ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2011年 06月 ( 50 )   > この月の画像一覧

アメリカの景気回復が鈍っていますが、アメリカ国民も「海外への関与の縮小」
を求めているそうです。これは、アメリカCNNテレビの最近の世論調 査で発
表されていますが、アフガン戦争について「勝利しつつある」が過去最高水準の
47%になっています。「完全撤退」賛成も2年前の23%から 39%に増加
しています。「7月撤退開始」を公約するオバマ大統領にとって、今がアフガニ
スタンからの撤退を始める好機なのかもしれません。



報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報
[PR]
by houdou-nippon | 2011-06-30 10:37
今は復興で大変な時期ですが、国会会期の大幅延長は当然の話なのでしょうか。
そうであれば、野党がここまで反対する理由はどこにあるか知りたいと ころで
す。菅直人首相と民主党執行部の間では、会期末前夜に延長を8月末までとする
ことなどで一致しています。しかしながら与党内だけでなく与野 党間の駆け引
きばかりが報道の中心となっており、正に政治不在を国民に対して見せているの
ではないかと思います。今後の改善を期待したいです。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
[PR]
by houdou-nippon | 2011-06-29 10:49
国際ジャーナルの特集はジェネリック医薬品の話ですね。ジェネリック医薬品に対して、偏見を持っているわけではありませんが、数年前から、医者にかかって薬が出るたびに保険会社の「ジェネリック医薬品に移行してください」という郵便物が届くのは、少々鬱陶しいです。価格が随分違うので保険会社が一々言ってくるのは仕方ないとは思います。かかりつけの先生に「ジェネリックにしてもらえますか」と一言お願いすれば済むのですが、病気のときはそういうことにまで頭が働かないのか、保険会社の手紙が来てから気がつくんですよねえ。よく処方してもらう薬はジェネリックだと幾らぐらい安くなるのか、日本ジェネリック医薬品学会が運営するサイトでちょっと調べてみたら・・・半額以下でしたよ。なんだこの違いは!開発費が上乗せされないだけでこんなに安くなるなんて、驚きました。記事の中で、「既存の製品とジェネリックとの競合が進んでいることから、今後の製薬市場は、収益が10分の1になるとも言われている」とありましたが、そこまで落ち込む理由が良く分かりました。そして、ジェネリックがあまり一般化されていない理由も。私たち患者であり消費者が、薬に対する考え方を変えていく時代になったと言えるでしょう。





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報
[PR]
by houdou-nippon | 2011-06-28 15:11
世界的に先進国は財政再建に向けた舵取りを始めてい ます。最近のニュースをみていると、そのような感想を持つ人が多いのではないかと思います。日本でも、日銀が今年度の実質成長率見通しを上方 修正しています。経済
が上向きになれば、税収も増えますので、財政再建にとっては明るい話題であると思います。これからの日本の景気については、

国際ジャーナルでも充分に注意してもらいたいところです。マスコミの与える影響は、かなり大きいのではないかと思います。景気拡大に向け た好循環を作り出すためにはどうすればいいでしょ
うか。これはとても難しい問題です。中国などの好調な新興国経済が支えなのでしょうか。日本 におけるデフレ経済から脱却する方法はあるのでしょうか。政治の役割も
大きいと思います。日本経済をなんとか安定した軌道に乗せるため、引き 続き各方面の努力と協力が必要になっていると思います。その中でも、政府としては日銀の役割が大きいと思います。一部の企業はリーマン・ ショック後に抑
えていた設備投資に踏み切り始めているという報道もありますので、これらの芽を育てていくような金融政策がいまこそ望まれてい ると思います。引き続き注目していきたいと思います。






国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポン
[PR]
by houdou-nippon | 2011-06-28 10:32
最近、お気に入りの皿を割ってしまい、凹んでます。。お気に入りの皿はスウェーデンのインテリアブランド・IKEAのものでした。めちゃくちゃ重宝してたのに~!やはり食器は美しさだけでなく、シンプルで使い勝手良くて、いつでも買えるものが良いのです(よく割る人間にとってはいつでも買えるって大事)。IKEAの商品は皿に限らず、全てがシンプルであり、価格へのチャレンジにあふれています。これで○○円?!とびっくりするようなクオリティとプライスは、IKEAの顔です。
現代画報に「現代に生きる心と技 先人の足跡 イングヴァル・カンプラード」という記事が出ていて、この人って誰?と思ったら、IKEAの創業者でした。知らなかった。。確かにIKEAのビジネススタイルは日本人にとっては新鮮なものだし、魅力的ですよね。売り場を一通にする、大量の目玉商品を売り場のコーナーにしつらえる、商品は倉庫から直接客が持ち出すシステムにして、ラッピング無し、客に買い物袋を持参させて宅配サービスは有料にする、などの徹底したコストダウンの姿勢は、なかなか根性入ってるなあと思います。コストを抑えて、良いものを提供するということにこだわってる結果なんですよね~。倉庫はかなりうら寂しいけれど(苦笑)。あー 早く 食器を買いに行きたい!でもきっと食器だけじゃ済まない・・ソフトクリームも食べたいなあ。すっかりIKEAの術中にはまってます。。




