ニッポンのいい出会いを求めて地域を取材。


by houdou-nippon

<   2011年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

新聞に載っていた記事ですが、ファミリーマートが人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズに
登場する人気キャラクター「スライム」をかたどった肉まんを100万食限定で発売したそうです。
ドラゴンクエストのファンだという人には「スライム」と聞いただけでピンとくるかもしれません。
ドラゴンクエストの第1作から登場しているモンスターだそうです。
そしてこのスライム肉まんは、スライムをイメージした青に色づけされていて、目と大きな口が
ついています。
季節は冬と呼ばれるようになると、コンビニで肉まんを購入する人が増えてくるように私は思います。
「限定」と聞くと、購入を考える人が多いかもしれませんね。


保険について学んでいるうちに、海外旅行者向けの保険や医療や火災など保険代理店 大阪に詳しくなったと話してくださいました。
今度興味が湧けばそういった雑誌も見てみようかと考えています。
実に仕事熱心な知人にはいつも感心させられますが、今回はその合間を縫って久しぶりに自宅に招待されました。
その間は派遣に登録していたそうで、その派遣を生かして上手に時間を作り、就職先を探していたそうです。
友人は、そんな節電効果のあるLED ランタンを奥様にプレゼントしたようです。
そのため、情報にはとても敏感でなくてはならないため、最近ではインターネットが手放せない状態なのだとか。
若い方が多く集まる場所にあるマッサージ 大阪店は、予約の対象になっているのではないでしょうか。
最近虫歯の治療も行っているそうで、こちらも歯や口腔内の衛生にはとても効果があるということでした。
また性別を問わず気になる性格ですが、国際通信社 異業種ネットで様々な種類が掲載されていると教えてくれた事もありました。
この国際ジャーナル 雑誌では全国的な企業が紹介されており、私が見たものは松島が特集されていました。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-11-30 10:02
新聞に載っていた記事ですが、大阪府産品の消費拡大を狙って管理栄養士や調理師を目指す
大阪府内の大学生らが、府産の食材を使った弁当やスイーツなどのれレシピ4種類を考案して、
近畿6府県のコンビニエンスストアで販売されているそうです。
販売しているのは、大阪産の籠め玉ねぎなどの野菜をふんだんに使った中華風弁当、泉佐野産
サツマイモを使ったスイートポテトプリンなどだそうです。
大阪にも様々な食材が作られています。どれもこれも美味しいということで多くの人に愛されて
いるように思います。
ぜひコンビニでも大阪の味を味わって欲しいですね。


このような住宅サイトを見ていると、フラット35フラット35というものを目にすることが多くあります。
自分の為だけではなく蓄えた知識を周囲の方にも積極的に提供する姿勢が友人の良いところだと再確認しました。
知人から教えて貰ったおすすめのフェルグラメンズトリートメントを活かして今後も恋愛をしていきたいそうです。
また、現在歯の治療をなさっているそうで、治療期間が短期間で済ませられる、歯科医院に通っているようだ、とも仰っていました。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューが国際ジャーナル 職人で読みました。時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」は面白かったです。
その友人と久しぶりに会う事になったので、手土産でも買っていこうかと思い駅前に向かっていると、友人が以前利用した事のあるトップフォーラム 月刊の広告を見かけました。
また可愛らしいキャラクターで分かり易く説明している様子に好感が持てたと話していました。
遅い時間帯になってもずっと快適で、アロママッサージ 大阪をしてくれているのだとか。
商品の説明には詳しい効能が紹介されており、私自身の体調にも合いそうな商品だったのでとても魅力的な商品に見えました。
そのネイルサロンは、ネットで見たことがあると思っていたのですが、どうやらネイルサロン 大阪にも 店舗があるお店だったようです。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-11-29 10:02
国際宇宙ステーションでの5か月半に及ぶ滞在を終えて、11月22日に地球に帰還した
宇宙飛行士の古川聡さん。古川さんが、ツイッターに帰還後初投稿したということが
新聞に書かれていました。
「帰還当日はまるで軟体動物のよう」と、長期の無重力生活を終えた際の体の状態を
報告したそうです。
帰還した時の様子は、身体の重心がどこだか全く分からず、立っていられない、歩けない
ということだそうです。平衡感覚がわからなくなり、下を見ると頭がくらくらして気分が
悪くなったそうです。
当たり前の地球での生活も宇宙での生活が長ければ体が思うように動かないのですね。
大変驚きました。
今は、体をゆっくり休めて欲しいですね。


