目のうち2つ以上で異常があっ
た場合、「メタボリック」と診断されて、保健指導の対象となるそうです。しかし、他の先進国
に比べて男性の腹囲基準は厳しすぎる、女性の基準は逆に甘いと批判されていました。


研究班は、全国12か所の40~74歳の男女約3万1000人について、心筋梗塞、脳梗塞の発症と腹囲の
関連を調べたそうです。その結果、腹囲が大きくなるほど発症の危険性は増加しましたが、特定
の腹囲を超えると危険性が球に高まるという線引きは困難であることがわかったのだそうです。

ただ、今回の研究でも肥満の人ほど発症しやすい傾向に変わりないとのことです。現行の基準で
「メタボリック」と診断された人は、そうでない人に比べて発症の危険性は男性で1.44倍、女性
で1.53倍高かったそうです。
基準がどうであれ、「肥満」と診断された人は体に負担が大きいように私は思うのです。

人間健康が一番だと思います。健康診断で万が一、「メタボリック」と診断されたのであれば、
医師からのアドバイスを受ける必要があるかもしれませんね。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-02-25 12:35
全国の自殺者が13年連続で3万人を超えると新聞記事に載っていました。
以前、雑誌「現代画報」にも載っていたのですが「不景気」。この不景気も
影響していると思います。
30年以上、様々な悩みを抱える人たちの電話相談に乗ってきた「大阪自殺
防止センター」が存続の危機に直面しているのだそうです。
不況で収入が急減してしまい、このままでは2、3年後に活動停止に追い込まれる
見通しだということです。センター側は「救えるはずの命が失われかねない」と
して、2月12日に緊急の街頭募金を行ったそうです。
不景気を理由に自殺・・・以外にも様々な理由があると思います。電話相談ひとつ
で命が救われる事も多いはずですが、窓口がなくなってしまうとどうなるのでしょうか。
不安や悩みを抱えていて、誰にも相談できなくて困っている人はどこに相談すれば
いいのでしょう。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社.com|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
[PR]
by houdou-nippon | 2011-02-24 23:32
以前、雑誌「現代画報」で「携帯電話」に関する記事が紹介されていたように思うのですが、
今や日本に住んでいるほとんどの人が携帯を持つ時代になっているのではないでしょうか。
私の中では複雑な機能がついているものは苦手なので、電話とメールができればいいと思って
います。電話とメールができるだけでも、非常に便利なものだと思っています。

先日の新聞に、夫婦間のコミュニケーションとしてメールを利用する人が7割を超え、若い夫婦
では電話の通話よりメールのほうが多い事が、博報堂生活総合研究所の調査でわかったのだそう
です。

この調査は全国の20~69歳の既婚の男女計約2000人を対象にインターネットで行われたそうです。
情報通信サービスによる夫婦間のコミュニケーション手段を尋ねたところ、「電話の通話」が81
パーセントでトップ、次いで「メール」が73パーセント、年代別では20代の夫、20、30代の妻で
「メール」が9割を占め、「通話」を上回ったとのことです。60代でも「メール」は夫が50パーセ
ント、妻か42パーセントに上ったそうです。

また、メールに「絵文字」を使う人が多いと思うのですが、50、60代の夫の約4割が妻へのメール
で「絵文字」を使用していたという結果も出ているようです。
「絵文字」があることで、単に文章を送信するよりは感情がこもっているのかもしれません。

私もよく主人にメールを送ります。子供の参観日に行った際に、自分の子供が作成した作品を携帯
で写真を撮り、それを主人の携帯に送ったりもします。また、子供自身が「パパに写真送って」
という機会が増えてきましたので、よく利用しています。
メールでのコミュニケーションも大事かもしれませんが、やはり会話が一番大切かもしれません。




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
rex.xrea.nu
[PR]
by houdou-nippon | 2011-02-24 20:09
新聞に載っていた記事なのですが、全国に37か所ある「情緒障害児短期治療施設」の
全入所者1128人のうち、853人が虐待された経験を持つということが、ある
新聞社の取材で分かったのだそうです。
そして「虐待」については、以前に雑誌「現代画報」にも載っていたように記憶しています。
親が考えているように上手くいかない場合が多々あるのが「育児」だと思うのですが、
上手くいかないからと自分の子供に暴力を振るったり、食べ物を与えたりしないなど、
考えられない出来事が起きています。自分の子供は自分の命よりも大切なものだと思う
のですが、自分の感情をぶつけるところが子供ではないのです。
親としての自覚をしっかり持っていただきたいものですね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-02-24 11:04
2010年分所得税の確定申告の受付が2月16日に、全国の税務署などで
一斉に始まりました。この日の朝からテレビや新聞でも取り上げられていた
のです。俳優の高橋英樹さんご夫妻が、イータックスを利用して確定申告を
している様子がニュース番組で放送されていました。
自営業者や農家、年収2000万円超のサラリーマン、年金受給者などは
申告が必要だそうです。期間は3月15日までだそうです。
以前に私も税務署に行って確定申告をした記憶があるのですが、かなりの人で
混雑していたのを覚えています。確定申告が必要な人は、ぜひ税務署に足を
運んでくださいね。私は税務署の人間ではないのですが・・・。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-02-23 15:29
小田原市教育委員会が実施した小田原城周辺の発掘調査で、漆塗りの弓や鉛性の
鉄鉄砲などが見つかったそうです。16世紀に上杉謙信や武田信玄が小田原攻め
に使った武具の可能性があるということです。
有名な歴史人物に関しては、学校の授業やテレビドラマなどで存在を知ることが
できますが、その人たちが使っていた道具などがまだ残っていたというのは、
不思議な気持ちになりますね。「本当に存在していた人物なんだ」と改めて感じ
ます。有名な歴史人物がいたから、今の日本があるのかもしれない・・・そう
思うこともあります。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-02-23 11:26