ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2011年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧

5月2日のお昼頃に、広島市中区の路上でイノシシが歩いているのに通行人が気付いて
警察に通報したそうです。
このイノシシは近くにいた1歳の男の子とその子の母親、捕まえようとした男性警察官
4人の足をかんだり体当たりするなどしたそうです。みなさん軽傷ですんだそうです。
警察の発表によると、このイノシシは体長が約1メートルだそうです。近くの川を泳ぐ
などして逃げたそうですが、約4時間後に見つかったところで殺処分されたそうです。
「動物」に関する記事が国際通信社から発行されている雑誌に様々な内容で載っていると
思うのですが、昨年も熊やイノシシやサルなどが街中に出没したというニュースが大きく
報道されました。今年もやはり自然に餌がなく、街中に出没するのでしょうか。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-06 10:18
またしても千葉県か…



東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故を受けて、福島県南相馬市から

千葉県に避難してきた男子児童。

千葉県内の小学校への転入手続きの際、教師から福島県から来たことを隠すか

と聞かれたそうです。

母親は、隠さなくてもいいと答えた。

そして、男児の席は教卓の前、なんと!左右は空席。



教師がそのような対応を取るということは、子ども達にどれだけ多大な影響を

与えるのか、誰でもわかることだと思いますが、わからない人もいるのですね、

悲しいです・・・


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
weblog.cms.am
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-05 12:55
東京都石原都知事の”自動販売機撤去やパチンコ屋は要らない”と言った、

発言が大きな話題となっていますね。



どちらも必要がないと言えば、必要ありません。



営業している店の前や中に自動販売機は必要を感じませんので、

店がないなどの施設等、必要なところにだけ設置されればいいと思います。



パチンコ屋、商品を換金できるというシステムは、違法ですよね?

パチンコ会社で換金できないから、外に店を作って換金させているはず。

パチンコを経営するのは構いませんが、違法ギャンブルともいわれている

部分は、法律で禁止にするべきです。



国が動かないのであれば、国民が動けばいい!

自動販売機で物を買わない、パチンコ屋にいかない。

そうすれば一目了然ではないでしょうか・・・


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン再発見
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-04 19:17
テレビや新聞に大相撲に関する話題が大きく取り上げられています。
今は八百長問題に関することが多いのではないでしょうか。
そんな中、日本相撲協会の親方が4月18日の夜に酒気帯び運転で
警視庁に摘発されていたことが分かったのだと新聞に載っていました。
警視庁はこの親方を近く道交法違反容疑で書類送検する方針だという
ことです。
これに関しても、また問題となってテレビや新聞でも取り上げられる
のでしょうか。今、ファンの人たちが相撲を楽しみに待っています。
テレビで取り組みが放送されるのを待っている人が多いとテレビで
聞きました。
ファンの人を悲しませるようなことをするのはやめていただきたいと
私は思います。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル 国際通信社発刊
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-04 11:46
昨日18日、経済産業省原子力安全保安院が、福島第1原発の1~3号機は核燃料の溶融
を認めました。

しかし、3月12日の時点で、中村審議官は炉心溶融が起きている可能性が高いと示唆
しています。

ところがその会見を受け、菅首相と枝野官房長官は「国民に不安を与えた」と、中村
審議官を更迭しました。

今、記者会見で毎日のように見かける西山審議官は、東大法学部卒ときいていますの
で、専門性は極めて薄い方。

やはり記者会見は、経験や知識のある中村審議官での対応をお願いします。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
needle.coresv.net
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-03 23:45
当初の予定から開幕が延長となっていたプロ野球も、ようやく開幕になります。
計画停電などの影響によって、ナイターの開催ができなかったり、試合 時間の
規定が見直しになっていますが、やはり国民に人気のあるスポーツとして、プロ
野球を心待ちにしていた人も多いと思います。選手の皆さんにつ いては、この
ような状況で大変な面もあると思いますが、一生懸命頑張って、よいプレーを見
せてもらいたいところです。そのことが日本全体の明るさ につながるといいで
すね。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
マッサージ 大阪
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-02 23:47
過去の教訓が生きた例といったら、新幹線のようです。東北関東大震災発生から、なんと50日という日数で東北新幹線は全線復旧。これは、もともと過去の震災時に高架橋の橋脚やトンネルの耐震補強を進めていたために、重大な被害を免れることができたのだとか。ちなみに、阪神大震災では81日かかったそうですし、新潟の中越地震では66日かかったそうですから、過去の教訓が生きたといえると思いますよね!ただし、停電のトラブルだけは回避できてないようです。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-02 10:16
東日本大震災によって、日本の製造業も大きな打撃を受けています。特に、東北
地方の工場については、操業へのめどが立たないところもあり、これか らの長
期的な悪影響が心配されるところです。この影響については、日本国内の製造業
だけではなく、世界各地の製造業について大きな影響を与えてい ます。自動車
メーカーについては、大幅な減産を余儀なくされているメーカーがあります。い
ずれにしても、早急な対策が必要となってくるでしょう。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-05-01 10:57