それを利用して旅行に出かけた際に見た、人気の賃貸 大阪のような外観のマンションに住みたいと考えているそうです。
友人の叔父は中国人 結婚をする予定のようで、株で貯めたお金で結婚費用を捻出するつもりだそうです。
処方箋が必要となりますが、視力が安定しやすいように作られたワンデーアキュビューは着け心地も快適なようですし、処方箋という事もあって安心感は大きいのではと、話を聞いて感じました。
しかし異業種交流会 大阪に赴く知人の姿を見ていても思いますが、異業種交流会というイベントは確実にビジネスの場として注目されているようです。
先日看護師に転職したばかりの友人から連絡がありました。
その中でも特に最近気になるという物件があるようで、外壁塗装 宝塚だそうです。
同僚に、リーダーズアイ 経済誌に掲載された情報で行ったと話しており、同僚にはとても感謝されました。
奥さんと相談して太陽光発電 販売店の導入することを決めたのだそうです。
社内には色々な吊り広告があり、中には企業向けと思われるリーダーズアイ 取材の広告などが見受けられました。
この親友は、他にも株式会社現代画報社についても詳しく、異業種ネットでお勧めのお店を紹介してくれた事がありました。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-11-28 11:23
政府が年金切り替え漏れ問題で対象になった、専業主婦の方などを救済するための国
民年金法改正案を決定。

そして本来より多く年金を受給している人には、過払い分の返還を求めないなどで、
開会中の臨時国会での成立を目指しているみたいですね。

でもそうなりますと、きちんと手続きをし保険料を払った人と比べると、不公平では
ないでしょうか?



個人的な意見としては、年金をもらうために保険料を払い続けるより、生活保護を受
けた方がいい気がします。

そう思いますよね、今の制度では・・・


エステといえば、娘さんが整形手術の相談をしてきたことがあったそうです。
こうした小さな買い物だけでなく、中古車を購入する事も可能だと聞いて、びっくりしていました。
前にカラオケ店ではどのような場所がいいのかの情報を募っている掲示板を見たことがありますが、料金や利用する人数に合わせて丁寧に教えてくれる回答もあり、インターネット上でも人助けが行われているんだと感じたことがありました。
昔から先輩はビジネス雑誌などで猛勉強中とのことで、報道ニッポン 特集がオススメだと話していました。
ブラック以外にも、同じ種類で色合いの違うブラックと同様内径が大きくデザインされているそうで、どれを選ぶか悩んだそうです。
奥さんと相談して太陽光発電 販売店の導入することを決めたのだそうです。
ネイルをしたいが、夕方から時間がないという方には都会でネイルができるという、ネイル 大阪 やすいのお店が便利だとか。
彼女自身も手術を受けたことがあったらしくそういった経験もあっての事でしょう。
今度の誕生日には激安 マッサージ 大阪を贈りたいと、プレゼントに使えるクーポンが気になっていると話していました。
そのお陰もあり、今では国際通信社 ビジネスの雑誌で掲載される企業に対談記事が掲載される程になったそうです。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-11-25 10:48
初秋を告げる金木犀がその鮮やかなオレンジ色の小花を落とし、一雨ごとに秋本番を感じる今日この頃です。柿も店先に随分出回ってきました。正直、柿はあまり得意ではないけれど、柿は秋の味覚の代名詞、柿食わずして秋は来ないという思い込みがあります。それで無理やりに買ってでも毎年柿を食べています。そこまでして食べなくてもいいのにねえ。。これがマ
ツタケでなくて良かった(高い高い!)。現代画報10月号に「柿~知られざる驚異の果物」というコラムが載っていて、驚異と言うほどすごい栄養素があったかしらと調べてみると、柿はビタミンCがとても豊富な果物なんですね(100g中ビタミンCは70mg!)。しかも生食するので加熱によるビタミンCの破損がないわけです。他にもビタミンK、B1、B2、カロチン、タンニン、ミネラルなどを多く含んでいます。驚異の果物と言われるだけのことはあります。昔から「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という言葉があるし、二日酔いにも良いらしいですね。ビタミンCとタンニンが効くんでしょう。また、果糖はアルコールの分解を早める作用がありますからね。柿の葉はお茶にして飲まれてますよね。柿の葉で思い出しましたが・・柿の葉寿司は好きです。柿の葉には殺菌効果があるので、少し置いて味を馴染ませる押し寿司には最適だったのでしょう。久しぶりにお取り寄せしてみようかな。





