ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2011年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

最近生肉によって大変な事件が起きた日本、厚生労働省は生肉による食中毒問題で新たな基準を作ろうとしているようです。なんでも6月28日には、生レバーの販売を禁止する案が提案されたそうですよ。生レバーがお好きな方には残念なものかもしれませんが、一応、厚労省は衛生基準を満たしていたとしても提供しないように指導しているのが現状のようです。 まだ現時点では提案ですが、これから食中毒のデータを基に法律で生レバーの販売を規制するか検討していくそうです。

加えて友人は東京 投資信託に携わる仕事をしている為、色々なところに顔を出すことが多いようです。
他にも富士山の景色に癒されるらしく、仕事がなければ静岡 賃貸マンションを探して住もうとしていたくらい好きなのだそうです。
どうやら友人よりも早くお店に着いてしまったので、お店にあった国際ジャーナル 雑誌を読んで待つことにしました。
ザヒューマンを発行する現代画報社は、大阪市西区立売堀1-7-18にあり、電話番号、06-6536-2529です。
話の流れで、友人の叔父の話になったのですが、友人の叔父も株をやっているそうです。
友人に話している方が居るそうで、その方の為に下調べをしている最中だと話しておりました。
私はまだ報道ニッポン 月刊誌を読んではいないのですが、もしも読むのであれば職人記事を読みたいです。
またあまり耳にする機会の少ないリニューアル仲介という話に関しても教えてもらいましたが、なんでもリフォームと物件代金が一緒に住宅ローン 大阪で支払えることだと感じました。
一度はザ・ヒューマン 特集に掲載をお願いすることになりました。
なので今一番注目しているのが、職場の近くにあるラトゥール 代官山だそうです。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-07-12 11:42
自分の子供を名門の幼稚園にいれたいがために、3500万円も払っちゃう親がいるんですねえと、そっちにビックリしたニュースです。なんでも、青山学院幼稚園の裏口入園を持ち掛け、お金をだまし取ったとして詐欺の疑いで、川崎市の経営コンサルタント会社社長、冨田一哉容疑者が逮捕されたそうです。が、本人は「うその話をして金をだまし取ったことはない」と否認しているのだそう。この事件が起こったのは平成20年5、6月だそうで、東京都渋谷区在住の不動産会社社長の男性に裏口入園を持ち掛け、計3500万円をだまし取ったのだそう。ところが男性の長女は20年の11月に青学幼稚園の入試を受験したが不合格になり、犯行が発覚したそう。普通に合格していれば、わからなかった犯罪かも?!

自宅で出来る太陽光発電をメンテナンスを怠らない事が更に効果を期待出来る要素になるそうです。
大阪以外ですと不動産 大阪 賃貸でも良さそうな賃貸を見つけたそうで、一度話を聞いてみてから決めるかもしれないと話していました。
例えば塗装がどのように行われるのかであったり、塗装の家の手入れに関する事やリフォームの口コミ情報にも詳しいので周囲の方に教える事も少なくないそうです。
色々な美容の話題に明るいその方にマッサージ 大阪のサービスのお店は無いかと尋ねたい気持ちになりました。
本棚には、雑誌がたくさんありましたが、私はそのなかのザ・ヒューマンを手に取りました。
友人のお祖母さんがいい賃貸がないかと聞いてきたそうで、本人の体調も考えて部件検索 大阪で探すことになるかもしれないと話していました。
気が早いと感じましたが、今からアロマを購入して置こうかと考えているそうです。
友人が調べた中で一番条件の良かった口コミです。
今年中に一度報道通信社の取材の機会があるそうで、その際にはいろいろと話したいいと考えているらしく、楽しみにしているようです。
また、友人は学生時代に国際ジャーナルを購読していたそうなのですが今でもその思い出話を聞かせてくれます。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-07-11 11:44
「トイレの神様」以来、幅広い年代のファンを獲得し、現在も活躍を広げている歌手の植村花菜さん。現在、「ACORSTIC TOUR2011 あなたの街におジャマします」ツアーの最中だったのですが、なんと虫垂炎になってしまったのだとか。もちろん、このツアーはキャンセルとなりましたよ。中止になってしまったツアーは、7月3日の石川県立音楽堂などを含む4公演だそうで、公式ホームページには、「公演を楽しみにしていただいた皆様には深くお詫び申し上げます」と発表しています。
対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気取材企画「地域に生きる人と企業」が国際通信社 ビジネスの参考になりました。
その家にはリフォーム 大阪">リフォーム 大阪">リフォーム 大阪">リフォーム 大阪が施されており、エコを意識した内装になっていたそうです。
アロマの香りが日常を忘れさせてくれるアロママッサージは、リラックスしてひとときをすごして頂けます。
異業種交流会に参加したいと考えているそうで、その為の下見に行こうかと検討している最中のようです。
コマンドマガジンで有名な国際通信社 歴史ものの雑誌は多くの方から支持を頂いております。
都内にも関わらず緑が比較的多く駅にも近い中野 賃貸マンションに
友人の話を聞いて口コミで良い場所が見つかればと思い、少しですが国際通信社の雑誌で調べた内容を教えました。
またあまり耳にする機会の少ないリニューアル仲介という話に関しても教えてもらいましたが、なんでもリフォームと物件代金が一緒に住宅ローン 大阪で支払えることだと感じました。
シェアハウスは敷金礼金なしで入居でき、共用スペースでテレビを見たりゲームをしたり、ビリヤードを楽しんだり共同生活とプライベート生活を
現代画報社グループは、経済誌を手に取りました。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-07-08 12:10
これからの被災地の動向について、特に原発事故で立ち入りが制限される警戒区
域への一時帰宅にも目配りが必要となってくると思います。実際のとこ ろ住民
は防護服を着用するが、蒸し暑さは大敵です。夏に向けて自治体側は住民と相談
して、猛暑日は無理しないという考え方も、今後は必要になって くると言える
でしょう。電力の供給も難しい状況となっていますが、なんとか住民の協力に
よって、この状況を乗り越えていかなくてはならないと思い ます。





