ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

民主党に対して、地方では逆風が吹き始めた様です。岡田幹事長が集まった集会
では、帰れコールも起きてしまった様です。最近のニュースを見ている と、党
内の派閥争いなどが国民の間で一番目についている状況です。その中でマニフェ
ストに書かれた政策はなかなか実現せず、迷走を続ける民主党の 支持率は下が
る一方です。総選挙のうわさもありますが、地方における民主党への危機感は想
像以上に強いのかもしれません。今後の動きに注目したい と思います。



大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-03-08 16:39
アイルランドは財政危機によって政治的混乱が生じており、連立政権が崩壊して
政治的な混乱も続いていましたが、下院の総選挙の投票が行われていま す。今
後の欧州連合の政策にも影響があるでしょうか。ちょっと気になるところです。
金融不安を招いた与党である共和党の人気は急落している状況で すから、政権
交代が確実な情勢との予測もあります。今後のアイルランドの政局についても、
どのような情勢になっていくのか注目してみたいと思いま す。



国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-03-08 10:54
画家の岡本太郎さんといえば、かなり有名な人ではないでしょうか。
高島屋大阪店で約40年前まで飾られていた岡本太郎さんのモザイクタイル画
「ダンス」の修復が終ったそうです。そして、3月1日に7階レストランフロアの
ロビーで除幕式が行われたということです。
作品は常設展示して一般に公開されるそうです。
この様子はテレビでも放送されていました。
私はテレビ画面を通じてしか見たことがないのですが、「迫力がある」というのが
まず最初の感想でした。
大阪には「太陽の塔」という有名な塔がありますが、いつになっても残っている
作品を作っておられたんですね。これからも残り続ける作品になることでしょう。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
mio.weblog.vc
[PR]
by houdou-nippon | 2011-03-08 00:20
2月14日は「バレンタインデー」でした。東京都内の百貨店などでは
チョコレートを買い求める人の姿が目立ったそうです。
その売り上げの一部を子供たちの支援にあてるという「寄付チョコ」も
人気を集めたということでした。
ある大手百貨店で販売されているチョコレートで1箱2625円のうち、
約400円が、自動養護施設などの子供を支援するNPO法人の活動資金
にあてられるそうです。ある百貨店の店員のインタビューが新聞に載って
いたのですが「タイガーマスク現象もあって、誰かの助けになりたいという
気持ちの人が多いようです」と話していました。
最近、全国各地で「タイガーマスク」がランドセルや現金などの贈り物を
したというニュースが取り上げられていました。
「人のために」という気持ちがあるこの国は、とても素敵な国ですね。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-03-07 16:08
「忠犬ハチ公」の存在を知っている人は、多いのではないでしょうか。
ドラマになったり、映画になったりと今でもハチ公の話は受け継がれているように
思います。
先日の新聞に載っていた記事です。ハチ公は最後死んでしまうのですが、死因の
一つが「がん」だったということが、東京大学大学院の教授らの調査で分かったそう
なのです。
ハチ公の死因は寄生虫病の「フィラリア」とされてきたそうですが、今回調査を行った
教授は「フィラリア、がんとも重篤。どちらが主因でもおかしくない」と話している
そうです。この記事を目にして大変驚きました。
ハチ公は、1935年に死んでしまいました。それから月日はかなり経っていますが
今でも語り継がれている話です。これからもこの話は途絶えることなく受け継がれて
ほしいですね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社|報道ニッポン
[PR]
by houdou-nippon | 2011-03-06 00:05
ニュージーランドのクライストチャーチで、大きな地震が起きたことは
新聞やテレビでも毎日のように報道されています。
安否確認が取れない人が多くいる中、救出活動が懸命に続けられているのです。
そんな中、街の治安の悪化に神経をとがらせているそうなのです。
新聞記事によると、耐震診断士を名乗る不審者が家屋を訪問して、空き巣の通報
が相次いでいるということなのです。多くの人が被災されている中、どうして
このようなひどいことが起きるのでしょうか。
阪神淡路大震災が起きた時にも、空き巣が多く入ったというニュースをテレビで
耳にしました。人の気持ちを考えずに自分のことだけを考える、このようなひどい
人は心の底から許せません。状況をしっかり把握してほしいですね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポンで取材されました
[PR]
by houdou-nippon | 2011-03-05 00:41
衆議院が2月24日の本会議で、菅政権が今国会の最重要法案として位置づけている
「子ども手当」法案の提案理由説明と質疑を行いました。
菅首相の話ですと2011年度については、3歳児未満は2万円に引き上げる案を提示
しているのですが、これ以降については現金給付。ともに、現物給付をさらに充実させる
ことが重要だということでした。
ちなみに、私の周りの育児中の知人と話をすると「子ども手当はなくなるかもね」という
予想を勝手にしています。ところが、この子ども手当で幼稚園代や保育園代を支払っている
家庭が、私の周りではほとんどです。また、小学校入学にあたり、ランドセルや制服、物品
などの購入を子ども手当から使っている人が多いのです。
確かに待機児童ゼロという目標は、とても重要なことです。が、今まで支給していたものを
短期間でなくすというのは、国民からどのような意見がでるでしょうか。
特に、子どもを持つ親はどう思うでしょうか。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-03-04 19:46
楽天の三木谷会長兼社長が、ある新聞の単独インタビューに応じたそうです。
ネット上のショッピングモール「仮想モール」事業を早ければ年内にも
ドイツと英国で展開する方針を明らかにしたのです。
海外進出を加速させて、現在3兆円の取扱高を今後約15年間で10倍の
30兆円に増やすことを目指すそうです。
楽天で、買い物を楽しんでいるという人は多いのではないでしょうか。
品揃えが豊富で、しかも安く購入できることも多々あります。
私の知人は何かあれば「楽天で買った」という声を頻繁に聞きます。
ネット通販とは、非常に便利で家でくつろぎながら買い物ができるという
感じがします。我が家でも頻繁にネット通販を利用することがあるのですが、
いつも感じるのは「便利だなぁ」ということです。
その裏に「情報漏れ」などの不安はあるのですが・・・。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-03-04 16:02
日本の空を支えてきた日航ですが、経営再建の動きの中で、複数の企業に打診し
ていた出資要請に対して動きがあった様です。この支援要請に対して、 東京海
上日動火災などの損害保険会社大手、JTBなど旅行大手も応じる方針であると
の報道が行われています。今後の動きに影響を与えそうですね。 日航の再建を
手がける稲盛和夫会長ですが、出身母体の京セラや、大和証券グループ本社を中
心として、500億円規模の増資を想定したが、あまりう まくは進んでいない
様です。最終的に京セラなど計8社が、合計で100億~200億円を引き受け
るとの見通しになっています。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報
[PR]
by houdou-nippon | 2011-03-03 15:33
最近のNECにはいろいろと動きがありますが、2011年3月期の業績予想が
下方修正になるというニュースがありました。最終利益は予想に比べて 150
億円減のゼロという事です。これはあまり調子が良くないという事でしょうか。
原因としては、企業による情報技術投資の先行きが不透明なこと に加えて、ス
マートフォンの投入遅れで携帯電話端末事業の売り上げが落ち込んだことがある
ようです。これからの立て直しを含めて、NECの動向に は注目してみたいと思い
ます。



報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報を見つけて
[PR]
by houdou-nippon | 2011-03-03 00:19