その友人は、現代画報社 雑誌の雑誌でうつ病を克服したそうで、表情も明るくなっており元気そうで安心しました。
水分量をたっぷりと含んでおり、瑞々しい潤いを感じれそうなワンデーは目にも馴染みやすいそうだとか。
その雑誌の内容には実に色々な不動産に関する知識が紹介されており、知識の無い方へと配慮した内容でとても分かりやすかったです。
料理以外にも電車や新幹線を利用して遠出をする事も好きなようで、今度鹿児島まで行ってみたいと考えているそうで、一人旅のプランを立てているそうです。
ザ・ヒューマン 経済誌は、21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
親友が、iVIS HF G10">iVIS HF G10をとても気に入っていたそうで、撮影を楽しんでいるようで、旅行でもたくさん撮影したとの事でした。
印象にいまだに残っているのは、マッサージ 評判のマッサージのお得情報でした。
話の本題の引越し先について訪ねると、以前SEO対策 大阪で上位のインターネットの不動産サイトや実際に足を伸ばして探してみるそうです。
しかし、以前から気になっていた美容整形 大阪のクリニックの求人を見つけたらしく、思い切って新しい分野への転職を決めたとの事でした。
口コミといえばこれらはインターネットでも話題になっており、さらに評判になるかもしれません。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-11-24 13:10
報道ニッポンの地域特集は小豆島ですね。小豆島というと、オリーブ、二十四の瞳の舞台、島の光そうめん、ごま油などが頭に浮かびます。観光地というイメージはあまりなかったのですが、どうしてどうして、観光が地域産業の要にもなっているんですね~。この時期なら、寒霞渓ロープウェイ が有名な紅葉スポットになっていますし、二十四の瞳映
画村には5万本ものコスモスが咲き乱れ、緑色のオリーブの実がたわわに実っているのを見ることが出来ます。島ならではの美しい夕日が見られるスポットもいいなあ。小豆島の中の一つの島である土庄町余島にある、干潮時だけに行き来できるエンジェルロードも面白そうです。
小豆島が全国一の生産量を誇るオリーブは、2008年に植栽100周年を迎えました。そんなに歴史があったなんて正直驚きです。小豆島産のオリーブオイル、すごく美味しそう。香りが良いんだろうなあ。特にエクストラバージンは美味しそうだわ。。200mlで4000円近くする。。高い(苦笑)。でも、貴重なエクストラバージンだから、これぐらいしちゃうんでしょう。オリーブの他に個人的に気になったのは小豆島オリジナルのソフトクリームです。オリーブソフト、しょうゆソフト、佃煮ソフト(!)。佃煮ソフトはシソ昆布の佃煮の煮汁が混ぜ込んであって、おまけに星形とかにくりぬいた昆布が添えてあるんですよ。ダイレクトに昆布!食べてみたい~!