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-06-27 11:36
連休の間、ダンナのつきあい酒で呑み過ぎて肝臓がなんとなく重たかったのですが、休み明けからのいつもの主婦気まま生活に戻したらすっかり調子が良くなりました。つきあい酒と言っても、ビールを少しとワインだけです。大学生のころは焼酎や日本酒も平気だったのになあ。まあ 「盛り上げるためだけ」の安い合成酒だったので、味もへったくれもないのですが。
今は正月しか日本酒を呑みません。良いものを少しだけ。鯛の塩焼きやお煮しめ、かまぼこやロースハムと一緒にゆっくりゆっくり呑むと、日本酒も美味しいなあ悪くないなあと思います。報道通信社の報道ニッポン5月号に日本酒の魅力に迫る記事が載っていて、日本酒の世界の奥深さを紹介していますね。私は冷でしか呑まないのですが、本の中で登場する酒宴のシーンや通の人が語る熱燗の美味しそうな話は、ちょっと呑んでみたいなと思わせるものがあります。日本酒好きの知り合いが言うには、熱燗は寝酒に呑むのが一番美味しいとか。その人は30過ぎの可愛らしい顔をした女性なんですよ~。とても呑ん兵衛には見えない!彼女にしてみると、ワインでは物足りないそうです。いや それはワインを知らないからだ、と思うのですが、かく言う自分は日本酒を知らないんだよなあと思い直しました。まだ夜はひんやりしますから、休みの前の日にでも熱燗を試してみようかな。休みの前ってところが情けないけど。。いやあ 日本酒は上級者の酒、大人の酒ですね。





ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
報道ニッポン | 報道通信社 | 詐欺に騙されやすい人とは
[PR]
by houdou-nippon | 2011-06-26 12:16
茨城県が海開きを前に、開設予定の県内全17カ所の海水浴場で、

海水の放射性物質濃度及び砂浜の放射線量を検査しました。

結果は、十分低い値で問題ないと・・・



報告では、ヨウ素やセシウムなどは海水から検出なし、砂浜の

放射線量は1時間当たり0.05~0.14マイクロシーベルト。



砂浜について基準値がないため文部科学省が設定した、学校の校庭の

土に対する放射線量の基準値である、1時間当たり1マイクロシーベルト

を参考にして判断したそうです。



後は個人の判断によるのでしょうか・・・ 






大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル/報道ニッポン/現代画報
[PR]
by houdou-nippon | 2011-06-25 08:55
関西空港の旅客ターミナルに、昨年の3月に撤退していたハンバーガーチェーンの
マクドナルドが10月末に24時間営業で再出店するのだそうです。新聞記事に
載っていました。「24時間空港」として運営されているのが関西空港ですが、
24時間営業の飲食店はターミナル内で初めてだということなのです。関空会社は
「国際ブランドの店が客を出迎えてくれれば、空港も活気づくはず」と期待している
そうです。
ますます活気づいて、そして大阪が活気づいて、そして日本全国が活気づくことを
期待しています。そして被災地では1日も早く復興することを願っています。
今の日本には「元気」がないように思います。ぜひ、明るく元気な日本にしたい
ですね。


ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
国際ジャーナルで読み解く
[PR]
by houdou-nippon | 2011-06-24 00:56
夏、苦手です。暑いのはホントにダメです。スポーツで流す汗ならいいけど、ただ暑くてひたすらダラダラかく汗、化粧が崩れていくのを実感しながらドロドロとかく汗は嫌いだ!梅雨も苦手だけど、息をするのも辛くなる酷暑は勘弁してもらいたいです。ああ 梅雨明けが恐ろしい。。でも、ここ数年、暑くて体がだるいよりも、エアコンで体がだるい方が辛くなってきました。。つけっぱなしで寝た翌朝なんてアナタ、体中の関節が痺れるような感覚に襲われて堪らんのですよ!関西出身の両親の下、暑けりゃ即エアコンのスイッチオンの家で育ってきたのに。。歳だ、歳。この痺ればっかりは歳を取ったせいだなあと思います(トホ)。エアコンに負けるようでは、今夏は夏バテしちゃいそうですよ(トホホ)。
現代画報7月号に「夏の病に打ち勝つ」という記事が載ってますが、夏の病というとすぐ思い浮かぶのは熱中症よりも、夏バテです。夏バテって馬鹿に出来ないんですよね~。慢性的な睡眠不足、食欲減退、倦怠感、うつ症状・・何をしても体がだるいっていうのはホントにきつい。夏バテでご飯が食べられなくてダイエットになるからラッキーとは思えないです。何しろ食べないと体力が落ちて、何をしても楽しめないですから。今から夏バテに注意しとかないと!食べるぞ!いや梅雨の間食べちゃったら太りますね。。





国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-06-23 14:50
日本は最近中国に追い上げられていますが、経済大国としての実力
は、世界的にも評価されているのではないかと思います。戦後の日本は驚異的な
発展を遂げました。これはアメリカ人などから見ても驚きだったのではないかと
思います。国際ジャーナルでも、日本の経済的な発展の歴史観を分析してもらい
たいところです。ところが、最近の日本はどうでしょうか?社会的な問題が蔓延
しており、閉塞感のある社会ではないかと思います。世界からみた日本の今の姿
は「自分を失った日本」なのかもしれません。そのような意見もよく目にしま
す。例えばトヨタのリコール問題もその一つかもしれませんね。これは歴史を振
り返れば、今までもあったことかもしれません。ですから、これからの日本にお
いても、新しいチャンスがやってくる可能性もあります。もともと製造業で世界
的に発展してきた日本ですから、製造業が弱くなると不安になるのかもしれませ
んが、いまこそ新しい産業を育てていくのがとても重要ではないかと思います。
そのためには何が必要なのでしょうか。これについては、国際ジャーナルでも、
充分に検討した上で、新しい展望を見せてもらいたいところではないかと感じて
います。







国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-06-22 20:47