これまでの月刊誌とは違ったザ・ヒューマンは、今までの雑誌ではつけられない価値という方に向いているそうです。
大阪ということもあり、国際通信社 歴史ものの雑誌もありましたが、値段が安いだけでなく内容の充実ぶりに驚いたものです。
友人は運転免許を取得する際に大宮自動車教習所で開催している合宿免許を利用したのだそうです。
最近はネット証券 投資信託についてレポートをまとめてみたり、
この情報の中でアロママッサージ 大阪で紹介されるマッサージが 友人の感性に合っていたそうです。
また、普段から国際ジャーナル 雑誌を読むなどして日経平均先物についても勉強しています。
前々から気になっていた若返り美容法として名高いアンチエイジング 東京の
インターネットでも話題になっているのが良さそうですね。
緑色の表紙が雑誌の名前と合っていて爽快感を感じますね。
昔から親友はビジネス雑誌などで猛勉強中とのことで、報道ニッポン 報道通信社がオススメだと話していました。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-07-06 11:19
2014年冬季ソチ五輪で6大会連続出場を目指すスピードスケート女子の岡崎朋美さん。
岡崎さんは昨年の12月に第1子を出産したそうです。新聞に産後半年の岡崎さんの写真が
載っていましたが、「本当に出産したの」と目を疑うほどのスリムな体系に戻っていました。
2014のオリンピックに出場となると「ママスケーター」として活躍されることになります。
そしてぜひ6大会連続出場を現実のものとしてほしいですね。
きっと今も練習やトレーニングに力を入れていることでしょう。
全国に小さなお子さんを育てているお母さんは多くいます。
そんなお母さんたちに勇気や元気を与えてくれるようなスケートをぜひ見せてほしいと
心から願っています。頑張ってください。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-07-05 11:03
2002年夏に発覚した福島第1、第2原発や柏崎刈羽原発でのトラブル隠しが
最近になって思い出される事件です。このときですが、東電は安全管理 に関す
るガバナンスの欠如を厳しく批判された筈です。その教訓はどうなったのでしょ
うか。原発事業は専門性が高く、閉鎖的・排他的になりがちな分 野かもしれま
せん。ですから、積極的に情報を公開する必要があります。社会のインフラとし
て、なによりも安全性に充分注意する必要があると思いま す。



国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
[PR]
by houdou-nippon | 2011-07-04 11:09
今の日本において、これからの税制をどのようにするかがポイントになっていま
すが、デフレ下で増税はできない、被災地復興に水を差す、などの論評 もマス
コミで書かれています。また、菅首相のもとで決めるべきでないというのが民主
党や自民党の意見でしょうか。しかし、理由はいろいろあります が、日本の社
会保障や財政の現状や先行きに対する考え方が、目先の利益ばかりになっている
のではないかと思います。長期的な視野が求められていま す。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
lua.weblog.am
[PR]
by houdou-nippon | 2011-07-03 09:42
時代はここまできたか、というニュースです。なんでも、ローマ法王であるベネディクト16世が、6月28日に「ツイッター」で書き込みしたそうです!ツイートしたくなる!?これは、バチカン市国のポータルサイトの立ち上げを告知するための書き込みだったそうで、べネディクト16世の側近らに操作を教わりながら、「主イエス・キリストをたたえましょう。祈りと祝福を込めて」などと「アイパッド」からメッセージを送ったそうです。かっこいい~!

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか?
[PR]
by houdou-nippon | 2011-07-02 12:06
原発を保有する9電力会社のうち東電や、政府の要請で停止した浜岡原発を抱え
る中部電力など6社では、脱原発を求める株主提案が発生しています。 これは
どのように考えればいいのでしょうか。実際のところ議決権行使助言会社が機関
投資家に対して、原発リスクが大きすぎるという意見を述べてお り、脱原発提
案に賛成するよう助言する動きもあったそうです。このような動きの中で、単な
る一企業の問題ではなく、日本全体として考えるべきかも しれません。





国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報
[PR]
by houdou-nippon | 2011-07-01 11:12