その国際通信社 歴史の雑誌には多くの企業が紹介されているようでした。
友人が、生シトルリン凝縮粒を取り扱っている美容ショップに依頼したと話していました。
アナログゲームなら国際通信社グループの雑誌がオススメです。初心者から上級者まで楽しめるウォーゲームが満載です。
友人はとても気に入ってくれたようで、インターネットを利用してニッスイ 生ズワイガニを調べた甲斐があったなと思いました。
異業種交流会 関西では、経営についての話をあっけらかんと話されていたので、このように明るく未来を語れるような年の重ね方をしたいと思いました。
アロマの香りが日常を忘れさせてくれるマッサージ 大阪 格安は、リラックスしてひとときをすごして頂けます。
友人は、気になることがあるといつでも撮れる様にジョージ&ショージのウコン粒を持ち歩いているそうです。
更に夏の時期になると汗の臭いも気になってきますが、そういったケアといった改善してくれる所も色々と知っています。
サイトに登録する事で利用出来るゴルフ場のラウンドレポートも見て ゴルフ場のコースなどの研究をしているらしく、そのかいがあってか腕前のほどは、 会社の中で行われるゴルフコンペでも上位を狙えるそうです。
報道通信社 月刊誌の書籍は、定期購読者またはネットのサイト、及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱いがあるようです。また、全国の一部図書館、病院、ホテルに置いているそうです。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-11-23 16:21
国際ジャーナルに「病に苦しむ子どもと家族が共に暮らす “病院近くの我が家”の活動に支援の手を」というコラムが載っていて、気になったので調べてみました。病院近くの我が家・ファミリーハウスとは、小児がんなどの難病のため、最新の治療を受けるために大都市の病院に入院する子供たちに付き添う家族が、面会できない間に体と心を休めて、また、いつでも駆けつけることが出来るように、入院している病院の近くに建てられた宿泊施設のことです。大都市の病院、特に大学病院は完全看護のところが多く、面会時間外は家族が付き添うことは出来ません。また、治療に時間もかかるので入院期間も長く、当人はもちろん、家族に与える精神的・肉体的・経済的負担は計り知れないのです。その気持ち、少しだけ分かります。。実は
我が家の次男も幼稚園児のときに、手術しなければならない状況に陥ったことがありました。大学病院だったので完全看護、夜の付き添いは禁止でした。生まれてからこの時まで一度も離れて寝たことがない我が子が、あまりにも不憫で、こっそり泣きましたよ。。しかし、直前になって奇跡的に手術を免れたのです。大した手術でなくてもここまで苦しい思いをするのなら、難病を患った子を持った親はどれだけ辛いか。。NPOやボランティアの力で支えられているファミリーハウス、もっと行政に力を入れて取り組んでもらいたいと思います。





やはり物件を選ぶ条件の中に、立地条件は欠かせないものだと思いました。
あまり聞きなれない言葉だったので詳しく訊ねてみると、虫歯や歯周病を事前に予防するための治療や診察を行っているとのことでした。
ネイルに関しては、知人が愛用しているネイルがあります。
年齢を重ねると共に出てくる、たるみの改善をする為にマッサージ 大阪 格安ところをピックアップして教えてくれた事もあります。
前にカラオケ店ではどのような場所がいいのかの情報を募っている掲示板を見たことがありますが、料金や利用する人数に合わせて丁寧に教えてくれる回答もあり、インターネット上でも人助けが行われているんだと感じたことがありました。
学生時代はとても好奇心旺盛で、報道ニッポン 職人の企業掲載で見かけた企業に興味を持って電話で話を聞いてみたそうです。
友人はデジタル一眼を購入しようとNEX7Kがよさそうだと嬉しそうに話していました。
その方はこれまでに報道ニッポン 報道通信社を手掛けてくれる会社に勤めていた事もあるそうで、出版に関しては友人よりも詳しく大量の印刷をしなければいけなかった際に手助けをしてくれたそうです。
何時までも勉強熱心な友人にとても感心しました。
他にも情報を見ていると、幼稚園や小学校が近くにあり、家族での住まいに人気がありそうな物件だったそうです。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-11-22 12:54
政府も景気対策については様々な検討を行っていると 思いますが、今現在の景
気は、とても厳しい局面にあるのではないかと思います。これは国民全体もその
ように感じているのではないでしょうか。 政府は先に景気認識を「足踏み状態
にある」と下方修正しています。これはどのような観点からの認識なんでしょう
か。さらに円高などの問題に対 して、日銀も金融緩和を強めているのが現実で
す。急激な円高による景気への影響は深刻になってきているのが現状です。この
ような現状をどのよ うにして打破していくのが考えられるか、国際ジャーナル
でも、積極的な提言を今こそ行うべきではないかと思います。マスコミの報道の
質が、求 められている時代になってきています。これから菅内閣としても、先
行き不透明な経済を立て直すにはどうすればいいでしょうか。先日は、国会で
補正予算案が提出されましたが、その内容だけでは充分とは思えません。今こそ
国会審議を通じて中身を充実させてもらいたいと思います。財源を どうするか
というのも大きな問題です。新しい産業の創出によって雇用を増やし、ぞれによ
る個人消費の拡大と税収アップというのが一番のシナリ オではないかと思いま
すので、そのように進めてほしいと思います。






