ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2011年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧

「お気に入りの鉛筆や消しゴム、ノートを被災地の子供たちに使ってほしい」と、
小中学生の思いがぎっしり詰まった学用品が大阪府豊中市の学校から、宮城県、
福島県の学校に届けられたそうです。
市内の約50小中学校が協力して、各地から寄せられたのはアニメキャラクターの
書かれたノートや香りつきの消しゴムなどダンボール138箱分だということです。
やはり子供たちが欲しいものは、子供たちが一番よく知っているのですね。
「震災」に関する記事が以前、雑誌「現代画報」にも載っていたように思いますが、
自分の身にいつ降りかかるかわからない震災。大変な思いをしている地域に協力
するのは当然かもしれませんが、それを利用した悪質な犯罪が起きていることは
許せない話です。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-24 14:26
東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所事故をうけ、災害派遣活動に

携わる自衛隊員の「災害派遣等手当」と「死体処理手当」ですが、それぞれ

2倍に引き上げます。



原発事故の災害派遣等手当、“活動区域と原発からの距離に応じてさらに上乗せ”、

“原発敷地内の活動は約13倍の1日4万2000円”。



他にも、自衛隊の本来の任務ではないという、遺体の搬送や埋葬も支給対象。

震災が発生した3月11日にさかのぼっり適用するそうです。

 




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
press-blog.org | 報道ニッポン | 報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-24 09:59
今年も開催されたサラリーマン川柳、みなさんご覧になりましたかっ!?ググってみると、すぐに見ることができますが、中でもトップ10の川柳は本当に噴き出して笑ってしまうようなものが多かったですよ!私的には、「クレームも、社員じゃわからんパート出せ」「指舐めて、ページをめくる、ipad」が笑えました!

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
現代画報社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-23 10:52
新聞に載っていた記事なのですが5月15日の夕方に、埼玉県の70代女性から
119番通報があったそうです。内容は「お茶を飲んだ人が気分が悪いと訴えている」
というものでした。
消防隊員が駆けつけると、通報した女性と友人の70代女性が居間で倒れていたそう
なのです。2人とも病院に運ばれたそうですが、友人の女性は意識不明の重体、そして
通報した女性は意識はあるものの重症だそうです。
警察によると、居間のテーブルには市販のお茶のラベルがついたペットボトルが置かれ
ていたそうですが、中には黄色い殺虫剤が入っていたというのです。
私は大変驚きました。なぜ、このようなことがおきたのでしょうか。新聞には「お茶
と間違えて飲んだとみて調べている」と書かれていましたが、お茶のラベルがついて
いたというのが私には不思議でなりません。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年12月号のご案内 | 現代画報社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-22 22:32
東京電力の清水正孝社長が原発事故の責任を取り辞任後、後任には

築舘勝利常任監査役が充たるようです。



2011年3月期連結決算では、東日本大震災による福島第一原子力

発電所の事故などで、税引き後利益が東電として過去最大となる、

1・5兆円規模の赤字となることがわかりました。



巨額の赤字となった決算、資産売却などのリストラ策を20日の午後に

発表するようですが、まだ国民が納得できる、十分なリストラとはいえ

ません。

それにまだ保養所を手放していなかったのですか・・・対応が遅すぎます。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-22 12:05
パイレーツ・オブ・カリビアンの映画を見に行く予定の人、ジャック・スパロウの新作が早く見たくてうずうずされているのでは?ちばみに5月14日に開催された第64回カンヌ国際映画祭では、パイレーツ・オブ・カリビアンが招待上映されていたそうですよ。いいなあ、みたい!そこで、ジョニー・デップとペネロペ・クルスがレッドカーペットに登場すると、カンヌの街は熱狂の渦に包まれたのだとか。あたりまえだ~!みたいぞ、本物の二人!

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
経済情報誌 報道ニッポン 2009年4月号のご案内 | 報道通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-22 10:56
ココリコファンの方、お笑いファンの方であれば、ココリコの遠藤といえば、タレントの千秋さんと離婚されたよなあと記憶されていらっしゃる方も多いのでは?その遠藤さんが、熱愛発覚ということですよ~!お相手は、関根勉さんのマネージャーさんなんだそうで、元奥さんの千秋さんからは、幸せを願うコメントが発表されているようです。

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
yopの国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-21 17:53
山崎製パンが、7月1日の出荷分からパン製品に一部の和洋菓子の

価格について、平均で5%引き上げると発表しました。

値上げは2008年5月以来、約3年ぶりになります。



最大手の値上げで
輸入小麦の政府売り渡し価格が4月から引き上げられ、また、砂糖、

卵、油脂類などの原材料価格も相次いで上昇しているのが要因なよう。



山崎パンが値上げをすることで、他の製パン会社も追随の可能性も

ありそうですので、値上げ後の価格状況をみながらも、今回こそは

ホームベーカリーの購入を検討しようと思いました。




ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-19 10:00
国家公務員給与について、2013年度まで1割カットを基本にすると、

片山善博総務相が閣議後会見で述べました。

バブルの時代は給料があがらず、そんな給料でよくやっているなぁと、

周りから言われつつも働き続けていたのに、不景気になると公務員の

給料を減らせと言われる。



そして今回、震災の影響をうけてでしょうか・・・



しかし、超勤手当も満額でない公務員の減給より、議員削減や政府の

報酬全面カットの方が、先ではないでしょうかね?


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報 取材
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-18 23:30
お笑いコンビ「ライセンス」の藤原一裕さんが、バラエティー番組の収録中に
左膝のじん帯を損傷したのだそうです。全治6か月だということです。
オリジナルのスポーツゲーム中にジャンプして着地した際に、左膝を打ったと
いうことです。
お笑い芸人さんといえば、ゲームなどでも派手な動きをすることで面白く
見えることがあるのですが、一歩間違えると大怪我につながってしまうことが
ありますね。くれぐれも体を大切にしていただきたいと思います。
最近、体調を崩す芸人さんの話題も報道されています。
体調管理、十分にご注意ください・・・という気持ちです。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-18 10:02