他にもビタミンが良いと聞いては、ビタミンのサプリメントを購入したり、不足しがちな栄養素を補うために青汁も検討しているそうです。
私が生命保険 西区で契約していた時に、事故にあったのですが、親切に対応していただきました。
私もインターネットで化粧品について調べる事はありますが、一体どのようにしてそのように最新の情報を調べてくるのか不思議でした。
知人の荷物の中にE-P3 レンズキットがあったので、いくらぐらいするのかを教えてもらいました。
最近の友人の趣味はゲームをすることのなのですが、アナログゲームに関しても知識が広く、安くて面白い現代画報社 異業種ネットのコマンドマガジンについて詳しく話していました。
友人の会社は機会があれば、一度は国際通信社グループの雑誌に掲載されてみたいそうでその為に今から用意をしているそうです。
最初のうちは、無知な状態から起業されたようで、初めは苦労したようですが、現代画報社 月刊の雑誌で紹介されていました。
外観が気に入ったのは大阪の住宅だったそうで、購入後、外壁塗装 吹田で塗装をしたそうです。
こちらもこだわりのものがあるようで、今度私もお料理のレシピと一緒に教えてもらいたいと思っています。
友達の荷物にオリンパスのGF2-Kがあったので、一度使わせてもらいました。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-11-21 14:01
国際ジャーナルに「tax hevan」という言葉がありました。

あまり見慣れない言葉なので調べてみると、

タックスヘイブンとは、日本語に訳すると「租税回避地」という意味で、

外国資本&外貨獲得の為に、意図的に税金を優遇(無税または極めて低い税率)して、


企業や富裕層の資産を誘致している国や地域のことを指すそうです。


タックスヘイブンを行っている国は、F1グランプリの開催地でもある
モナコ公国やサンマリノ共和国が有名です。
他ではカリブ海地域のバミューダ諸島、バハマ、バージン諸島、ケイマン諸島、
中近東ではドバイ(アラブ首長国連邦)やバーレーンなども、タックスヘイブン政策を行っています。アジア地域の香港やマカオ、シンガポールなども、税率が極めて低いため、
事実上タックスヘイブン地域にあたります。

これらタックスヘイブンと認定される国や地域は、
のほとんどが自国の産業を持たない極めて小さな国々です。
何もしないでいると、確実に世界経済の自由化の波に飲まれて衰退していくだけの
弱小国なので、
税金をゼロにするという強引な手法で、
外国企業や大富豪達の資産を集めて、国土を潤そうとする政策に使用されるようです。


力のない小国にとっては、生き残りのための大事な制度ではありますが、
世界の先進諸国にとってみれば非常に厄介な存在でもあります。
大企業や富裕層などの資金が、自国からタックスヘイブンに流出すれば、当然ながら税収は減ってしまいます。
このため先進諸国では近年、所得税率や法人税率の引き下げを余儀なくされています。


その上タックスヘイブンは、一時日本でも大いに話題となった、
”大富豪達の所得隠し=マネーロンダリング”の温床場所として
使われているケースも多いそうです。
ゆえに今後は、先進諸国がタックスヘイブン対策を進めていくことが確実です。
特にマネーロンダリング問題は、脱税防止というだけでなく、
テロ組織などの資金金庫になっている現状もあり、
根絶を目指してタックスヘイブン諸国に情報開示などを強く求めていく方向です。

しかし、タックスヘイブン諸国にとっては、この政策に自国の命運がかかっているので、

すんなり情報開示を受け入れるはずもなく、問題解決はまだまだ先の話となりそうです。


一筋縄では解決を得られそうにないこの問題、
今後の国際的動向が大変気になるところです。

日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『報道ニッポン 雑誌』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社グループの英断 今、なぜ中東戦争なのか?
お住まいを新築するにあたって業者さんと打ち合わせをしていた際に紹介された京セラ 太陽光発電の資料がとてもわかりやすかったそうです。
それ故にマンションを購入する方が増えていると話していましたが、やはり駅ちかというものは騒がしいイメージがあるからこそ、より綺麗な所の方が好まれるようです。
昔から友人は自律した考えを持っていたので、ボコを使っているそうです。
久しぶりにそのカフェに訪れたのですが、周辺の環境が変わっている事に気づきました。
道に迷っている際に近くには耐震診断 大阪と書かれた看板広告や、それ以外にも見たことのないお店が多く立ち並んでいました。
レンズが酸素を多く通すには目の健康状態が重要になってくるそうですが、酸素が直接レンズの素材を通ると酸素が目に届くそうですし、酸素不足からくる充血も軽減されそうです。
お金をあまりかけずにコストカットをしているので、根昆布がいいそうです。
友人から、近くのカフェで休憩をしないかと提案されたので、先日カフェで友人と会いました。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-11-18 18:59
国際ジャーナルに、今和菓子が若者に人気があることについての考察が出ていました。

全日本菓子協会のデータによりますと、
和生菓子は2006年に前年比1%増、07年に2.5%増、08年も1%増と3年連続で前年を上回ったそうです。
一方、「生洋菓子」は07年が0.5%減、08年は3%減と2年連続で前年割れだったとのことです。

要因として主に4つの事項がしばしば挙げられています。
1つは、若い世代は金銭感覚が堅実であり、手が込んで価格の高い洋菓子より和菓子のほうが選択されやすいということ。
2つ目は、3年前に「パティシエ・バブル」がはじけて、洋菓子から和菓子に目が向くようになったということ。
3つ目は、和菓子は植物性原材料が多く、脂肪分が少ないため、低カロリーであること。

4つ目は、和菓子は伝統的な年中行事や季節性との結びつきが強く、時期が限定されるものが多いため、イベント性が高いこと。
イベント性の高さが若い層の需要開拓につながっているとの分析です。

個人的には、4つ目の要因が興味深く感じられました。
伝統的年中行事との結びつきを見てみますと、
ひな祭りのひしもちや桜もち、端午の節句のかしわもちは有名どころですが、
それいがいにも年中行事に合わせて家族や友人と一緒に食べる和菓子が色々とあるようです。
1月は花びらもち、2月の節分には豆菓子、4月なら花見団子、6月だと無病息災を祈願する水無月、
7月には夏バテを避けるための土用もち、といったものがあげられます。

自分としても、「季節限定」という文字には弱く、
試してみたい気持ちと、今買わなければ!というあせりの気持ちを持ちがちですので、

そういった若者が多いのもうなずけるところです。

どんな形であっても、日本の伝統的な和菓子が広い世代に浸透し、受け入れられ守られるのは
喜ばしいことなので、今後もこの風潮が続けば、と思います。

以前から友人は、家をエコリフォームでリニューアルするのであれば、ピアノを弾いてもうるさく無いように、防音の家とパナソニック オール電化にしたいと話していました。
私の印象にいまだに残っているのは、国際ジャーナル EXPERT'S EYEの情報でした。
もちろん禁煙に努めているそうで、最近認知度が上がってきたメタボ茶も考えているそうです。
そのお陰もあり、今では株式会社報道通信社の雑誌で掲載される企業に対談記事が掲載される程になったそうです。
この先ゴルフ場に行く予定はないが今後暇が出来たら、新しい時計をつけてゴルフにでも行ってみるよと冗談交じりに話していました。
友人の写真がキレイだったので、どこのカメラを使用しているのかを聞いたら、Nikon 1 V1 薄型レンズキットを使っているようです。
その中でも印象的に残っている雑誌は、国際ジャーナル 時事で経営者が主人公の雑誌でした。
機会があれば、一度は国際通信社 歴史へも掲載されてみたいそうでその為に今から用意をしているそうです。
パソコンに詳しい友人の話ではCorei7 ノートが早くて安いらしい。
その店内には国際通信社グループの雑誌や、それ以外にも友人が興味ある経済誌が並んでいました。
[PR]
by houdou-nippon | 2011-11-18 13:38